4/21 開催「車騎牽牛の巻」ご感想まとめ

2015-04-30-1016.jpg

4/21開催「車騎・牽牛の巻」ご参加のみなさまがお送りくださった貴重なご感想のあれこれを、ご紹介させていただきます。

このシリーズ、そもそも私はMCに徹してますので、いったいどういう流れだったのか、脳内からすぐに蒸発霧散してしまいます… というわけで、みなさまにご感想を記録していただけるのはたいへんありがたい限りですm(_ _)m

※ ゲストの三上牧さんも、全体の概要とご感想をまとめてくださっています。ありがとうございました! →★

算命学の命式は、十大主星だけでなく、生まれながらの天中殺の種類や、十二大従星の組み合わせからもいろいろな意味が読み取れますが、今回のシリーズでは、あえて「十大主星」にテーマを絞って、毎回それぞれのテーマの星の特性をあぶり出すことが目的です。

つまり、鑑定や読み会のように個人個人の全体像を理解するよりも「十大主星研究」として、それぞれの人の中にある○○星らしさを抽出する、というベクトルをめざしています。

そのため、ご自身がお持ちの十大主星の解説だけでは明らかに矛盾があったり、整合性がとれないところも当然出てくるし、どこを自覚できていてどこが得意で使っているかなども人によって違う。そんなところも、生のニンゲンの不思議なおもしろさだと毎回感じています。(実はそこが最も味わい深いポイントだったりしますね♪)

関連記事
2015/05/01(金)
算命学

牽牛星人が語る「鳳閣星らしさ」とは?(鳳閣・調舒の巻ご感想7)

2015-03-02-1208.jpg

同じ星でも、命式のどの位置にあるかによって意味合いは変わります。

鳳閣星中心の方だったら、ご自身を「鳳閣星らしい」と感じるのが自然でしょう。たとえば、中心星が他の星で鳳閣星を他の位置にお持ちの方だったら、「鳳閣星らしさ」がご自分の中にあることを自覚できるはずですし、「鳳閣星らしく」振舞うことが人生にとってプラスに働く場面が多々あるでしょう。(といっても、そのまんま鳳閣星の人になれるわけじゃないので、中心星との兼ね合いとてもだいじ!)

中心星と他の星の関係をよーーーく考えよう!と私はしょっちゅう申し上げます。特に、中心星と周りの星が相剋関係を取っていれば、そこにはなにかしらのギャップや葛藤があるはずで、そこにさまざまな鍵が潜んでいるからです。

先日の「鳳閣・調舒の巻」にご参加くださった「牽牛星中心+鳳閣星×2」をお持ちのスーパーレディKさんが、「牽牛星中心として語る鳳閣星の特徴」についての文章をお寄せくださいました。ありがとうございます。(Kさんは鳳閣星を南と東にお持ちです。鳳閣星らしさを活かしたご活動で社会とのつながりやご自身の楽しみが充実なさる命式ですね)

これまでの、鳳閣・調舒の方々からいただいたご感想シリーズとはだいぶ雰囲気が違います。いかにも牽牛星の方らしいきりりと端正な考察をぜひぜひご堪能くださいませ。

関連記事
2015/03/05(木)
算命学

牽牛星はツンデレツン?いえ、ツン!ツン!ツン☆

2015-01-23 -2006

先日の「車騎・牽牛の巻」、スペシャルゲストはご自身の命式に牽牛星を3つお持ちの甘夏弦さんでした。

私は「牽牛星の人はたいがいめちゃくちゃ陰で頑張って努力してるどMだから、鑑定などではそこをちゃんと汲み取って、力一杯ほめるようにしています」と申しあげました。

すると甘夏さんがこうおっしゃったのです。「人から褒められると、それはほんとかな?と猜疑心を抱き、褒めた人のことを信用しない。ダメだしのほうが、現実的で自分のためになります」とのこと。

えええーーーーー?!褒められると疑ってかかるの?!じゃ、周りの人たちはどうすりゃいいのさ?!

牽牛星が中心星チームは、うんうん。そうだそうだ!と、みんな深く納得してうなずいていました。他のメンバーはびっくり(またの名をドン引き、ともいうw)ですよ。(すまん。ケンギュウ族あまりのひねくれっぷりに笑わせていただきました!)

ワタクシ、さきほど=きょうの夕方トナカイに伺いましたので、甘夏さんともういちどその話をしていました。

「甘夏さん、本音トークがとてもインパクト強かった!本当に勉強になりました。ありがとう!みんなとっても喜んでました。あとから届いたご感想には、”今後は安易に褒めないように気を付けます” なーんってお言葉もあったけど、私たちいったいどうすりゃいいんだろう?」

なーんてふたりで喋っていたら、その隣でお帰りがけの支度をなさっていたみかみさん=牽牛星中心〜牽牛×2が嬉しそうに振り向いた!!!

