12/23(祝)朔旦冬至まつり(十干&十二支まるかじり!)

※ 東洋系占いデビューの方、占い初心者のみなさま、大歓迎です。

2014-11-28 1221

『2014 朔旦冬至まつり〜十干&十二支まるかじり!』

開催日時: 2014年12月23日(祝) 10:00〜12:00
ナビゲーター: 天海 玉紀

● 開催場所: 中野ブロードウェイ4F 中野トナカイ
● 参加費用: 2.000円
● 定員: 6名 8名(12/8 満席)

19年に一度の再生を祝うスペシャルな冬至の翌日、いっしょに楽しく勉強しながら、来年を占うお得な2時間を過ごしませんか?

2014-11-26-dice.jpg

冬至にはなぜ柚湯に入ったり、カボチャを食べるようになったか、ご存知ですか? 今回は冬至にちなんだお話や陰陽五行の基本などをお話ししながら、東洋占の基本中の基本となる十干と十二支の世界に触れて頂きます。

陰陽五行の基本的な解説 ⇒ 十干ダイス&十二支ダイスを用いて、陰陽五行と十干十二支に馴染みながら、ご自分の命式と仲良くなるためのゲーム ⇒ 来年のご自分を占うシークレットメニュー の予定です。

初めての方はもちろん、ちょっとお試しにという方、独学で行き詰まった方、勉強中の復習用や、シンプルにお祭り気分を味わいたい方など、どなたも歓迎いたします。

● お申込メールフォーム 
http://form1.fc2.com/form/?id=651386

※ 上記サイトにつながらない場合はこちらからどうぞ
http://tonakai.her.jp/?page_id=6443


※ 朔旦冬至とは?

19年毎にやってくる「朔旦冬至(さくたんとうじ)」は、冬至の日と新月が重なる特別な日とされてきました。今年(2014年)は、19年ぶりの朔旦冬至の年です。(今年の冬至は12月22日)

2014-11-13-yuzu.jpg

※ 限定メニュー「20年間の未来予想図」ご案内

東洋の占いは、人生を季節に見立てて、長期間の運気の流れを見ることに長けています。大きな20年サイクルが切り替わるいまこそ、これからの20年間のご自分の大きな運気の流れを確認し、今後の大きなヴィジョンを描いてみませんか?

「20年間の未来予想図」メニュー詳細 ⇒★

関連記事

冬至日記

2013年12月22日冬至
太陽の山羊座イングレスは真夜中の2時でした。

1時頃帰って来たんだけど、5時にはまた外に居た。
早稲田の穴八幡宮。どん。

2013-12-22-02.jpg

毎年冬至から節分の間に売り出される穴八幡宮の「一陽来復」のお札、
実家と親戚が欠かさず貼ってるんですよね。
発売直後はとにかく混みます。2時間待ちとかざら。
だんだんみんな年取って来てそういうのがツライ人たちばかりなので、
代わりに行ってきました。(んー。個人的にはあのへんはさんざんと
通ってた場所なので、行くのはちょっとビミョーな心境になるけど…)

2013-12-22-03.jpg

はい。実物はこんなかんじです。
よくよく字をみると、一陽来「復」ってのがポイントですね。

2013-12-22-01.jpg

冬至は陰の極みからの折り返し地点。ここからまた陽の力が盛り返す。
といっても、陽気はまだほんのか弱い「ひとつ」しかないけど、
それは復活する陽の力や希望ともいえる。
易で「地雷復」ってとこだな。「復」する。

2013-12-22-06.jpg

午後からは鼓童の舞台にいきましたよ。
新作の「神秘」。挑戦的な実験作でしたよ。

2013-12-22-04.jpg

これまでと何が違うかと言えば、ロビーで友人たちの姿を探したり、
お世話になったスタッフさん方や、スタープレイヤーである
齋藤栄一塾長にまたお目にかかって、再会を喜んだり♪♪♪

2013-12-22-05.jpg

展示されてた研修所のパネルをみては、お〜〜〜!!!と歓喜♪
暖房もない厳寒の佐渡で修業する彼らの生活も、ついに大詰めだ。
がんばってるだろうなーーーと友人たちと思いを馳せる。
総仕上げの発表会、無事に盛況に成功しますように!

