朔旦冬至の太陽追っかけ写真レポ

2014年12月22日
19年に一度、冬至と新月が同じ日に重なる朔旦冬至。

2014-12-22-0704-sunrise.jpg

日の出時刻をだいぶ過ぎた7時5分頃。
分厚い雲を抜けて、太陽の光が世界に降り注ぐ瞬間!
ふわっと届く熱と光の強さに畏怖するばかりです。

2014-12-22-1611-diamondfuji-edit.jpg

太陽を追いかけ、あっという間に夕暮れ。
16時10分頃。
冬至の日前後には、高尾山頂から見える富士山の頂上に太陽が沈みます。

※ 今年は、山頂から少し城山側に行ったところにある紅葉台で撮りました。山頂より人が少なくていいです。ちなみにさらに先の一丁平のほうが富士山よく見えそうなのですが、一丁平まで行くと位置がずれて、山頂に日が沈むダイヤモンド富士にならないそうなので、ご注意下さい。

平日だったので溢れかえるほどの人混み!ということもなく、なにしろ晴れ渡る快晴のおかげで、しっかり見届けることが出来ました。(前日21日は、雲が出てちゃんと見えなかったようです。残念ですねきょう23日は祝日、晴れるようだからみんな見えると良いね!)

子供のころからずっと八王子市民だったので、高尾山はとても身近な山でした。でも、正直なところ、なぜ高尾山が有名なのか、修験の山なのかは知らなかったし、あまり興味もなかったのですが、オトナになってからふと気づくのですね。ああ。七面山=春分と秋分にダイヤモンド富士が見えるのように、特別な日にダイヤモンド富士が見える山は古来より信仰の場とされたんだな、と。

2014-12-22 1705-venus

新月明けたばかりのほそーーーいお月様が見えるといいな〜とおもって居残っていたのですが、月は見えなかった。
なんと!その代わりに、金星が富士山頂に沈むところを見届けました。(画像をクリック拡大すると、山頂の左上に小さな明るい星が見えるかも)キラキラと瞬く明るい星が、すーっと吸い込まれるように山頂に消えて行きました。不思議。不思議です。自然は不思議に満ちていますね。

2014-12-22−1708

この時間まで山頂にいるなんて、特別な日ならではです。あっという間に暗くなるので、途中には仮設のライトがあると言えども、真っ暗な道もあります。ヘッドランプが無ければ足下も見えなくて、とてもじゃないけどまともに帰れないような暗闇になります。よく知ってるはずの道が、暗くなったとたんにまったくの異界に変わるのが感じられました。
関連記事
2014/12/22(月)
天文現象

皆既月食の前に

2014-10-06-13monn.jpg

2014年の大きな天体イベントのひとつ、皆既月食が今夜起こります。皆既食になる時間帯は、19:24〜8:25で、ピークは19:55だそうです。(写真は10/6 十三夜の月です)

東京は朝は快晴だったのに、いまはどんよりと雲が立ちこめた曇り空ですが、夜にはなんとか晴れてほしいものです!

アストロアーツ特設ページ「2014年10月8日皆既月食」⇒★

日本で前回観測出来た皆既月食は2011年でした。あー。ありました。記事ありました。⇒★ ⇒★ もう3年も経つのか〜。しみじみ。そして、このときあんまりいいズームのカメラ持ってなかったのかなー。写真は小さいです。

2014-10-06-sunset.jpg

占星術的にも、きょうはたいへん見事な図形がいくつもできる配置になっており、今年後半の大きな転換点になることは間違いないでしょう。思い切って変えなきゃならないこと、やってみたかったけど躊躇していたことに踏み出してみる勢いがつきそうです。

昨日の鑑定タイムはご予約ゼロだったにも関わらず、飛び込みと当日予約でたくさんの方にお目にかかることができました。みなさま「このままでいいのか?いやいけない!」という漠然とした不安や、背中を押して欲しいご相談ばかりでした。実際の生活の中でも、今回の満月のムードを反映した状況をひしひしと実感されているようにお見受けしました。

2014-10-06-yuyake.jpg

また、きょうは二十四節期の寒露=節入り日でもあり、甲戌月が始まりました。今年は甲午なので、甲午×甲戌で、ますます火気が強まりますね。(午×戌は火の組み合せ)奇しくも、西洋で火のグランドトラインができてるときに、東洋の暦でも火が強くなるのはおもしろいなーと思います。

満月の配置が、ご自分にとってどこのハウスでできるか、個人天体が影響を受けるか、といったことを勘案すると、ワタシはそこまで大きな変化はないなーと思ってたんですが、ブログ引っ越しすることにしたのは結構大きな決断だったかもしれません。

追記 10/23 データ全部飛ばしちゃいました。。。

2014-10-05-syukunegi.jpg

きのうの「禄存・司禄」講座ご参加下さったみなさまもありがとうございました。みなさんが飾らずに率直に忌憚ない意見やお考えをお話くださったおかげで、たいへん有意義な時間になりましたこと、感謝申し上げます。
まとめ、コメントなどなど、のちほど改めて記事UPしますので、いましばらくお待ち下さいね!


