きょうの夕陽@皇居

2014-06-02-sunset-01.jpg

はっ! 夕陽発見!!!
たくさんの人が東京駅舎を撮ってるのに、ひとりで反対側を撮っていたのはワタクシですとも。

はっ! これはもしかして!
黙ってダッシュしました。

2014-06-02-sunset-02.jpg

皇居に沈む夕陽。
富士見櫓(というんだって)の隣にしずしずと沈んでいきます。
昔の人も同じ夕陽を見ていたのかな。

2014-06-02-sunset-03.jpg

すっかり沈んでしまうまえに。。。
そういえば、皇居はいわゆるレイライン上にあるんですよね?(だよね?)


*** *** ***

なんといいますか… 書く書く詐欺みたいになってる今日この頃。スミマセン。賭けません。欠けません。なにも書けません。珍しいよ。こんなにだれだれなのは… この脳の溶け具合はいったいなんなんだ… とおもっていたら、まつい店長が海王星について解説しているのを見て、はっ!と疑問融解!したのでした。(さらに溶けてどうする…)

○ 海王星の話(まついなつき店長)⇒★

海王星てのは、ぼんやりしてて境界がなくて、いるんだかいないんだかわかんなくて、すぐに忘却の彼方に去ってしまうのかいつもここにいるのかもわかんなくて、生きてるか死んでるかもわかんなくて… みたいなわけのわからんものだ。こんなやつが自分の個人天体にかかってたら、夢見るように、酔っぱらったまま生きてるようなものなのかもしれません。(とかぼかしてみる。曖昧さが海王星ぽい)

上記リンクの解説、基本的にはネイタルチャートについてだとおもいますが、トランジット読みにももちろん応用できますよね。もともと海王星が個人天体にアスペクトしていない人であっても、海王星???知らない。関係ないね〜ってはずはない。トランジットの海王星が、自分の個人天体にアスペクトしてくる時期は当然あるでしょうから。

(ということで、おまけ。自分のをちと検証してみた)


関連記事
2014/06/02(月)
西洋占星術

ぼんやりと海王星の香り…

いろいろ滞ってます。。。申し訳ありません。。。

IMG_5743-toppy.jpg

先日の「六十干支の研究」という名の読み会スタイル、初めての試みでほんとーーーに内心緊張していたのですが、サンプルさんのご協力と、ご参加のみなさまの鋭いツッコミや視野の広いアドバイスのおかげで、たいへん充実した時間となりました。ファシリテーター役の私としても、いろいろと気がついたことや学ぶことの多い時間となりました。お忙しい中お集りくださったみなさま、本当にありがとうございました。

*** *** ***

6/10(火)はじめての陰陽五行・超初級編
陰陽五行の基礎の基礎を導入おさらい編、開催します。いまさらこれがわからないのはハズカシイ?!なんてことありません。初めての方もぜひどうぞ。

6/24日(火)「宿命中殺の研究」
前半は概説。後半はご自身の命式に宿命中殺てんこ盛り!のスペシャルゲストさんをお迎えします。実際の命式を拝見しながら宿命中殺とは?その活かし方は?といったテーマで読み会形式で進行します。

以上、近日中にお知らせを掲載しますので、少々お待ち下さい。(時間は両日とも10:00〜12:00 料金はどちらも3000円です。事前ご予約も受付中)

*** *** ***

いまって、双子太陽が魚海王星にスクエアに向かってるはず。ぼんやりするのもしかたないね…と、理由つけようとしてたんですが、きょうはこれから月海王星合!でもあるようだ。。。ようだ。。。ようだ。。。ぼんやり。。。

え??? 占いは海王星の世界だって? いやだめです。きょうは鍼のお仕事がみっちりとあるです。こういうときはホントにあぶない。くれぐれもきちんと注意しないといけない。ぼんやりしていてはダメです。鍼の数が合わなくなったりしやすいのはこういうときなのです。危険。あぶない。自戒!!!

