1/20『十大主星徹底研究〜車騎・牽牛の巻』

* 1/18 20:30 締め切りました。ありがとうございます!

※ 車騎星2つ以上お持ちの方おひとり、ご都合あうようでしたらぜひご参加下さい。お待ちしております。(1/18現在)

牽牛星サンプルさん+一般ご参加枠は、事前お申し込みで満席となっております。新しくご参加ご検討くださっているみなさま、大変申し訳ありません。(12/27現在)

実践読み会形式なので、できればひととおりの星の意味や命式の読み方をわかった上でご参加いただいたほうが、存分にお楽しみ頂けます。来期もこのシリーズもう一周する予定ですので、今後のご参加ご希望の方は、ぜひいまのうちにお気軽にご相談くださいませ。お待ちしております。

IMGP3919.jpg

『十大主星徹底研究~車騎・牽牛の巻~』

開催日時: 2014年1月20日(火) 10:00〜12:00
講師: 天海 玉紀

● 開催場所: 中野ブロードウェイ4F 中野トナカイ
● 受講費用: 3.000円

● 定員: 10名(牽牛星+一般参加枠満席 )

車騎星牽牛星が命式に現れる方は、ご自身の日干を剋してくる要素が命式の中にある方です。つまり、ありのままの自分をのびのびと気ままに出すのではなく、周囲の期待や社会の要求に合わせてご自分を律する性質がある、という意味です。みんながそれぞれわがままに自分の要求ばかりを表現したら、社会のルールは成り立ちません。車騎牽牛的な力によって、世の中の正義は守られたり、たくさんの人が暮らす社会での規律は守られているといって過言ではないでしょう。

個人の能力であれば、いまの自分に飽き足らずに、つねに向上心を抱いて努力する力、誰から見てもきっちりと筋を通す潔さは、車騎牽牛的な美徳の最たるものです。

もちろん、自分を押さえて周囲に合わせる意識が悪く出れば、過剰な自己否定に走ったり、周囲の期待や世間の常識に従いすぎて、自分自身が何者かわからなくなってしまったり、結果や評価が思わしくないことを恐れて、なにもできなくなってしまったり、「自分はこんなに我慢して努力してるんだから!」と人にも同じ我慢を要求したり、上から目線で人を裁くようになってしまったりするかもしれません。

このような感覚は、車騎星牽牛星をお持ちの方にとってはあたりまえであっても、お持ちでない方々にとっては、ちっともよくわからない謎、であるようです。当日は、最初に基本的な構造を解説したあと、車騎星牽牛星をお持ちのみなさまの命式を拝見しながら、車騎星牽牛星的な性質について、徹底分析していきましょう。


● お申込メールフォーム 
http://form1.fc2.com/form/?id=651386

※ 上記サイトにつながらない場合はこちらからどうぞ
http://tonakai.her.jp/?page_id=6443

次回は2/24(火)「鳳閣・調舒の巻」の予定です。(パーフェクトな炎の命式をお持ちのスペシャルゲストをお招きしています。お楽しみに!)

おかげさまで、次回で十大主星すべてを一周しますが、時間配分と進行形式をリニューアルして、もう一周できればと考えています。2クール目開催での、十大主星の各サンプルさんも随時募集しています。新規ご参加にもご興味ある方は、上記メールフォームからぜひご一報下さいませ。お待ちしております。

関連記事

北天の宝石〜アルビレオ

2013年7月9日(火)中野ブロードウェイ4F 占いのお店
『中野トナカイ』在席いたします。

算命学/西洋占星術/手相/タロット(お試し10分1000円~)
事前予約はこちら ⇒★
当日受付: 03-3387-4355(中野トナカイ)

空き状況(8日23時現在) 16:00〜17:00
※ 明日は17時で帰ります。ご了承ください m(_ _)m


2013-07-07-01.jpg

例年なら、七夕は梅雨の真っ最中で星空なんて望めないことがほとんどなのに、すでに梅雨明した今年は星が見えました。当日はライトダウンキャンペーン日でもあったそうです。

