火と地

先日の火曜トナカイ、ミズマチユミコ先生がお立寄くださいました。固定宮クイーンのミズマチ先生を、maruさんと私の柔軟宮コンビがみちみちと拝見させて頂きましたよっ☆ さっそくレポ頂きました。
ありがとうございます m(_ _)m

『柔軟宮にやわらかくしてもらう鑑定』 ⇒★

ミズマチ先生は、西洋占星術で言えば「地」と「火」で構成されてます。(先日の八雲あかねさんも同じタイプですね。水っぽいのが苦手〜!とお二人ともおっしゃる)

「地」の性質は、目の前の現実を重視して物質的な安定性を求めるけど、「火」にとっては、いまここではないどこか!への憧れとかロマンとか生きてる充実感がなにより大切。ということで、なかなか両立しないエレメントなわけです。ユング的な四分類に当てはめると、「地」は感覚、「火」は直観とも言われます。

火と地の葛藤をはたからみてると「安定して稼げるって凄いことじゃない?!え?でもおもしろくないとイヤなの?んーーー。欲張りさんだなぁ〜。それを両立させるのはかなりの難題だのぉ…」なーんって外野としては感じます。
ちょっと引用してみましょうか。


占星学 新版 (リズ・グリーン)



+++ +++ +++ +++

相手の頭が余りに混乱していて非現実的だとか(火)、考え方が狭すぎて週間に縛られている(地)と非難するなど 〜中略〜 地はいつも火の後始末をさせられてるように感じる傾向にあり、火は自分にとっては些細でどうでもいいようなことで地からうるさくいわれ、非難されているように思いがちである。〜中略〜 地は将来、安定する為の保障を求めるのに対し、火は人生を安定したところなどないギャンブルのようにとらえており、生きる上での本当の喜びは、創造的にその変化に沿って進んでゆくものだと考える。

+++ +++ +++ +++

ふむふむ。知覚の仕方がぜんぜん違うベクトルなんですね。目の前のものをきっちりと正確に感知する感覚と、遠くのものをぱっとつかみとるように全体的に感知する直観は両立しない、とも言われます。

といっても、火と地を「ドライ」、水と風を「モイスト」と分類する考え方もありまして、そこでは「火」と「地」は乾いて他とは区別されて独立したがる、という意味で同じ仲間にもなったりします。水とか風は、感情とか情報を他者とまぜまぜして交換したがる、ということなんでしょうかしらね、たぶん。(水と風の対立の話は、これだけで延々と書けるからきょうは省略っ)

で、面白さを取るか、着実さを取るかと、究極の選択をするよりも、おもしろくて(火)、着実に儲かったら(地)そのほうがずっといいですよね。たぶんそれは、あんまり人から共感されたり理解されたりすることのない独立独歩の道(ドライな性質だからさ)なのでしょうけど、いいじゃないか。それはとてもカッコいい♪
関連記事
2014/07/04(金)
西洋占星術

2014/07/02 ただの日記

2014-07-01-moon.jpg

さっきも夕暮れ時の空に細い月が浮かんでいました。
月が見えるのはひさしぶりのような。
これはきのうのトナカイ帰りに見えた月。

なんかこう、ネタ的なものはいろいろあるのですが。まじめな占いのおベンキョー話よりも、より下世話なテーマ方面に舵を切ろうかな〜とか考えてます。そうだなぁ… 例えば、きょうは大昔の元カレが相談に来たよ、とか。そういうときは、ちゃんとお金取って仕事としてやりまする。だいたいかなりハードコアな話になるので。

まぁ、いろいろ聞いたけど、12ハウス生まれらしいいかにもお外でおおっぴらに話せないようなエピソード連打連打とか(このあたりはいつかどこかにきちんとまとめて書く)、鳳閣星の適職とか(彼は鳳閣星がいっぱいあって、鳳閣星適職=ジャーナリスト、なのだ)、火のサインの人々が持ってる恐るべき引きの強さとか、もうネタ的にはてんこもりにいっぱいあって、ここからいくらでも書けそうなんだけど、いかんせん頭が死んでる。きょうはもう何も考えられない。ざんねん。

忘却の彼方をふりかえって、よくよく考えたら、自分がこれまで付き合った中でいちばん多いのは火系男子でありました。やはり、というかダントツに多かったのは射手座関係者。私は射手座ホイホイなのかもしれん。上記の人は獅子新月12ハウスだった。うへー。12ハウスのはなしをこってりとしました。牡羊は全然縁が無いんだよな。なぜか。

火男はおもしろい。全体的にはめちゃくちゃだったりして、ひどいめにもたくさんあわされたけど。まあいい。だってもういまとなってはみんなどうでもいいひとたちだし、そのときはおもしろかったから、ゆるす。ほかは双子と牡牛ばっかりで、それは自分とサインがたくさんかぶるので、既視感安心感はあってもおもしろさには欠けました。

それにしても、世の中にはたくさんの人がいるのに、なんでこんなに付き合う相手のサインに大きな偏りがあるのか… 愕然とします。(ちなみに東洋で見るとみごとに特徴はばらばらで一定の傾向はみつけられないのだ)まぁ、どうでもいいけど、自分にないサインを補填してくれる人がよいわ。はい。個人の感想です。

関連記事

月に吠える

きょうもみなさまありがとうございました。生の声、いろいろ聞かせて頂けるのは何よりも興味深い生きた勉強だと思っています。午前中も午後も、いろんな方のいろんな名言を聞かせて頂きました。もったいないので、ここには書きません。今後ともどうぞよろしくです!

