魚座の季節〜Let Go

20130302-01.jpg

2013年3月5日(火)中野ブロードウェイ4F 占いのお店
『中野トナカイ』在席いたします。


算命学/西洋占星術/タロット/手相
◎ お試しコース10分 1000円
◎ 15分 2000円、30分 4000円、60分 7000円
  ご希望のお時間内でオーダーメイド対応

いまのところご予約ありません。お気軽に!(3/4 9時現在)

◎ 当日受付: 03-3387-4355(中野トナカイ)
当日来店の方も多いので、お電話頂けると確実です。
お待ちしております〜。

◎ 中野トナカイ以外での鑑定&レッスンご案内はこちら ⇒★

20130302-02.jpg

明日は啓蟄(けいちつ)。土の中に隠れていた虫や生き物たちが、地面に出て来る頃、つまり「そろそろ春だよ〜!」という意味。

啓蟄の日からは、卯月がはじまります。卯月は春分を含む月。卯は木性の陰の性質。方角は真東。卯は「冒」=門をあける、「茂」=生い茂るが語源と言われます。生命力が芽生え、旺盛に伸び始める若々しさに溢れるイメージ。(転じて、ふわふわ柔らかく多産なウサギが連想された?)

季節も、冷たい澄んだ空気から、春霞でもやがかかり、柔らかくふわふわした空気に変わり始める時と言えるでしょう。

西洋占星術では魚座の真っ盛りの時期。すべての境界を溶かし、善も悪も、白も黒も、生も死も、なにもかもが溶け合って、なんでもいいよ〜♪とすべて受け容れるような魚的世界には、このふわふわとした春の季節はぴったりなのかもしれません。

ま、でもこんな時期だからこそ!ってことで、ふだんなら絶対に買わないであろうこんなエッセンスを買ってみましたYO!

ヒマラヤンエンハンサーの「Let Go」であります。(とりあえずできること、やるだけのことはやっとる。あとはまぁ、なるようになるっしょ。 という気分になってきたよ。まじで^^:)

20130302-03.jpg

…とおもったら、藤井まほさんがこんな記事を書いてらっしゃるのを発見した〜〜〜! わぁ〜〜〜♪シンクロ〜〜〜っ☆

魚座の花エッセンス』 ⇒★

とりあえず、来週12日の魚座新月あたりまで、このぷわぷわ不思議浮遊感を存分に味わってみたいと思います。(温泉行きたいぞ…)

ふだんだったら絶対に思いつかないようなアイデアや、夢みたいな可能性をあれこれ拾い上げることができる時期ですし。実際に、思い切ってスタートして行くのは今月後半の牡羊祭り?!の時期からがよろしいような。

ギョギョギョ祭り@3月9日 中野トナカイ

さてさて。ということで魚座祭りのクライマックスはこれ!今週末、9日の中野トナカイでは、魚生まれの3人の凄腕占い師が集結する「ギョギョギョ祭り」も開催されますよ♪この日だけの特別不思議メニューが勢揃い。たのしみです〜〜〜^^

関連記事
2013/03/04(月)
西洋占星術

春の地獄まつり?!

射手のまるごと食堂maruさんが、惑い迷ったお話を書いてて、それはそれは真剣にぐるぐるしてる様子が目に浮かんだ! ⇒★

(わはは。迷うよね。迷ってぐるぐるしてこそ柔軟宮の真骨頂っ。ふふふ。ワタシは意外と食べ物は迷わないのです。固定宮の牡牛月だしな)

それにしても、この原宿ブルーガーデンのランチ一覧。迷います。ワタシはこないだは「きょうのパスタ」にしましたんですよ。これなら迷わないですむからね。むふふ♪

maruさんのトナカイ初講座 ⇒★
『♡スパイスの魔力で開運&女子力UP!』も楽しそうだね〜^^ な、な、なーんとカレースパイスのお土産付ですってよ。まぁ!