六本木ヒルズの屋上スカイデッキで開催された星空観望会に行ってきました!
東京タワーもこの日は早い時間から消灯しています。夏のちょっと煙ってもやがかかった空ですが、主要な星は結構ちゃんと見えました。

いちばん人気は、ベガとアルタイル。つまり織姫&彦星ペア=司禄星牽牛星ペア。であります。しかーーし、、、きょうのワタシのお目当ては別のところにありました。

2013-07-07-02.jpg

どどーーん。こういう天体望遠鏡が幾つか並んでいます。わくわくするなぁ〜〜〜♪

ワタシが観たかったのは、The 土星! でございました。順番が回って来た頃には、ちょうど雲がかかってしまい、、、諦めきれずにずーっとそのまま待って、ようやく見えました!

肉眼で観ると、明るい黄色い星、にしか見えない土星ですが、ちゃーーーんと、輪っかがありました!!!(大興奮!!!)いやはや。こんなにときめいたのはひさしぶりだ…wたぶん、びみょーに縞も見えたような気がします。約80倍の大きさに見えたそうですが、それでも小さかった。土星さん、遠くにあるんだなぁーーー… としみじみ。

(あんなにカッコいいけど、、、大昔から凶星扱いなんだよな。なんで昔の人は、そう思うようになったんだろう。ってか、土星に輪っかがあるって、いつからわかったんだろう。不思議だ。。。)

そしてもうひとついいことがあったのだ。はくちょう座のアルビレオまで見せてもらうことができました。
アルビレオという星は、二重星としてとても有名です。

=== 

Albireo.jpg
※ 写真はwikiから転載

天球上で最もコントラストの鮮やかな二重星の1つである(その美しさのため「北天の宝石」とも呼ばれ、宮沢賢治は「銀河鉄道の夜」でこの2つの星を、輪になって回るサファイアとトパーズになぞらえている。
===

と、wikiには書いてありますね〜。なるほど納得。レンズの中に、青い星と黄色っぽい星とがふたつ見えました。
これもまた綺麗でしたよ〜〜〜! 大興奮です。「アルビレオは二重星です」って知識で知ってるだけの状態と、ああやって実物を実際に観るのとではまったく違うわ。しみじみ。

アルビレオは、算命学での天恍星に例えられることもあります。わかるわ〜〜〜。妖しく美しい輝きは、天恍星の魔力ですね。

※ 以前こんなの書きました。
星に願いを~ Wish Upon A Star ⇒★
真夏の夜の夢~夏の星空探訪 ⇒★


関連記事
2013/07/08(月)
天文現象

『算命学飛脚便』~イベント講座御礼☆

2012年9月18日(火)中野トナカイ在席です。
12:00~13:00 13:00~ 14:30~17:00 (受付中)
17時以降のご希望はお問合せ下さい。お待ちしております。

中野トナカイでの占術メニューと料金・ご予約受付 ⇒★
※ 当日のお問合せ 03-3387-4355

算命学入門@つきまさ

下北トナカイPresents☆『算命学飛脚便』 リリース記念!下北トナカイ企画として、入門編講座が開催されまして、ななな~~んと、講師はワタクシが務めさせて頂きました。

今回は、事前に私がみなさんの命式をひとつひとつ手書き&色塗りしたものと、『算命学飛脚便』で実際に用いられるイラスト一覧をお渡ししましたよ。

色塗り算命学☆

名札代わりに、それぞれの命式表をぱっと見せてもらうと、ご自分の色と、それぞれの方の色と、みーんな違う。
色合いが違って、組み合わせも違って、新鮮でしたね!

今回は特に、個性が強いお生まれや組み合わせをお持ちの方がほとんどでした!(なかなかお目にかかれないような個性的な命式の方が多くて、非常に貴重な機会だったと思います)

それだけでなく、みなさんがとてもオープンに率直にご自身の実感やエピソードをシェアしてくださったおかげ。とても印象深く立体的にいろんな星を理解するきっかけができたのではないかと思っています。(本当にありがとうございました!)