関連記事
2014/10/08(水)
天文現象

東京タワー午前4時

きのうちらりと書きましたが、0時半に千駄ヶ谷からスタートして、5時半に日の出桟橋でゴールしたナイトウォーキングツアーに参加してきました。深夜の都会をみんなで和気あいあいと、眠くて眠くてぼんやりしながらひたすら歩き続けるクレイジーな企画、非常に楽しかったです。

深夜徘徊中の写真は撮ってないので、明け方以降の分をちらりと☆

2014-09-27-tokyotower.jpg

東京タワー真下、午前4時。
こんな時間にタワーを見上げるのもまた味わい深いものがあります。

※ 東京タワーライトアップについて ⇒★

2014-09-27-kanasugibashi.jpg

夜明け前の金杉橋。海までもうすぐです。
都心の首都高速って、だいたいどこも川の真上を通してるんだなぁ…とつくづく思いました。最たるものは、高速道路が日本橋の真上を通ってることかもしれません。

個人的には、街の中心部を川が流れている地方都市の風景っていいなぁ〜と思います。去年から何度も通ってる新潟しかり、こないだお邪魔した徳島市内も川辺の風景や雰囲気がとてもよかったのが印象的です。

都内ではそういう川の活かし方ってあまりみかけないですね。中目黒あたりの目黒川はちょっとイイカンジかと思うけど、単純にお洒落な土地柄だから、とも言えそうだし、神田川ではぜんぜんそういうの見たことないなー。川沿いはびっしり護岸工事されてるか、家が密集しまくってるかんじ。(東側のことは知りません。スマン。生まれてこのかたずーっと西側住民なので、東京東側に行くとアウェイ感すごい…)

しかーし、渋谷が再開発されたあとは、渋谷川に面した素敵なカフェみたいな場所ができるという噂も!(今は暗渠になってる渋谷川。渋谷南口の元・東急の駅あたりから地上に出てきます)実現したらそれはすごい。たのしみです。

2014-09-27-hamasakibashi.jpg

道路情報でだいたいいつも混雑って名前を呼ばれてる浜崎橋(ジャンクション、のそば)。
日の出時刻は過ぎていますが、まだ太陽は姿を見せていない。

金曜の夜だったし、渋谷にも恵比寿にも深夜まで楽しく飲んだくれる人がたくさん。車もたくさん行き交って、とてもこれが日付変わった深夜とは思えないにぎわいでした。都会ってすごいね〜。そこから一転して住宅街に入り、天現寺橋で渋谷川は古川に名前を変えます。(渋谷区から港区に入る、という意味でもある)さらに白金、麻布方面の住宅街を抜けて、東京タワーと芝公園を通過して、東京湾に至る、約10kmの道のりでした。

この渋谷川ウォーキングツアーの様子は、町歩き紹介のサイト記事になるそうです。たのしみだ^^
※ 後日こんな記事になってUPされました。

【 シブヤ大学 授業レポ】みんなで夜歩く。日の出を目指す。 ~渋谷川上流から河口まで~ ⇒★


関連記事
2014/09/28(日)
日々のつれづれ

日の出に向かって歩いてきました。

2014-09-27-sunrise.jpg

ゆうべは阿波踊りのプチ発表会があり、終わったらダッシュで別のところに移動して、今度は渋谷川に沿って夜通し歩いて、日の出桟橋まで行く!というイベントに参加してきました。

うーん。。。当然きのうもきょうもふだんどおり予約は頂いてる訳なので、「ちょっと too much すぎやしませんか?!」というギリギリスケジュールだったわけですが、だいじょぶですね。うん。やっぱり無茶するのたのしいですね。(←よいこのみなさんはまねしてはいけません)おもしろかったです。

ということで、スミマセン。こんなかんじでちと時間がないので、きょうはお知らせ連打です!

30日(火)の中野トナカイ登板、18時半終了分まで受付可能です。 ⇒★

先週はお休みしたので、今週はばっちり座りますよ。が、12時からですから途中でどっかの時間帯で休憩に抜けると思います。確実にこの時間希望!という場合はぜひ事前にご予約くださいね。

10/7(火)「禄存・司禄」講座もまだまだ受付中です! ⇒★「禄存・司禄」系の美女様方がおいでくださるので、基本ロジックの確認+典型的な命式のサンプル検証+実際のみなさまのお話も伺いながら、具体的な「禄存・司禄」の攻略法、陽転法、実際の活かし方を研究します。

フライング告知ですが、11/4(火)は「貫索・石門」をテーマに取り上げます。貫索・石門星を活かして活躍中のスペシャリストをゲストにお迎えして、徹底研究!の予定です。こちらもぜひ合わせてご検討下さいませ。

関連記事
2014/09/27(土)
日々のつれづれ

2014/09/23 秋分の日〜SUNRISE SUNSET〜

2014年 秋分の日。日の出日没シリーズ。

2014-09-23-sunrise-01.jpg

5時40分頃。
分厚い雲の間から燃えるようなオレンジ色の太陽が姿を現す。

2014-09-23-sunrise.jpg

刻々とのぼっていきます。
辺りが暖かく、明るくなってくる。太陽パワーって凄い!

2014-09-23-sunset-01.jpg

16時15分頃。
ずいぶん日が短くなりました。沈みゆく太陽。

2014-09-23-sunset-02.jpg

しずしずと雲のカーテンの中に消えていきます。

2014-09-23-after-sunset.jpg

すっかり沈んでしまった。また夜がやってきます。

秋分を越えて、陰気が陽気を上回る季節になりました。
ここから冬至まで、次第に陰の気が強まります。

+++ +++ +++ +++

※ 9/30(火)中野トナカイ 17:00〜18:30 ご予約承ります。
いつも通りの早い時間帯も空いてます。お気軽にどうぞ。⇒★

※ 10/7(火)「十大主星徹底研究〜禄存・司禄の巻〜」
ご参加受付中です。詳しくはこちらから! ⇒★

※ 秋分の日、もうひとつのシリーズはこちらにUPしました。⇒★

関連記事
2014/09/24(水)
天文現象

Page Top↑
▲ Page Top