「今度は、スパイス占い、とかしてほしいなぁ」とか言ってみようっと♪(きっと、きっとなんとかしてくれそう。maruさんも柔軟宮プロ☆)

で、ワタシのアタマの中は、「春の地獄まつり」ってフレーズでもういっぱいいっぱい。そうだよね〜。百花繚乱、花吹雪。いいじゃん。どーせ春なんか地獄みたいなもんだよ。とおもふ。

なんかよくわからないけど… 蠍に土星が入った昨年秋頃から、こうやって公のブログには書けない濃〜〜〜いエピソードを聞くことが増えましたんですよ。うむ。。。

日々感じてることは濃厚だけど、そのぶんブログがすかすかになってゴメンナサイ。文章化したらおもしろそうなネタはありすぎるけど、残念ながら、そのままは出せないの。薄めて、薄めて、アレンジしてみよう。うん。そうしよう。

追記: でもって、そのノリで続けて書いてみたのがこれ。
『禁断のチラ見手相術』 ⇒★

で、きょうはなんだか気味が悪いほど暖かいですね。明日は節分。明後日は立春。どんなに寒くてもやはり春は来るのですね。はやくこいこい地獄まつりの季節^^

関連記事
2013/02/02(土)
日々のつれづれ

2012 天文現象ゴールデンイヤー

2012年は5月21日「金環日食」、6月6日「金星の日面通過(いわゆるヴィーナストランジット)」、8月14日「金星食(月が金星を隠す)」と、「金」がつく天文現象が続々とあるので、「天文現象ゴールデンイヤー☆」と呼ばれていますですよ。そんな中、金環日食に関するレクチャー、先日受けて来ました。おもしろかった!

金環にならない地域でも、部分日食が広い地域で観測出来るとのこと。東京では午前7時31分~37分くらいが金環食の時間帯だそうです。地域によって若干時間が変わりますので、お住まいの地域の情報をぜひご確認下さい。
※ 以下資料は、国立天文台発行のパンフレット。(クリック拡大☆)

2012年5月21日金環日食情報4

日本で観測出来る金環日食は、1987年の沖縄以来。さらに今回は人口の日本列島に沿って日食帯が通過するため、人口の7割が何らかの形で(金環日食、もしくは部分日食)観測出来るという非常にレアなケースになるそうです。ちなみに同じような形で日食帯が通過した日食は、1080年12月14日。…平安時代ですね。

ちなみにこの次の機会はといいますと…2030年6月1日 北海道、次は2041年10月25日 中部地方。今回ほどの広域で観測出来る金環日食は、2312年4月8日。そうですか…みんな頑張って長生きしましょうw

2012年5月21日金環日食情報3

月の大きさは太陽の大きさに比べると約400分の1。地球から月への距離は、地球から太陽への距離の約400分の1。この偶然にしては出来過ぎなくらいの大きさのバランスによって、日食や月食はひき起こされるんだそうです。不思議ですね~♪

2012年5月21日金環日食情報2

金環日食は、皆既日食とは違って周囲が暗くならないそうです。「絶対に太陽を直視してはいけない!」と繰り返し言われました。1秒以上太陽を見ると「日食網膜症」で失明するとのこと。特に小さなお子さんにはくれぐれも注意!!!と繰り返し言われました。

2012年5月21日金環日食情報1

日食の撮影にも注意が必要です。望遠鏡や一眼レフのようにレンズを使う場合には必ず専用のフィルターが必要ですし、コンパクトデジカメの液晶画面で確認しながら撮影する場合でも、直接太陽に向かってカメラをかざすときに太陽を視認してしまう場合が増えるので細心の注意が必要、になります。

私はどうしようかな~。。。リング状の木漏れ日撮影してみたいですね。そのまえにお天気の具合が心配ですが。。。なんとかお日様には顔を出していただきたいものです^^

で、占いとして考えると「日食だからいいことあるよ♪」とはちと正直言いにくい。「隠れてたものを再度考え直すきっかけになるよ」とか、「一回リセットして再出発しよう!」みたいなことは言えそうですが。

んなわけで、TVで取り上げられてるような「金環食を記念して金の指輪でプロポーズ♪」的な企画、よけいなお世話の老婆心ながら心配だわ~。ほら~…ウズベキスタンだっけ?わざわざ金環食を見に行って指輪貰って結婚していろいろ起こってる女優さんもいらっしゃることですし…^^;

個人のチャートで見る場合には、日食(要するに新月の強力なの、よね)が、自分のチャートのどこ(何ハウス)で起こるかをチェックしてみるとよろしいかと思います。今回は特に、双子座の初期度数に個人天体をお持ちの方(柔軟宮の初期度数にお持ちの方々も)がダイレクトに影響受けそうです。