「みんなちがって、みんないい」 ⇒★ 心からそう感じます。

『算命学入門』@つきまさ

イラストレーターのこだまあすかさんと、松井ソラチさんの実際の作品も飾りましたよ。やっぱり実物は迫力ありますね!(Web上ではあの繊細さや勢いはお伝えしきれないのが残念…)

あああ! そして写真撮ってくるの忘れちゃいましたが、、、こだまあすかさん特製のキャラクターポストカードも発売!飛ぶようにどんどん売れてました☆ だって可愛いもん♪(これはいまのところ直接販売のみです。お声掛けください)

『算命学入門』@つきまさ

そして講座終了後にはそのまま自然な流れでトーク会に移行!質問大会やら、お話シェアやら、会話は尽きることなく流れ、参加者さん同士でも、似たもの同士や違うもの同士、それぞれにいろんな交流が生まれたようで、笑顔が絶えない時間でした!

「おもいきって参加してみてよかった!」というご感想を何人もの方々からいただけて、私もうれしくありがたい限りです。そうそう。占いを学んだからといって、必ずしも職業占い師になる必要もないわけですしね。それぞれのみなさんの生活や、人生の中で、占いとそこにまつわる知見が役に立つことがあればいいなぁ~!と願ってやみません。

本日お目にかかったみなさまに感謝を&まだ見ぬみなさまにもきょうの楽しいエネルギーのおすそ分けを送ります☆ぜひともまたの機会にお目にかかりましょう!ありがとうございました^^☆

追記:
きょうの参加者さんがさっそく今日の感想をブログにUPしてくださいました。玉堂&調舒の感性が光る端正な文章です。ユーコさん、ありがとうございました! ⇒★

牽牛星@こだまあすか先生

さらに追記:
いつも私はお世話になりっぱなしの素敵なアロマ魔女(アロマアルケミスト)藤井まほさんも、ブログにご感想を書いて下さいました。ありがとうございます!双子過多の私からすると、まほさんはオポジション射手だらけ。
憧れのアカデミックで閃きスーパーウーマン! ⇒★

※ 牽牛星のイラスト、きらりとカッコいいですよね♪

関連記事
2012/09/17(月)
イベントレポート

『火剋金』〜大きな火事の夢

ときどき、大きな火事の夢を見ます。それはそれは派手に燃えます。森の中の大きな洋館を燃やし尽くしたことがあります。(夢でね!)

今回は、扇風機から火花が出て、吹き抜けの階下にある大きな鉄製の機械に燃え移り、機械がぼーぼー燃え上がっていくのです。鉄が熱せられて赤〜青っぽくなり溶け出しそうな様子が、とてもリアルでした。うーーーん。。。だんだん夢から覚めつつ、ふと思いました。「おお。これは『火剋金』の夢だわ〜。。。まさに!」って。

五行の組み合わせでは、金性は火性に弱いです。=『火剋金』 一般的には剋、は好まれない場合が多いですが、金性のうちでも、陽の性質をもつ「庚(かのえ)」は、火性による剋を好みます。もともと強い性質を持っているので、鍛える必要があるのです。(特に、丁(ひのと)による剋が有効☆)例えば、刀は火で熱して叩いて鍛えますよね、あのイメージです。でも、陰の性質をもつ「辛(かのと)」や「牽牛星」は、デリケートな性質なので、剋を嫌います。

ワタクシ自身は、火剋金のオンナでございます。命式の中段は左から「牽牛ー調舒ー車騎」というやかましさ!つまり、火性の中心星が、金性の左右の星を剋す!という図。(この部分の並びは、沢尻エリカ嬢と全く同じなんだそうだ…)うむむ。。。いかにも性格キツそうですわな…

火剋金あると、がんがん動くとやりがい感じられると思います。どんどん行動してなんぼ。明確な成果がでてなんぼ。(そういえば、ワタシの火剋金のコンビネーションは、父から譲り受けたものっぽい。うちの父は火性と金性onlyの構成だ)

治療院に勤務しているとき、とにかく朝から晩まで倒れる暇もないくらい1日中走り回ってぼろぼろになるまで働いてまして、肉体的にも確かに大変だったけど、それよりなによりも苦しくて耐え難く大変だったのは、立場上、そして売り上げ上の理由で「癒し系キャラ」を演じたり「優しいお姉さん的雰囲気」を醸し出すことを暗に求められる職場環境だったことのように思います。

