卯月〜きょうは啓蟄〜タロットのこととかなんとなくいろいろと

ついこないだまで冬至!冬至!とか、立春!立春!と言ってというのに、はやいものでもう節入りでございます。きょうは二十四節季の「啓蟄(けいちつ)」で、卯月のはじまり。啓蟄というのは、冬籠りしてた虫やら蛙やらが外に這い出てくる頃、という意味ですけど、まだ… ちょっと… 寒いような…

2015-03-03-1226.jpg

それからー、先日いただいたご質問を「記事にしますね!」と申し上げたのですが、もう少々お待ち下さい m(_ _)m そのあいだに、不肖ワタクシ、あちらこちらでご紹介いただいた分のお知らせでございます。

○「盲点の窓」を開ける占い(翡翠輝子さん)→★

翡翠先生のことは、先日のタロットバー・アーサ8周年パーティ →★ にて占わせて頂きました。(うおーん。そういう機会はなんともドキドキですね!)いやーーー。おもしろかったです。しかーし「いつまで続けられるか」のご質問にタロット1枚で答える自信が無くって、「じ、時期はちょっと…」と、正直に申告して回避させて頂いたヘタレなワタクシです。。。

もちろんプロからのご質問だけあって、質問に曖昧さがなくてはっきりしてるし、ご自身の中での切実感やイメージがはっきりされているから、答えもわかりやすーいカードが毎回どどん!と出ます。(なんて読みやすいんだ♪感謝!)そして、ごく日常的なご質問のようであっても、どどーんと大アルカナを続けて引かれたりなさることも続いたのがとても印象的でした。スケールでかっ!貴重な体験でした。ありがとうございました。

もうひとつ☆

○ プロフィールイラストを描かせていただきました!第2弾!!(猫澤ふらんさん)→★

第一弾のリアルカラフルイラストに続いて、第二弾はまんがチックモノクロイラストをお願いしました。「モノクロ+赤で、ジョーカーっぽくお願いします☆」としか申し上げてないのに、この出来映え!すばらし〜♪ありがとうございました。お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、あちこちのアイコンやらなんやらを新しいイラストに貼り替えました。

でもって、ふらんさんもちょうどタロットでの質問の立て方について書いてらっしゃいますので、ぜひそちらも覗いてみてください!リアル体験マンガ付き。ぷぷぷ。味ぽんおつかれ!おもしろいです♪ →★

2015-03-04-1731.jpg

満月直前。ほのかに欠けてる月。紅梅とのコラボです。

2015-03-04-1732.jpg

ええ。手ブレも味わいのうちということで…

関連記事
2015/03/06(金)
タロットカード

「青い鳥のタロットがanan進出!」

「青い鳥タロット」については、これまで何度も熱く熱く語ってきました。例えばこんな感じに。なんといいますか「たとえばこんなラブソング」的に。 ⇒★

そしてまた新しいニュースが!



青い鳥のタロットがanan進出!(HESOMOGE/川口忠彦さん)
http://hesomoge.com/2891

さっそくゲットしてきました!
おおお!すごい。4ページどかんと載ってる!

2014-12-19-bbtarot-01.jpg

ananで週間連載を担当してらっしゃるサツキメイさん監修のテキスト&HESOMOGEさんのタロットが掲載されています。(クリックしても拡大しません。購入してご覧になってください)

2014-12-19-bbtarot-02.jpg

いまや超メジャーフィールドでご活躍中のサツキメイ先生には、以前まだ中野トナカイに在籍なさっていた頃に、たくさんお世話になりました。ありがとうございます。

年末占い特集号は、きっとどんどん売れちゃってすぐ店頭から無くなっちゃうと思うので、みなさまも私のようにぜひ急いでゲットして下さい!

関連記事
2014/12/19(金)
タロットカード

大忙しな隠者の日

11月25日、本日の中野トナカイ出勤前の一枚引き。
どん。おお!

2014-11-25-hermit.jpg

隠者でした。この隠者、ちとアタマ大きいですね。4頭身くらい? とはいえ思索するのが隠者のお仕事ですから、「あたまでっかち」な隠者は、比喩通りそのまんまなのかもしれません。

※ このタロットデッキの名前をご質問頂きましたが、このデッキはHanson-Roberts tarot deck です。詳しいレポはこちらからどうぞ〜。 ⇒★

ふむふむ。「隠者」ですか。きょうの午前中はタロット練習会を受講だし、いろいろ準備して仕込まなきゃならない案件もありまして、じっくりみっちり考えたり書いたりしなきゃだし、きょうはお天気も悪いからあまりたくさんお客様はいらっしゃらないかもだし、まさに「隠者」にはぴったりのお日和だな〜なんておもっていたのですが… いや。はずれ。まだまだ私の読みがちっとも不正確。まだまだぜんぜん読みが浅かったですよ…(爆

実際にはお客様が途切れなくお立ち寄り下さったうえに、今後の打合せしたり反省会もしたりと、てんてこ舞いであっという間に時間が過ぎて、たいへん忙しかったのです。(というわけで、きょうのお店日記も未完のままです… でもこのあと頑張って書いてUPしたよ…よれよれ… ⇒★ 11/24 23:00)