「わかるわかる!私も褒められると疑ってかかりますね。自分が大事にしてるポイント以外をいくら褒められてもなんにも嬉しくないし、そんなテキトーな褒め方するくらいならいいから放っておいてくれ!ってかんじ」だそうです。。。

ちーーーん。。。
ここにもケンギュウ女子が居たーーー!
褒められると疑ってかかる…どんだけー?どどーーーん。

「ホントは褒められたいくせに!!!無視されて放っておかれたらめちゃくちゃ傷つくくせに!このカッコつけー!やせがまんのケンギュウちゃんのツンデレ!あ?ツンツン!あんたたちなんかツンツンツンだ〜!ツンデレにもなれないんだぞー!くやしかったらデレてみろー!やーい、ツンツンツン〜☆」

と、試しに暴れてみたワタクシでございます。(ばか♪

調舒星もやっぱり人から褒められても素直に受け取るキャラではないんだけど、ちと違うのです。ケンギュウの人たちは、他の誰よりも評価されたい!褒められたい!って願って(自虐的なくらい、てかそりゃ自虐じゃね?って見えること多いよ!)努力してる人たちなのに、素直に人からの評価を受け取れないのか…

でもって、こうやって人を茶化したり、わざと絡んでみせるのは、我々調舒星なりのせいいっぱいの愛情表現なのですが、ケンギュウのツンツンツンなみなさまにはなかなかおわかり頂けないようでございます。さすが牽牛星の天敵は調舒星ってだけのことはありますね(笑

ということで、おかげさまさま。ここ数日で、ケンギュウネタがめちゃくちゃ増えました。まだまだあるけど、それはまたの機会にいたしましょう。あなたもいっしょにれっつツンツンツン☆

関連記事
2015/01/26(月)
算命学

「剋気」のゆくえ(2)

2015-01-16-1525.jpg
京王デパートの駅弁大会は終わっちゃったけど…
駅弁と言えばやっぱり私はこれ。「いかめし」一択っ!

さてさて。先日、車騎・牽牛にまつわる「剋気」の話を書いたところ、さっそくご感想メールを頂きました。ありがとうございます!

○ 「剋気」のゆくえ(車騎星牽牛星論)⇒★

我ながら読み返してみると、上記の記事は、全体的に牽牛星よりの話になってます。牽牛星は集団性を大事にしますので、組織の中での自分の立場や役割に敏感です。人より劣っている立場や状態は耐えがたいけれど、かといって一人勝ちしてひとりだけ目立つことも嫌うはず。常に集団の中でのバランスと自分の立ち位置を意識するでしょうから「自分を抑制してコントロールする」という性質があります。(だから若いときは、その自尊心に実力が伴わなくて、いまひとつその良さは活かしにくいでしょう)

牽牛星に比べると、車騎星は即断即決でどんどん一人で行動する!と言われます。でも車騎星の行動力は、決して自分優先で、自分の欲望に任せてのやりたい放題、ではない。自分で決めた何らかの目的のためなら、例え無謀だと言われても、危険も承知で引き受ける。むしろどM?とでも言えるような義侠心だったり、ときには自分の限界を試すために、ぎりぎりのスリルを求める冒険心だったり。(行動はわかりやすいけど、その動機は外からみてもちょっとわかりにくい)過酷な環境や条件のもとで、自分にわざと大きな負荷をかけないと、なかなか稼働しない性質なので、平和で安穏な環境だと生き甲斐は感じにくいし、その良さがぜんぜん活かせませんね。(←これだいじ)

以上、車騎牽牛論の補足でしたっ。
ということで、ご感想メールをご紹介いたします。

+++ +++ +++ +++

ブログの車騎、ケンギュウの巻、大変参考になります。うなりながら読みました。※これのこと ⇒★

我が家の次女は立派な中心星ケンギュウ女子で、チョウジョも持っています。チョウジョは私も理解できるところがあるんですよ、プロですから(?笑)
でも彼女のケンギュウの部分は理解できないなー、なんでそこまでするのかなー、というのが幼稚園のころからありました。クラスのみんながやりたがらない部分をやる。別にやりたくなかったけど、決まらないから仕方がない、とか言うわけですよ。幼稚園児のころからですよ。仲良しの子とどうしても一緒になりたい、とかいうこともなくて、全体を見て動いているんですね。学校では優等生!帰宅すると月牡牛の部分が全開となり、おいしいおやつと気持ちのいい自分の部屋にこもり、嫌なことはやらない。そんな次女です。(月牡牛はたまき先生も?でしたっけ?) ※たまきより〜そうです。そのとおり♪

「やりたくないなら手なんか挙げなきゃいいのに」とは、石門+天将の長女。こちらは大学受験真っ只中。三年前の受験と同じ。果敢に真正面からつっこんでいく受験スタイルを貫いています。男の子だったらもう少し理解できたかも。すっかり男前の女子に育ってしまっていて、限界までやり抜こうとするその姿、パワーは、やはり私にはない天将持ち女子なのだと納得しています。春、桜満開となりますようにとこっそり願ってます。