さて。満月ですね。
夜空には、煌煌と春の月が明るく輝いています。

○ 2014/04/15 部分月食 ⇒★

20141415-fullmoon2.jpg

上のほうがぼんやりと暗いです。18:40くらいに撮ってるので、食が終わって間もない雰囲気だけが残ってます。

半年後の10/8には、よい条件での皆既月食が観測できるそうです。そうかそうか。夜8時前の満月なのか。そりゃーお子様でも観測できますね。良かったね。そうなんだ〜。ふーーん。

ん???ってことは???と、ふと気になりましたので、ホロスコープも出してみました。
どんっ!

chart_201410081950.png

おおお〜〜〜!!! 火のグランドトラインができてるじゃありませんか!昨年からの水浸しの雰囲気とは全く違いますね。
獅子座に木星が入るので、夏以降は雰囲気が変わるよ、とは思っていたけれど、こうやって形で改めて見ると、なんだかはっとします。どんな未来がやってくるのでしょうね。

20140415-fullmoon.jpg

上のほうにぽつりと見えるのが火星です。肉眼で見ると、赤い星なんだなーということがはっきりとわかります。(木星と比べてみると、その赤さがよけいによくわかります)現在の火星は最接近期、ということで、かなり近くにあるらしいです。いい望遠鏡とかでみれば、どうやら火星の地表も見えるんだとか!(見てみたい!)

なんにせよ、現在の火星は長期間の逆行中でもありますし、なにせ今夜は満月ですし、気持ちの昂りや無茶な冒険にはご用心をば。わお〜〜〜〜ん!!!と月に向かって吠えるくらいにしておきませう。

はい。ではみなさまもご一緒に♪
私も吠えますよ。わお〜〜〜〜ん!!!

あ。そういえば、maruさんが謎の海王星記事をUPしていました。あの… よくわかんないけど、ワタクシも呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃ〜〜〜ん!でございます。これで晴れてワタクシも昔の美人の仲間入りってことよね。うん。めでたいめでたい♪

海王星モードで世界を見ると(まるごと食堂maru)⇒★

関連記事
2014/04/15(火)
天文現象

2013/12/03 ただの日記

2013-12-03.jpg

おかげさまで、きのうは午前中からトナカイにおりまして、結局お昼買いに行くヒマがないくらいにいろんな方が次々とお越し下さいました。ありがとうございます!
2014年の年運、というキーワードから近況を伺って今後のご希望や展開をいっしょに考えよう、という形がメインだったかな。あとは、飛び込みのカワイ子ちゃんたちのいろんなお悩み。みちみちとお話させていただきました。

みんなもう、自分の心の声、自分がどんな流れに乗ってるかは、もうちゃんとわかっていらっしゃった。いや〜、なんか、みんなもうわかってることをわざわざワタシがお話ししてお金頂いちゃっていいのかしら〜? なーんって気もしましたよ。でもさ、それって、なんかときどきそうやって棚卸ししたり、人に話したり、背中押されたりしないと、なんとなくよくわかんなくなっちゃったりしますのよね。だからこそ、のこういう仕事や役割なんだろうなーと思っていました。

そうそう。お昼は買いに行くヒマ無かったけど、ちゃーんと美味しいパンの差し入れを頂いたので、それを合間にもぐもぐとありがたくお腹に納めたのでのーぷろぶれむ☆ ないすたいみんぐでした。ありがとうございます!
そして、もうひとつの頂き物。むちむちぷりぷりした肉厚の生椎茸は、まるちゃんが言ってたレシピ「サラミをちぎって乗せる」アイデアを採用♪ 冷蔵庫に残ってたブルーチーズ+とろけるチーズ+サラミを乗っけて、オーブントースターで焼いてみた。んま〜〜〜〜い♪ ごちそうさまでした m(_ _)m

夜はさーーー、いちど見てみたかった「秩父夜祭」を覗きに行ってみた。
でっかい山車が街を練り歩き、ずんずん響く太鼓のお囃子と、ばんばん上がる花火とのコントラストが凄いの。(ゆうべはずいぶんあったかかったように感じたけど、ホントはもっと激寒らしい。花火は夏よりも空気が澄んでる冬のほうが好きだな〜)

