2013年2月10日〜朔・旧正月

2013年2月10日。いわゆる「旧暦」の正月=旧正月

現代日本では馴染みが薄い旧正月ですが、中華圏をはじめ、アジアでは盛大に旧正月をお祝いする国々があります。日本でも、いまごろきっと中華街あたりではお祭りムード一色!になっていることでしょう。

といっても、たぶん… 「節分?立春?旧正月? 旧暦??? よくわからない〜〜〜!」という声が聞こえてくるような。。。(私もそうでしたよっ☆)

スカイツリー@隅田川

1) 立春は新年じゃないの?

立春の日から新しい年!とみなすのは、占いの世界です。(大昔にはそういう暦もあったのだとか)ですから、、、「今年の占い界では、先日の2月4日の立春から、新しい年「癸巳」が始まりました!」と申し上げればいいかな)

占いで使う暦は、いわゆる「旧暦」=太陰太陽暦ではありません。
↑ コレダイジ! ↑


旧暦は月と太陽の両方が基準なので、正月は(太陽暦から見ると)、決まった日が定まりません。しかし、立春は、太陽の動きに基づいて決まるので、毎年1日程度のずれしか生じません。

占いで用いる暦は、太陽の位置(つまり二十四節気、「節」)に基づいたものです。


2) じゃあ、旧暦って? 旧正月って?

いわゆる「旧暦」は太陰太陽暦です。季節は太陽の動きに、日付は月の満ち欠けに応じて決まります。

また、旧暦では、新しい年の始めをどこに定めるかというと、「冬至の翌々月(立春前後)で、1月には必ず雨水(2/18前後)が含まれる」という決まりがあります。

ちなみに、2013年2月10日は、新月=朔=ついたち。2013年は2月10日がいわゆる「旧暦」の1月1日、つまり旧正月


今年のように、旧正月が来る前に、立春が来ると、「正月の前に春が来ちゃった〜…」と言ったりもするそうです。古くは、古今和歌集にある和歌に、こんなものもあるそうな。

年の内に 春は来にけり ひととせを こぞとや言はむ 今年とや言はむ
(年内に春は来てしまったよ。まだ新年が来ていないというのに。この一年を昨年と言おうか、それとも今年と言おうか 〜在原元方)

あらら。きっとこの年も、お正月前に立春が来たのですね^^; 立春の日にちょうど新月が重なればめでたしめでたし。立春=旧正月、となる年もあります。また、旧正月後に立春が来る年もありますね。いろいろです。(説明が煩雑になるので、削った部分がおまけです。下記リンクよりっ)

関連記事
2013/02/09(土)
陰陽五行

2013年2月9日〜初午

きょうは丙午の日。2月最初の午の日ってことで、「初午」=お稲荷様の縁日でございます。

2013/02/09 初午@豊川稲荷

ってなわけで、仕事の合間をぬって、赤坂見附までびゅびゅ〜んとお邪魔してきました。豊川稲荷東京別院。ここからだとそんなに遠くないんです。びば丸ノ内線!

2013/02/09 初午@豊川稲荷

大岡越前守忠相が豊川稲荷から吒枳尼天(だきにてん)を勧請し、屋敷稲荷として自邸で祀ったのを由来とする、そうです。(そうなのかー。だから大岡越前が境内に祭られてるのね)芸能や商売の神様として篤く信仰されていることもあって、境内にはあちこちに有名人や芸能人奉納の提灯やのぼりがありますよ。

他に東京の大きなお稲荷さんとして思いつくのは東伏見稲荷神社、でしょうか。あちらは京都の伏見稲荷から勧請されていて、神社です。(だけど、ワタクシ個人的には、こちらの赤坂のお寺のほうが好みであります。ちょっと湿った雰囲気が好きなのか)

さて。。。

えーと… 明日は新月=朔で、旧正月、です。わかりました。旧正月ってなによ? の話をあとで書きます。
はい。先に宣言しときまする。ではまた。


関連記事
2013/02/09(土)
陰陽五行

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top