車の運転や細かい作業が必要なみなさまも、どうぞくれぐれもお気をつけ下さい。
ではみなさまきょうも良い一日を!

関連記事
2014/05/22(木)
日々のつれづれ

2014/05/09 ただの日記

朝からすこーーーんと抜けるような爽やかな青空が広がりました。
予約が午後からだったので、午前中のあいだに!とおもってやってきた。

2014-05-09-01.jpg

芝増上寺。どどーん。
大きなお寺と東京タワーの組み合せは、いつ見てもシュールだね。
ふと見えるこんなシーンを探して歩くのが大好きです。
東京の風景は飽きない。実におもしろいところです。

2014-05-09-02.jpg

「漫画家による仏の世界展」⇒★

はるばるとこれを見に来たのですよ。

が、、、受付まで行って気がついた。なんてことでしょう!
げげげ…
財布忘れて来たよ。。。がーーーん。。。
PASMOが入ってるパスケースだけあって、現金の所持ゼロ円。

清々しい空の下、すごすごと、とぼとぼと来た道を帰ります。
とほほ。。。(財布は家にありました。。。)
なんてこった。ついてないぜ、べいべー。

いまの空模様、双子水星□魚海王星スクエアのぼけぼけアスペクトのせいにしてしまおう。ぶつくさ。
帰っておとなしく仕事しました。

2014-05-09-03.jpg

夕暮れ時に見えたのはこんなシーン。
もっともっとこちらの全身がオレンジ色に染まるくらい眩しかった。

最後の時間帯の予約が変更になったので、遅い時間がぽっかり空いた。
そういえば、上野の博物館、金曜は20時まで空いてるんだっけ。と思い出して、午前中の雪辱に負けないように、こんどこそちゃんと財布の所持を確認して家を出る。

2014-05-09-04.jpg

特別展「キトラ古墳壁画」⇒★

なんとも信じられないことに…
最終入場時間の19時半ぎりぎりに受付に到着したんですが「ここから入館まで70分待ち。入館してから観覧まで30分待ち」と言われました。

じぇじぇじぇ…

いや、これもう出直しても展示が18日までってことはこのあとはますます混むってことでしょ。わかりました。並びましょう。覚悟を決めて、列に並びます。昼間の雨で気温が下がったからちょっと涼しい風が吹いてて、月が煌煌と輝いていて、隣には赤い火星が見える。博物館の建物の向こう側には明るく木星が輝く。なんか、とても、素敵じゃないか。

でも、正直言って途中でもういやになっちゃった。
こんなに並んでも実物見るのはほんの数秒じゃね?
これならもう、複製とか見ればそれでいいんじゃね?
悪魔の声がワタシに囁く。。。

とはいえ、やっぱりさんざん並んでも、実物見てよかったです。

7〜8世紀の古墳ってことは、、、1200年前のものってことでしょ?!
びっくりですよ。絵がうまい!!!(そういう問題じゃないか…)
描いた人はどんな人だったんだろう?
どんな役割で、どんな日に、どんな気持ちで描いたんだろう?

青龍(破損がひどいため今回の展示はなし)=春、東
白虎(胴長で龍みたいな白虎。なんとも愛嬌があってカワイイ)=秋、西
朱雀(綺麗です。カッコいい。ワタシはこれがいちばん好きだな)=夏、南
玄武(コンパクトにまとまってるし、表情もいい亀蛇型。カッコいい)=冬、北

ご存知の方も多いと思いますが、これは東西南北、つまり五行に対応しています。中央に位置するのが、土だね。色は黄色。(たいていは四神とか、四獣というから、五獣とは言わないね。土は麒麟なんですかしらね?調べときます。ワタシの宿題)