※ 国立天文台 2012年5月21日金環日食特設サイト ⇒★

+++++

今回の日食、私は12ハウスの入り口ぴたり!(土星合♪)普通なら「秘密がバレる」とか「隠れた敵が現れた!」的な読みになるのかもしれませんが、私は何を隠そう12ハウスプロフェッショナル。自分のライフワーク、12ハウステーマの扉が本格的にどーん!と開く、そんな日食になるように予測しています。

関連記事
2012/05/19(土)
天文現象

木の芽どき

まだまだ暖かい、というにはほど遠いですが、春ですね~。木の芽どき、というようにいろんな新しいモノが芽生える季節。生命力が旺盛になってくる分だけ、不安定にもなりやすい季節。治療院でも「苦手な季節は春!」とお答えになる人は多いです。激しい寒暖の変化や、大きな環境の変化は思いのほか大きな負荷になっているはずです。このあたりが要注意ポイントです。

基本的には環境の変化に強いのは、なんといっても柔軟宮(双子、乙女、射手、魚)が強調されたお生まれの方々です。何を隠そう、ワタシも柔軟宮人です。変化は大好きですし、適応力も強いのですが、それでもニンゲン。たまにはダウンします。今週はもののみごとに発熱⇒声全滅⇒喘息のフルコースでした…orz

なんにせよ、頭で考えて理性でわかっていること、心で受け止めて感じる反応や変化と、肉体がそれに応じて変化していくスピードとは、それぞれに異なります。あんまりぎちぎちにスケジュールをいろいろ詰め込むよりも、少し余裕をもってゆるめて風任せ、くらいが本来は自然で、ちょうどいいペースなのかもしれません。
関連記事
2012/03/24(土)
日々のつれづれ

皆既月食 2011年12月10日23時32分

ずいぶん寒くなりましたね。今夜はほぼまん丸い月が頭上に見えます。
明日は、いよいよ皆既月食が日本全国で観測できるそうです。

半影食の始め 10日20時31.8分
月食の始め 10日21時45.4

皆既月食の始め 10日23時05.7分
食の最大 10日23時31.8分
皆既月食の終わり 10日23時58.0分

月食の終わり 11日01時18.3分
半影食の終わり 11日02時31.7分


観測場所はどこでも進行はこの時間どおりなんだそうです。明日は夜空も晴れそうですし、ばっちり観測できそうですね。こんなのも見つけましたよ。観測好きはこちらも!

「皆既月食の色を観察して、みんなで報告しよう」 国立天文台
 ⇒★

それから、しょーもない手書き図を書いてみました。月食の仕組み風の図。実物は3D立体なんで似て非なるものですが。

img001.jpg

太陽-地球-月 の順で直列になったとき、地球の影が月にかかるので、地球から月が見えなくなります。じゃあ、日食はどうかというと、こんなかんじ。

img002.jpg

太陽-月-地球 の順で直列になったとき、月にさえぎられて、地球から太陽が見えなくなります。

ちなみに占星術では… 月食はこういう図です。太陽と月が正反対の側に位置するのが通常の満月ですが…



月食の時には、太陽がドラゴンヘッド(というポイント)のすぐそばにあります。月はドラゴンテイルのすぐそば。馬の蹄鉄みたいな記号が太陽マークの隣にありますね。あれがドラゴンヘッドのマークです。

ドラゴンヘッド? 変わった名前ですね。昔の人たちはきっと、月や太陽が欠けていく様子をみて、「龍が月や太陽を食べてしまう!」と解釈したのでしょう。

なにはともあれ、明日のクライマックスは夜更けの寒い時間。観測の際にはくれぐれも風邪ひかないよう暖かくして下さいね!上を向きすぎて首を痛めたりもなさいませんように。


※ 先日書いた月食の話はこちらです。 ⇒★

満月前、体調崩してる方も多いようです。どうぞお大事に。特に柔軟宮(双子、乙女、射手、魚)のお仲間のみなさん、ここはひとつふんばりどころです。がんばりましょう!

おかげさまでワタシは好調でぴんぴんしてますが…双子座満載なんですが… (単に鈍感なのか…;)
関連記事
2011/12/09(金)
天文現象

Page Top↑
▲ Page Top