例年12月3日の夜が大祭なんですって。(なんで12月3日なのかを調べてみたら〜?!と、まるちゃんから悪魔のささやき…w わかった。わかった。あとで調べる…爆)
いやはや。凄かった〜! 写真はうまく撮れなかったんだけど、動画がいっぱい撮った。が、ここ動画載せるのはちとめんどいのですなぁ… (FBにひとつUPしたので、ご覧になれる方は覗いてみて〜!)
https://www.facebook.com/tamaki.amami.1

でもって、「秩父夜祭」でぐぐると、すんごい写真がいっぱいでてくるよ。すんごい。おなかいっぱい!というかんじの派手さ。しかーし、こういうの好きだわ。なんか見るだけでアガルわ〜。 ⇒★

ちょうどきのうの新月、ワタシのP太陽(獅子の10°くらいだったはず)と火のグラトラだったことにいまさら気がついた。ひゃっほ〜。そうか。そりゃー、祭り日和だな。うん。うちの母親が、夜のお祭りとか火が燃える系のお祭りが大好きなんですけど、あの人そういえば牡羊月なのだな、と知って激しく納得したことがありますわ。はい。

ワタシはもともと火のエレメントはほぼ皆無。じぇんじぇん持ってませんのです。(射手海王星。ざっつおーる)でも、なければないで、ちゃんとプログレスやらトランシットでいろいろ回ってくるしね、ファイヤーな人たちと組むのもよし。それにぜんぜん無いと、それはそれで「過補償」っていって、そのエレメントのことが気になっていっしょうけんめいそこをやる、というケースもあるね。

というかんじで、ここまでしゃべるようにかいてみた。これ、、、とっても楽だな♪(読む人のご都合については…ごめんなさい!)しばらくこのスタイルで書いてみるか〜。これなら量産できそうだ(…おばかさんっ)

関連記事
2013/12/04(水)
日々のつれづれ

ワンドのクイーンからのお知らせ☆

きのうの1枚。ワンドのクイーン。。。
(えええ?またコートカードだった…^^;)

2012年7月3日ワンドのクイーン

昨日の中野トナカイ、午前中は極秘(?)プロジェクト打合せ。うお~! なんともエキサイティングでした。
いろんな人と顔合わせてやいのやいの言いながら何かを作るっって、難しくもおもしろいものなんですね。いかんせんずーーーっと、自分&患者さんorクライアントさんとの対面、だけの仕事を延々と積み重ねてきているので、みんなでなんか作るのは非常に新鮮な体験であります。というわけで、ハイテンションなワンドのクイーンでした(笑

書きたいことはてんこ盛り盛りなのですが、ちょっといろいろと
追いついていないので、お知らせ形式にて。

◎ サツキメイさんの電子書籍発売中☆ ⇒★
『サツキメイのトランスサタニアン占星術』
『サツキメイの占い雑記帳』


「トランスサタニアン占星術」の元になっている(はず)の講座の分厚い紙の資料を昨年お分け頂き、私は所持しております。昭和から現代に至る時代や流行の流れを、占星術の観点から大きく俯瞰する超力作です! トランスサタニアンの影響って、短期的にはよくわからないので、過去を振り返り検証する作業はとても重要ですね☆

◎ 天体のアート☆Thalia(たりあ)さんのご著書発売!
『四大占術でみる誕生日大事典』⇒★
この本では西洋占星術のパートをThaliaさんが担当なさったとのこと。凄いボリュームで、ばしばし的中してるとTwitterで噂がじゃんじゃん流れています!さきほど注文したので、手元に届くのが楽しみです♪

それから! Thaliaさんがワタクシのことをブログでご紹介下さったらさっそくたりあファンのお客様が私を訪ねて来て下さいました。パワフルで明るくて前向きな方で、私感激!ありがとうございました。

それから~!三上牧さんが書いてた「牽牛星」考察がすごく楽しかったです♪
牽牛星=彦星=わし座アルタイル⇒牧人のお話  ⇒★

というかんじで、どうぞそれぞれみなさまお楽しみ下さいね☆

え?なんか情報量が多すぎて、めまぐるしくて、目が回る???そうだな~~~… 木星海王星スクエアの広がり過ぎ状態と、活動宮が激しく動くいまの配置っぽいじゃないですかっ(笑

あとは…こういうふうに同時にどどどどーーーっといろんな情報が頭のなかをびゅんびゅん駆け回りながら、目の前のやること平行でどんどん回して行くのが、ナチュラルボーン双子座スピリット。さぁ! どこまで早く回れるか?どこまで早く飛べるか?(遠くまで行かなくていいや。遠くまで行きたいのは射手ねw)単純にそこんとこ極めたい、んなかんじの双子座です。


関連記事
2012/07/04(水)
日々のつれづれ

Page Top↑
▲ Page Top