パートナー線

ときどき身体メンテナンスのために、いろんな友達が訪ねてきます。あ、申し遅れてますが、ワタクシは開業鍼灸師でございます)先日やって来た彼女は、基本的な手相の知識がありました。「ねぇねぇ。こんど手相やるんだって?!見てよ~!」あらま。ブログ見てたのね。恥ずかしながらありがとう。そんなわけで、メインの施術が終わってから、彼女の手を肴にふたりでやんやと手相談義を楽しみました♪

彼女の手は、すんなりと形よく伸びた綺麗な指に、手相は全体にくっきりはっきり! いかにも意志も運も強そう。でもねー、ご本人は贅沢にもこんなことおっしゃる。

「いやなのよー。単純ってかんじで。金星環とか欲しいの。もっとオンナノコらしい細い線がいっぱいある手になりたい。私は仕事しないで家に居てもいいなーって思ってるのに、こーんなに運命線がはっきりしてると、一生ひとりで食べていける相(ホントはもうちょっと過激な言い方)なんでしょ?」

んーーー。それは昔の考え方であって、イマドキ的にはふにゃふにゃした手で運命線の一本も無くて、「私なーんにも知らないし、ひとりじゃなんにもできないの~」なーんって女はダメでしょ~。とばっさり反論する私。(とか言ってるからいかんのだ。というツッコミが聞こえる…)

彼女の清々しい手に比べると、私の手はぐじゃぐじゃした細い線がいっぱいあって(特に左手は凄い)、いかにも
優柔不断で迷いだらけだってことがはっきりバレバレで恥ずかしい。。。

それから、彼女はこう言いました。「生命線に沿って、細い線が出てるんだよね。これ何だろ?」※生命線=親指と人差し指の間から、手首に向かって流れる線。ん?もしかして?!

「どれどれ。これはね、パートナー線って言うんだよ」
パートナー線? って?」
「その名の通り!そういう意味だよ」
「この線が、なんか最近急に濃くなってきたんだけど…」
「いままさにそういう状況だからでしょ?」
「え~~~!そういうことだったの?!」

くぅう~。うらやまし~~~!!!自称「単純」な運命線くっきりのお仕事ウーマンの手には、ちゃーんとばっちりパートナー線が現れていました。彼女の現状と手相は、もちろんばっちりかみ合ってるご様子で、なんともおめでたいことです。大事な手を見せてくれたIさん、本当にありがとう&お幸せにね!

※ パートナー線は、生命線(とか他のメイン線)に沿って(1-2mmくらいのごく近くを)いっしょに流れる細い線のこと。とても細くて見えにくいので、よーく探してくださいね。

そして彼女が帰ったあとのひとりの部屋で、また私はじっと自分のしょぼい手を観る。。。生命線は、くっきりたくましく流れてます。(副生命線もあるのさ。カラダ丈夫!)え? もちろん両手ともひとりでしっかりと流れているよ。そして、またしばらく手を眺める。あ! 私にもパートナー線あるじゃないのー☆

そういえば、昔々、手相家に言われたんでした。「運命線の35歳からしっかりパートナー線が出てるわ。よかったわね」って。ん? 35歳ってなに?!その鑑定、ちっとも当たってないじゃないかぁーーーーっ!!!手相なんて大嫌いだぁーーーっ!!!(爆)

はぁはぁはぁ…どーせ右手だしな。パートナーったって片思いってことか。。。くぅう~。。。
※ 右は自分から思いを寄せる手。左手は相手から想われる手と言われている。

おそらく、パートナー線といわれた線はじゃなく、運命線だってことなんでしょう。私の右手の運命線は、プロにびっくりされたくらい何本もあるのです。「私の生涯の大事なパートナーはお仕事なのよ」と、カッコつけておきます。いまにみてろよーーー!!!(笑)


関連記事
2010/11/26(金)
手相

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top