何度も言いますが、おかげさまで算命が子育てに非常に役にたっています。余計な腹も立たなくなったし、かえって面白がって娘たちを見ていられます。
あ、ホウカク+チョウジョ×3の母は「オモロイ母さん」と娘たちには言われてます。本当は自分なりにすごく神経質で、くよくよしているんだけど、それは一人になったとき。母親としての役割は、おもしろくて結構。社会規範に従い、他からの評価が気になるケンギュウ女子と、果敢につっこんでいくパワー全開の石門+天将女子の母ですから、家の中では二人をゆるゆるにしてあげましょう! という日々です。

ではまたー!ブログの更新、楽しみにしています。

きゃんどる@ともこ (←丁の日生まれの方なので、ご自身を「キャンドル」とおっしゃいます^^)

+++ +++ +++ +++

ともこさんは、「自分と家族のことをもっと深く知りたい」というご要望のもとに、算命学の基礎をきちんと勉強なさって、その後はお嬢さん方との接し方や子育てに、算命学の知識をばっちり活かされているようですね。とても素敵なサンプルとしてこのたびご紹介させていただきました。(すぐにぱっ!と感想メールを書いてお送りくださって、実に火性の人らしいスピード感と表現力!)

占いで子育て?!とマユをひそめる方も世の中にはいらっしゃるでしょう。でも、たとえお子さんであっても自分とは別のニンゲンですから。そのことは、占いを少し真面目に勉強すればよくよくわかります。その事実に納得できれば、しつけや教育、の名目のもとに、実は自分の思い通りにお子さんをコントロールしようとしてやしないか?とか、考える余裕ができたり、期待するだけ無駄なあさってな方角への期待を勝手にして、それを裏切られたように感じて悲しんだりする(無駄な!)事態も減りますよね。ぜひとも、お子さんの個性をよく知って、それぞれの良さを活かすような環境に進めるような手助けをしてあげてほしいです。

ともこさんは、陰占でも陽占でも、正真正銘の炎が燃え上がるようなとても個性的な命式をお持ちなので、ご自身のことを「リザードン」なーんてお茶目な呼び方をなさったりもします^^♪

rizadon.jpg

以前いっしょにコラージュ作ったときのご感想もUPくださってます。 ⇒★ たのしいね〜♪(こういう雰囲気こそが、陽転してる火性の明るさ、楽しさじゃないかな)

そんなともこさん、2/24 鳳閣/調舒の回スペシャルゲストとしてお越し下さる予定です。ありがとうございます。みなさまもどうぞおたのしみに!

関連記事
2015/01/23(金)
算命学

「剋気」のゆくえ(車騎星/牽牛星論)

2015-01-04-1455.jpg

命式に車騎星牽牛星があるということは…

=日干(自分)を剋する気が命式の中にある。つまり、ありのままの自分そのまんまではなく、何かの命令や要求に応じようとする衝動が自分の中にある、と言えるでしょう。

剋はダメ、ではないのです。剋は我慢。剋は忍耐。(だから剋がない/少ない人は、そういうの苦手ですよね)その性質がよく出れば、自制心があって謙虚で、どこまでもまだまだ!と努力を惜しまない頑張り屋になるけれど、悪く出れば、外からの評価ばかりが気になって見栄をはったり、堅苦しくて遊び心がない面白みの無い人で、他人との序列に過剰に敏感になったり、外からの要求に振り回されるばかりで、自分ってなに?と疲れ果ててしまうかもしれません。なにごとも過ぎたるは及ばざるがごとし。

究極の限界まで自分を鍛えあげることがお仕事であるプロスポーツ選手(あ!木田ネタは今度改めて書きますw)はもちろん、自分を殺してでも周囲の要求に応えてみんなの理想を演じる芸能人とか、剋気があればきっと礼儀正しくて無理難題もこなしてくれそうだから、たくさんお仕事回ってきそうです。

昨日お集りくださった車騎・牽牛サンプルのみなさまは、選び抜かれた?!極上の車騎星牽牛星の使い手さんばかりだったので、全編ほぼ誉めるばかりでした。でも、実際の世の中には、飛び出せないでもじもじしてばかりの車騎星さんや、失敗したり恥かくのが怖くて踏み出せない牽牛星さんもたくさんいらっしゃる。みなさまがそれぞれの特徴をうまく活かして頂きたいなーと願っています。

「評価が大事」というフレーズは、昨日のひとつのキーワードでしたね。感情的な誉め言葉より、実際的なリターンのある評価が大事。深いです。この話を聞いたら「貫索・石門」の方々だったらなんてコメントするかなぁ〜なんて考えています。(それぞれの星の意味を考えるときには、相剋関係を想定してシュミレーションするといろいろ発見があります)

おかげさまで、たくさんの「剋気」を浴びて、ワタクシもきょうはみちみちと黙って仕事を片付け続けています。ねむい。でもねない。がんばろう♪

※ この記事には、つづきがあります。
「剋気」のゆくえ(2)⇒★

関連記事
2015/01/21(水)
算命学

Page Top↑
▲ Page Top