そして、来たる射手土星についての話題があちこちでのぼってきてる今日この頃ですが、「隠者」のカードは大アルカナの9番目。射手座は9番目のサイン。9ハウスはどこまでも世界の真理を探求する場を表していますね。まさに「隠者」ぽい。

さて。きょうの午前中は、まつい店長の「コートカード」にフォーカスしてのタロット練習会でしたので、お店日記のネタ繰りを兼ねて、あさいちばんで「隠者」をひいたあとに、こんな実験をしてみました。コートカードを使った相性読み、です。

先日発売された、いけだ笑み先生の「スグヨミフレンドリータロット」には、フルデッキの解説だけでなく、コートカードだけを用いたシンプルでわかりやすい相性読みのメソッドと解説が載っています。コートカードの役職からみる力関係や、四元素の特徴との組み合せから、さまざまな情報が読み取れます。
※ 出版記念トークショーの様子と本についてのレポはこちら ⇒★

コートカード(16枚)を抜き出して、よく混ぜます。(正位置、逆位置も考慮するのでしっかりシャッフル)左が自分(1ハウスとみなす)右が相手(7ハウスとみなす)として一枚ずつ引きます。はい。やってみよう。

まずは例題その一。どん。

2014-11-25-aisho-01.jpg
左(ワタクシ) 右(まついなつき店長)

んまぁ〜。私はカップのナイト。店長はペンタクルスのクイーン。ナイトとクイーンだと、より偉いのはクイーンですから、力関係としても順当ですね。ちなみにタロットのナイトは4人とも馬に乗ってます。(ペイジだとまだ見習い状態で、地面を歩いてます)。ナイト=油の乗った働き盛りの若者ってところです。ということで、ワタクシいちおうそれなりに仕事はしてそうでひと安心。スートはカップなので、気持ちの世界の働きマン=「真心こめてお勤めしてます」かな。ペンタクルスのクイーンは、まさに頼りがいのある「お店の女主人」という感じですね。若者よ、しっかり稼ぎなさいよ。と懐深いお母さんに見守られてるようです。なんともわかりやすい構図だ。

もうひとついってみましょう。どん。

2014-11-25-aisho-02.jpg
左(ワタクシ) 右(まるごと食堂maruさん)

ネタにするつもりでシャッフルしてたからかどうかわかりませんが、図ったようにぴたっと面白いものが出てきました。左はソードのナイト(素早く飛び回る風の元素)、右はカップのナイト(豊かな感情の海を司る水の元素)です。もともとのホロスコープで見ると、私は風の要素が強い生まれで、maruさんは水の要素が強い生まれです。そのまんまじゃん。と笑っちゃいます。ナイト同士なので、立場は同じレベル。しかし得意分野と行動様式は、風と水ではぜんぜん違います。

で、どちらも逆位置?!お互い我慢したり調子でなかったり、ちぐはぐなんだね〜…と読めますが…もし2枚とも正位置同士で出て来たなら、こうなるんですよね。お互いにそれぞれ分野でそれぞれのやり方を発揮すると、互いにそっぽ向いた状態になる。

2014-11-25-aisho03.jpg

もしかして、もしかして、もしかして、逆位置になることで、私とmaruさんてば向かい合って、お互いの足らない要素を補い合ってる凸凹コンビなのかも?!なーんて考えていました。タロット面白い!



スグヨミフレンドリータロット(いけだ笑み)

※ カイロン出版さんから直接購入可能です ⇒★
11/25現在 いけだ先生のサイン入り&送料無料!

もっと詳しく知りたいよー!という方はぜひ、「スグヨミフレンドリータロット」ご覧になってみてください。ベテランから初心者まで、それぞれの立場で楽しめる一冊です。

関連記事
2014/11/25(火)
タロットカード

『スグヨミフレンドリータロット』

2014-11-06-suguyomijpg.jpg

11/6 「いけだ笑みさん『スグヨミフレンドリータロット』出版記念イベント」@中野トナカイ ⇒★

募集開始直後に瞬殺!で満席になったプレミアイベントにお邪魔して参りました。いけだ笑み先生&まついなつき先生との絶妙の掛け合いトーク、最高におもしろかった!

いけだ笑み先生がタロットに出会ったきっかけ(これがまたおもしろいのなんのって!)、どうやってタロットの腕を磨いてきたのか、今回この本が出版されるに至った秘話など、超盛りだくさんのライブならではのお話をたくさん伺うことが出来ました。

2014-11-06-suguyomi-sign.jpg

どーん。サイン入りです♪

ライダー版の絵柄を元に大アルカナだけでなく、小アルカナまで全部丁寧なわかりやすい解説が載ってます。さらに、巻末にはコートカード(各スートのペイジ、ナイト、クイーン、キング)計16枚を用いての相性読みのガイドまで!