自分で治療院を始めてからも、しばらくはその呪縛ありました。とにかく来る人たちの言われるがままに言われるがままの予定で仕事を増やして、なんだかんだと言いなりになるようなことが続くうちに、いろいろ大変なことが降ってきて、病気になりました。ありがちすぎる、アホな展開。。。(当時は占いやってないの)馬鹿でしたね。もっとちゃんとよく自分を知るべきだった。

それからは、我慢しないで言いたいことをできるだけストレートに言うようになりました。(火剋金の本領発揮!)それから占いもがっつり勉強して自分でも読めるようになって、こりゃ〜無理だ、と。言いたいこと言って生きよう、と決めて、ふつうの会社員は二度と勤まらないニンゲンに成長しました♪開業の治療師やら占い師だからなんとかなってるんだなぁ〜(汗

まぁ、そういうわけで『火剋金』です。かこく、と入力すると、ワタシのパソコンは「過酷」と変換してきます。ははは。。。それって、あながち間違じゃないのかもしれません。命燃やして、がしがし行きますぜ。『火剋金』


関連記事
2012/08/29(水)
陰陽五行

ワンドのクイーンからのお知らせ☆

きのうの1枚。ワンドのクイーン。。。
(えええ?またコートカードだった…^^;)

2012年7月3日ワンドのクイーン

昨日の中野トナカイ、午前中は極秘(?)プロジェクト打合せ。うお~! なんともエキサイティングでした。
いろんな人と顔合わせてやいのやいの言いながら何かを作るっって、難しくもおもしろいものなんですね。いかんせんずーーーっと、自分&患者さんorクライアントさんとの対面、だけの仕事を延々と積み重ねてきているので、みんなでなんか作るのは非常に新鮮な体験であります。というわけで、ハイテンションなワンドのクイーンでした(笑

書きたいことはてんこ盛り盛りなのですが、ちょっといろいろと
追いついていないので、お知らせ形式にて。

◎ サツキメイさんの電子書籍発売中☆ ⇒★
『サツキメイのトランスサタニアン占星術』
『サツキメイの占い雑記帳』


「トランスサタニアン占星術」の元になっている(はず)の講座の分厚い紙の資料を昨年お分け頂き、私は所持しております。昭和から現代に至る時代や流行の流れを、占星術の観点から大きく俯瞰する超力作です! トランスサタニアンの影響って、短期的にはよくわからないので、過去を振り返り検証する作業はとても重要ですね☆

◎ 天体のアート☆Thalia(たりあ)さんのご著書発売!
『四大占術でみる誕生日大事典』⇒★
この本では西洋占星術のパートをThaliaさんが担当なさったとのこと。凄いボリュームで、ばしばし的中してるとTwitterで噂がじゃんじゃん流れています!さきほど注文したので、手元に届くのが楽しみです♪

それから! Thaliaさんがワタクシのことをブログでご紹介下さったらさっそくたりあファンのお客様が私を訪ねて来て下さいました。パワフルで明るくて前向きな方で、私感激!ありがとうございました。

それから~!三上牧さんが書いてた「牽牛星」考察がすごく楽しかったです♪
牽牛星=彦星=わし座アルタイル⇒牧人のお話  ⇒★

というかんじで、どうぞそれぞれみなさまお楽しみ下さいね☆

え?なんか情報量が多すぎて、めまぐるしくて、目が回る???そうだな~~~… 木星海王星スクエアの広がり過ぎ状態と、活動宮が激しく動くいまの配置っぽいじゃないですかっ(笑

あとは…こういうふうに同時にどどどどーーーっといろんな情報が頭のなかをびゅんびゅん駆け回りながら、目の前のやること平行でどんどん回して行くのが、ナチュラルボーン双子座スピリット。さぁ! どこまで早く回れるか?どこまで早く飛べるか?(遠くまで行かなくていいや。遠くまで行きたいのは射手ねw)単純にそこんとこ極めたい、んなかんじの双子座です。


関連記事
2012/07/04(水)
日々のつれづれ

Page Top↑
▲ Page Top