6/17『ボディワーク入門』レポ

6/19(火)中野ブロードウェイ4F 占いのお店『中野トナカイ』
12時~17時 在席いたします。
※ 6/19正午 15時~16時30分、17時~ ご予約済

当日お電話でご予約来店なさる方が多いので、お越し下さる際はお電話いただけると確実です。たぶん私が電話に出ますので☆03-3387-4355(中野トナカイ) 梅雨の合間のむしむし気分を吹き飛ばしましょう。お待ちしてます!

Temperance(節制)

きのうの朝の1枚はこれ。『節制』でした。

昨日(6/17)は、Rainbow♪Project 企画の第一弾として、ワタクシ天海玉紀の『ボディワーク入門』を開催いたしました。初めての方には新鮮な体験、ベテランの方には初心を思い出すきっかけにして頂けたようで、私自身もとてもエキサイティングな時間となりました。ありがとうございました!

西洋占星術では、肉体や健康状態はで反映されると考えます。ふと気がついたら… きのうの講師を務めた私は牡牛月。さらに参加者のみなさんとアシスタントの望知美のは、牡牛月2名、獅子2名、蠍月1名、水瓶月1名で、な、な、な、なーんと不動宮の月コンプリート!!! でした。

「不動宮の月の方々は、時間をかけてゆっくりと繰り返し繰り返しあきらめず自分に染み込ませたことは一生モノになります!」とお話しましたですよ^^

なにせ私、最初は習得がのろくて劣等生で、マッサージの習得はほーんとに大変で苦労しました。(知的学習は双子サインで対応できるので速いのですが、身体使うものはほーんとのろいです!)

でも、いちど身につけたことは、いつまでもいつまでも同じペースで安定して続けられるのは不動宮の強みだと思っています。というわけでご参加下さったみなさま、次回以降もがんばろう^^!

昨日の詳しいレポートはこちらで望月知美が書いてくれました。みんなのスマイル写真付♪ ぜひご覧くださいませ! ⇒★

関連記事
2012/06/18(月)
イベントレポート

『北斎展』~摩訶不思議なる宿命中殺

会期末ぎりぎり駆け込みで、「北斎展」行ってきました。

『山下白雨』
葛飾北斎『山下白雨』
これ、いいね。
下界で雷鳴轟き、雨が降っても、富士山は変わらず我関せず。

うむ~。。。なんなんだろう。この妙な感覚は。北斎の絵はひたすら驚きの対象、です。私にとっては。「すげー!すげー!すげー!どうやってこれ描いたの?」と、とにかくびっくり感嘆するばかりなんだよね。こないだ見た歌川国芳の絵はどれも、胸躍るわくわくどきどきの大活劇の連続だったのと比べると、より個性の違いを感じるんですが…

北斎さん、ひたすら描いて描いて描きまくって、90歳で亡くなる臨終の際の言葉が凄いんですよ、これまた。「天我をして五年の命を保たしめば 真正の画工となるを得べし」 だって。。。ひょえー。。。「天があと5年私に命を与えてくれたら、真の絵描きになれる」ですよ。天才って、いったいどうなってるんだろか???

北斎はいかにも天才らしく、数々の奇行でも知られています。金銭に無頓着で、離縁して戻ってきた娘(この人も絵描き)といっしょに、超絶不潔な部屋で来る日も来る日も絵を描き続けたとのこと。ボロはまとっても気位は高く、部屋が汚れるとは引っ越しを繰り返して、引っ越し回数は生涯100回近くとか。うむ~。凄いな。いったいどういう人だったんだろう?そうだ。こんなときこそ占いだっ☆ というわけでみてみる。

葛飾北斎、1760年10月31日。あー…蠍の人なのですね。(固定宮効きまくりのチャートでした。納得)算命学でみると、禄存星中心で東も禄存星。生月中殺。北斎の場合は、とにかく固定宮が強烈。ひたすら頑固に、絵を描くことに集中し、自分の納得いく絵を描くこと、自分の技能や技術を極めることに没頭し続けていたように思えます。
蠍サインは、対象の人や事柄と深く深く関わり合って、自らも対象もすっかり変わってしまうくらい深く関わり合う、ことが大きなテーマになります。※ 禄存星は通常「愛情奉仕と回転財」と表されますが、各種の欲の強さと欲を掴む握力の強さは、西洋占星術の牡牛ー蠍のラインの強力さと共通するものを感じます。

※ ちなみに活動宮が効いてて、表現伝達力の調舒&鳳閣星が強力だったのは歌川国芳。彼の場合はきっと絵は「表現手段」だったのではないでしょうか。絵を描くことそのものに集中したと思われる北斎とは全くタイプが違いますね。⇒★ 

北斎の禄存星(中殺)らしいエピソードと言えば、多数の弟子を抱えて、生涯に何度も改号(名前を変える)ては、その名を弟子に譲ることでお金を得ていた説、があるらしいこと。絵を描いてたくさんのお金を得ても、まったく興味が無いような生活を続けていたこと。結婚歴が2回あること、あたりかな。あー。北斎は春画もいろいろ描いてますよね。(有名どころでは、蛸と海女とか、ひじょ~にエロティックでございます☆)

なんにせよ宿命中殺があればいわゆる「普通」に収まろうとしてもうまくいかないでしょう。目先の欲得にとらわれず、もっと大きな視野からひとつのことに専心して秀でると、本来持っている人並み外れた才能と流れが生かされる!ということかと思います。

※ さらにゆる~い感想はこちらで書いてみた。⇒★



関連記事
2012/06/16(土)
算命学

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top