装丁はガーリーな可愛らしさで美しい本ですが、中身は読みやすい言葉で書かれているがっつり本格派。ぱらぱらとめくって、いま5番「法皇」あたりまで来たところですが、いい!このまま今夜は最後まで熱中して読み続けることになりそうです。

2014-11-06-matsumuratarot.jpg

もともとは、いけだ先生のお嬢さんが松村潔先生のこの本(魂をもっと自由にするタロットリーディング)を2冊ぼろぼろにするくらい使い込んで読み込んでいたことが、「スグヨミフレンドリータロット」を制作するきっかけだったのだそうです。この本はわかりやすいけど、ハードカバーだし、数ごとに並べてあるから目当てのカードを探しにくいし、実占の参考書にするには実に使いにくい!というのは、まさにそのとおり!

私自身、発売直後のこの松村タロット本をたまたま買ってしまったのが運の尽き?!この本のあまりのおもしろさにずっぽりハマって、ながらく遠ざけていたタロットカードをまた使うようになったという運命の一冊でございます。

私が初めてタロットカードを使うようになったのは小学校4年くらい。大学受験する頃まで、大事に大事にそのデッキを使っていました。(これ →★)だけどオトナになって、「もうオカルト好きは止めたの!」と公言して、反・占いの立場をとるようになったんです。そして現在に至る。(ちなみに私の手元のは2005年初版だなー。ということは、軽く10年間は反・占いで生きてたってことでございます)

といっても、松村タロット本はタロット知識ゼロの状態だと、いきなり最初に読むにはちと難解すぎるはず。笑み先生の本なら、その段階ではわからないことがあっても、実占しながら辞書みたいに何度も何度もページをめくっているうちに、だんだんわかることが増えて来て、あれもこれも!と骨までしゃぶりつくせるような仕様になっているように思います。あー。たのしみ。みちみち読み進めます。秋の夜長の楽しみができました。

ということで、あとはご自分で読んでみて下さい。
リンクだけ貼っておきます。
私は続きを読むのに忙しいので、これでさらばじゃ!



スグヨミフレンドリータロット(いけだ笑み)

※ カイロン出版さんから直接購入可能です ⇒★
11/7現在 いけだ先生のサイン入り&送料無料!


魂をもっと自由にするタロットリーディング(松村潔)

関連記事
2014/11/06(木)
タロットカード

ソードの世界

ライダー版系の絵柄だったら、タロット知らない人でも、その絵柄見ただけで「うわ…良くないんですね…」とがっかりなさるような絵柄のカードが何枚かあります。大アルカナは別としても、見るからに痛々しいいわゆる「がっかりカード」はソード(剣)のカードにたくさんあります。

2014-10-28-swd.jpg

並べてみたら、右下がひとマス余ったので、ソードを持ってる「正義」=大アルカナをそっと入れてみました。

こうやって並べて眺めてみると、このデッキは、剣の鋭い切っ先を画面外に出して描かないようにしてるのかなーと思います。同じ剣でも、びみょーに太さや尖り具合が違ってますしね。「正義」のカードなんて、剣と言うより聖徳太子とかが持ってる笏(しゃく)みたいに見えます。

切断する=剣、という象徴なのでしょう。切る?怖い!イヤ!と感じられる方多いかもしれませんが、すぱっと切って整理しないとダメなもの、ダメなときもたくさんあります。ぼさぼさに伸びた雑草だらけのお庭、空が見えないくらい樹木が生い茂って暗い公園、もうダメだとわかってるのにずるずると別れられない相手、わかっちゃいるけど止められない悪癖、あれやこれやとぐるぐる回るばかりの不安や妄想、表面的な笑顔で調子良くタダ乗りしてこようとする相手、床が見えないほどモノが溢れている汚部屋、などなど。そんなのいやだ〜。もう我慢できない。思い切って切っちゃえ!というシチュエーションは、誰にでも訪れる。

あれはあれ、これはこれ、それはそれ。と、しっかり区別する。これがソード=剣=理性のだいじな機能です。他と区別するための名称を付けたり、それぞれの特徴と違いをはっきりさせる。人にわかるように説明する。きちんと筋を通す。気分や好き嫌いで態度や仕事のクオリティを変えたりしない。みたいなことは、お仕事したり、お外でオトナとして振る舞うときには重要ですね。

確かに、恋愛相談でタロット占いしたときに、ソードのカードばかりがずらりと場に並んだら、ちょっと…「らぶらぶだね」とは申しあげにくい。考え過ぎなんじゃない?もっとゆるく、あいまいに、雰囲気とか大事にしないとね、と申しあげることになるだろう。

でも、どんなに好きでも、彼と自分は究極のところは他人なんだよ、ってソードのカードみてると思います。昨日の話の続きとしては、いくら実の親子であろうとも、すべて共有して一心同体ってことはありませんよね?きちんと子離れ/親離れして、お互いを尊重するようにしないと!あたりが現実的にありそうなお話でしょうか。

ライダー版準拠の小アルカナソードの絵柄は、思考や理念が勝ちすぎて肉体としての自分を傷つけていたり、アタマで考える小賢しさの軽薄さが強調されていたり、情緒的なつながりが断ち切られた悲しみの状態を示すものがほとんどです。きっと描いた人がソード的な世界観が嫌いで、偏見があったんじゃないの?と思わずにはいられません。

関連記事
2014/10/28(火)
タロットカード

Page Top↑
▲ Page Top