2014-05-09-05.jpg

夜の上野公園。昼間とは違いなんともミステリアスなムードに包まれています。(初めて来た!びっくりだ)
上野のお山は、昔は海に突き出す岬だったのだそうです。そういう場所は、あの世とこの世の境目とされ、古代の埋葬所が置かれ、後世ではそういった地はお寺や神社になった、と言われます。

そうそう。芝増上寺も同じような成り立ちの場所です。なんたって東京タワーの真下には巨大な古墳があるんですから。東京タワーの下にはお墓がずらーっと見えますしね。あ。こんなの書いたこともありましたっけ。⇒★

と、ざっとそんな一日でした。きょうとあしたはぶらぶらする間もなく、ぎっちり働きます。
ではきょうもがんばろう。
みなさまもうどうぞよい週末を!

関連記事
2014/05/10(土)
ブックレビュー

月に吠える

きょうもみなさまありがとうございました。生の声、いろいろ聞かせて頂けるのは何よりも興味深い生きた勉強だと思っています。午前中も午後も、いろんな方のいろんな名言を聞かせて頂きました。もったいないので、ここには書きません。今後ともどうぞよろしくです!

さて。満月ですね。
夜空には、煌煌と春の月が明るく輝いています。

○ 2014/04/15 部分月食 ⇒★

20141415-fullmoon2.jpg

上のほうがぼんやりと暗いです。18:40くらいに撮ってるので、食が終わって間もない雰囲気だけが残ってます。

半年後の10/8には、よい条件での皆既月食が観測できるそうです。そうかそうか。夜8時前の満月なのか。そりゃーお子様でも観測できますね。良かったね。そうなんだ〜。ふーーん。

ん???ってことは???と、ふと気になりましたので、ホロスコープも出してみました。
どんっ!

chart_201410081950.png

おおお〜〜〜!!! 火のグランドトラインができてるじゃありませんか!昨年からの水浸しの雰囲気とは全く違いますね。
獅子座に木星が入るので、夏以降は雰囲気が変わるよ、とは思っていたけれど、こうやって形で改めて見ると、なんだかはっとします。どんな未来がやってくるのでしょうね。

20140415-fullmoon.jpg

上のほうにぽつりと見えるのが火星です。肉眼で見ると、赤い星なんだなーということがはっきりとわかります。(木星と比べてみると、その赤さがよけいによくわかります)現在の火星は最接近期、ということで、かなり近くにあるらしいです。いい望遠鏡とかでみれば、どうやら火星の地表も見えるんだとか!(見てみたい!)

なんにせよ、現在の火星は長期間の逆行中でもありますし、なにせ今夜は満月ですし、気持ちの昂りや無茶な冒険にはご用心をば。わお〜〜〜〜ん!!!と月に向かって吠えるくらいにしておきませう。

はい。ではみなさまもご一緒に♪
私も吠えますよ。わお〜〜〜〜ん!!!

あ。そういえば、maruさんが謎の海王星記事をUPしていました。あの… よくわかんないけど、ワタクシも呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃ〜〜〜ん!でございます。これで晴れてワタクシも昔の美人の仲間入りってことよね。うん。めでたいめでたい♪

海王星モードで世界を見ると(まるごと食堂maru)⇒★

関連記事
2014/04/15(火)
天文現象

『幻とのつきあい方』

だんだんと空気が湿ってきました。魚座の季節ですね。魚海王星と魚太陽のコンジャンクションもピークを越えたかな。魚座生まれのみなさま、ソーラーリターン(お誕生日、のようなものだ)の季節おめでとう。



幻を扱う仕事には 気をつけよう
時に幻は姿を見せる
<幻とのつきあい方>


そうなのだ。私は坂本慎太郎が作る歌がとてもとても好きで、繰り返し繰り返し聞くたびに、だんだんなにもかもどうでもよくなって、魚座的世界と海王星のことをおもう。
彼の紡ぎだす世界は凄い。天才。。。(乙女座生まれなんだよな…)

関連記事
2014/02/26(水)
西洋占星術

Page Top↑
▲ Page Top