月刊 鼓童(vol.330 2013年11月号)

グッズ売り場では、ちょうどワタシの背中が載ってる号の会報が
販売されていたよ! うっひゃ〜〜〜!!! ⇒★

ただ受け身のお客様の状態から、ちょっと進んで、
ささやかでも、いろんなところとつながってって、
自分から意志を持って参加して、リアクションも
得られて、人とつながってる現実と感覚を得られ
るようになった、ということか。
こんな繋がりから生まれる人気は、長持ちするね。

およそ私は何かに入れ込むことからはほど遠い人間ですが、
ファンになる、とか応援する、気持ちやお金のエネルギーを
惜しげもなく注ぎ込んでもいい、そこから戻ってくる喜びが
ある、みたいな感覚はこういうものかー、と感じます。

(いかにも蟹木星の時期ぽい学びかもしれんね。そもそも
今年に鼓童WSに連続して行ったのは、どこかに蟹木星の
こと考えてる意識があった、とは言えるんだな)

人気(にんき)は、人の気と書くんだね。
人無くしてそれなんの天ぞ、人無くしてそれなんの地ぞ
それがことしのひとつの大きな収穫であるなぁ…。しみじみ。

2013-12-22-rainbow.jpg

夜はレインボー忘年会! 川があって滝のながれるお店でした。
これまた本音ぶっちゃけトーク全開で、盛り上がりました。
なんともしあわせでした。
このレポはきっと、ともみんさんが書いてくれるだろう♪

うはーーー… もう行かなきゃ。やばい。遅刻する。。。
きょうは朝から八王子で仕事です。
うちの先代のイヌ(ゴールデンレトリバーのマックス)の命日
でもあるので、夕方にはマックスのお墓に行ってきますよ。
てなわけで、尻切れとんぼな日記。こんなんでスミマセン。

ご予約のメールには全部ご返信差しあげました。
もしまだだよ!という場合は、お手数ですが催促下さい。
(私信の返信は溜めまくってます。ごめんね!)

明日24日はまだまだがらがらです。 31日はあと1枠です。
お気軽にお越し下さいませ^^ ⇒★
来月以降の予定なども順次UPします。そちらもよろしく!

関連記事
2013/12/23(月)
日々のつれづれ

もうすぐ冬至!行く年来る年

2013-12-17-fullmoon01.jpg

さて。いよいよ太陽が射手から山羊に移動するのが冬至の日。正確には、明後日22日の夜中(2:11)でございます。

先日12/17 の満月。ほぼぴったり満月の時間帯に撮りました。雲間にぼわ〜〜〜んと虹がかかったように見えます。下のほうに見えるのは西新宿の高層ビル街です。

2013-12-17-fullmoon02.jpg

いやーーーー。今回の満月は格別に煮えました。ワタシのブログのテンションも異常でしたね。。。どーしよーもないので、近所のグラウンドをひたすらぐるぐる走ってました。はっはっは。

もともとお酒飲んでなくても酔っぱらってる?と言われるのが常なので、ハイテンションで飛ばし続けるのも嫌いじゃない(むしろ好き?)んですが… しばらく続くと、あとからがくっとくる… ←イマココw

関連記事
2013/12/20(金)
天文現象

冬至の夕陽

遅ればせながら。22日冬至の夕陽。海に沈みゆく太陽を見ました。

2011年冬至の夕陽

陰が極まり、新しく陽が生まれる日。 →★

私は「子(ひのえね)」の日の生まれなので、日干支の意味はちょうど「真冬の太陽」なんであります。そう気づいたら、なんだかとても嬉しゅうございました。

木、火、土、金、水
五行はそれぞれ自然界の物質に例えられます。組み合わせると、自然の景色や季節が見えてくる。いかにも自然でバランスの良い組み合わせもあれば、ちょっとアンバランスな組み合わせもあります。絵になるもならないも、どれも個性。いろいろです。

関連記事
2011/12/24(土)
陰陽五行

12/10 皆既月食

師走に入りました。きゅうにずいぶん寒くなりました。

127日からは子(ね)がはじまります。太陽太陰暦では、最も日が短くなる冬至の日を含む=11=子とされます。太陽が照る時間が最も短いのが冬至、つまり陰の極まる時。そこからまた陽が増えていく、と考えます。

冬至の日から売られる「一陽来復」のお守りは有名ですね。→★

さてさて。光が隠れる、の話が転じます。ご存知でしょうか?月食や日食は、約半年に1回起こります。来週金曜夜、日本の広い範囲で皆既月食が観測できるそうです。晴れるといいですね~! 土曜の夜11時半くらいという好条件なので、ぜひぜひ観測してみたいものです。

○2011年12月10日 皆既月食 →★

そして。覚えてらっしゃいますか?2009年7月22日には、皆既日食フィーバーもありましたね。来年2012年5月21日には、金環日食が観測できるとのこと!

○2012年5月21日 金環食=金環日食 →★

来週の月食は、月が双子、太陽が射手の配置です。そして来年の金環食は、太陽も月も双子で起こります。月食や日食が、ご自分のどこのハウスで起こるかをみると、どんな分野で影響がありそうなのか予想もできますね。今回の月食は、ちょうどこの半年くらいに手がけてきたことの結果が出るような時期です。

双子サインに天体盛り盛りの私自身は、その影響をひしひしとすでに感じています。おかげさまで、思いがけないチャンスのお話を頂きました。来年は年明け早々から飛ばしていきますよっ。どうぞお楽しみに!

関連記事
2011/12/01(木)
天文現象

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top