前しか向かねえ

2014-10-25-toranomon.jpg

2014年10月28日(火)
中野ブロードウェイ4F 占いのお店 中野トナカイ在席です。 ⇒★

12:00〜14:00 15:00〜16:00 空いています。
遅い時間のご希望はご連絡&ご予約ください。
※ 当日お問合せ 03-3387-4355

*** *** ***

先日、快調に走ってた試運転中の新ブログを吹っ飛ばしたのは、ひとえに自分の不注意ミスでございました。サーバー代を節約しようとして、治療院サイトも同じサーバーに同居させようとしたら、大失敗したのです(大馬鹿…

ブログって形式がこの世に出てくる前から「ホームページ開設」ってのはやってました。2000年頃から数年前まで、勤務先の治療院や、通っていた料理教室の「ホームページ」を作って管理してた、という嘘みたいな過去もあります。インターネットの力(集客力、伝達力、影響力)の大きさをこの目でしっかり見て、リアルに体験してきました。こうやってぱちぱちキーボードで打ち込んだものが、遠くの誰かに届く!という不思議を肌で感じてきています。

しかしなーーー…今回はちょっとさすがに凹みました。自分のやりたいことをやると強制的に横やりが入って壊されるアスペクト=太陽冥王星スクエアのワタクシにとっては、このくらいのトラブルは想定内ですよ。ふん。大事にしてるものは必ずどこかで壊される、と思っとけば、まぁ予定通り、ってことです。あまり傷つくこともないね〜。とかなんとか、やせ我慢で笑い飛ばすしかありません。出来る範囲でより高度なスキルを勉強して身につけるしかありません。基本的には出来る限りのことは、ぜんぶ自分の手でやります。ビンボーヒマ無し。何でも屋自営業ですから。

今回のつまづき、真面目に考えれば、記事の整理がつかなくなった状態を放置して安易に引っ越しするのではなく、従来積み重ねて来たこのブログのリソースをもうちょっと真剣に大事にしろ、というお告げでもあるよなぁ…と思い直しました。というわけで、ここのところは新しい記事を書く代わりに、地味地味と過去ログを手入れして整理しています。

おそらく、このブログに直接アクセスするのではなく、RSSリーダーなどをお使いの方も少なくないと思います。私自身もすでに他所のブログに直接お邪魔することはほとんどなくて、愛読ブログの記事は、ほぼ全部リーダーに配信されて来たものを読んでますので、愛読ブログのアクセスアップに協力してなくてゴメンナサイ!

そんな中でのお願いでたいへん恐縮ですが、もしできれば、いま一度PCからこちらにアクセス頂けると大変嬉しいです。左側のサイドバーに頻出するキーワード設定をつけました。(全部手動でタグ付け作業している最中です。まだ完成してませんが…)上にいくほどたくさん出てくる話題とキーワードです。話題の個人的偏りがよくわかります(爆

私が「天海玉紀」を名乗り出してから、もうすぐ丸4年が経過します。その間にちまちまと書いて来た約4年分の記事を全てさかのぼって読み直して手直しする、という膨大な作業を、いま突貫工事で頑張ってます。ひとつひとつ読み直して、改行直したり、表現直したり、現在では考え方が変わった内容は削除したり、実に地道な繰り返しです。2014年、2013年、2012年、と3年分の手入れが終わって、昨日ようやく2011年12月までたどり着きました。あと1年分くらい残ってますが、だんだん終わりが見えて来た感じ。

自分の書いた文章を読み直すのはまったく楽しい作業ではありません。自分のおなかの贅肉や、シワを拡大してよーーーく見せられる感じ、とでも言いましょうか。うへぇ…と胸焼けしてきます。「おめー話がしつこくて長いんだよ!」とセルフツッコミの嵐です。とか言ってるそばからこんなに長く書いてしまって、また自己嫌悪…orz

しかしながら、ひとつひとつ振り返っていると、書きっぱなしで忘れてたことがたくさんあって、忘れていたココロとか、忘れていた約束とか、そのときのココロの動きとか、いろんな忘れ物を見つけて、拾い上げています。そう考えると、試運転ブログのデータをぶっ飛ばしたからこそできた、このハードな長い長い振り返り作業です。やることなすこと、なにもかも最短距離でトラブル無くいけばいいってもんじゃないよ、と負け惜しみではなく、ココロからそう思えます。

次の一歩はどうしようかなー。さっくり綺麗に整理できたら、心置きなく「前しか向かねえ」と言えそうですが、とりあえずは残りの2011年分を全部修正してから考えることにします。ではまた続き作業を始めます。

関連記事
2014/10/27(月)
日々のつれづれ

体が資本

2012年11月13日(火)中野ブロードウェイ4F 占いのお店
『中野トナカイ』 12:00〜17:00 在席いたします。

いまのところご予約頂いておりません。(11/13 00:00現在)
当日受付:03-3387-4355
お気軽にお立ち寄り下さいませ。お待ちしております!

神田川遊歩道@塚山公園

ついこの前まで暑い暑い!だったのに、すっかり秋も深まって、冬の気配が感じられるようになってきましたね。蠍座の季節。(私が最近無口なのは、5ハウスが蠍だからです。ひっそりと水面下で楽しんでおりまする)

塚山公園の池

ふだんは大宮八幡から善福寺川を遡るコースが定番なのですが、きょうは中野富士見町から神田川を遡って、塚山公園まで走ってきました。往復で約10km。超低速だったので、しんどくはない。(でも、、、この4倍はどうかな…きついよな… とおもふ。。。)

きょうは事務作業して、走って座って、終わってしまった。。。でも、ここ数ヶ月ずーーーっと講座やらイベントやらでフル稼働だったので、ひさびさに自分のためにたくさん時間使いました。

自営でひとりで仕事してると、最後に頼れるのは自分の体力だけ。結局、いつもきちんと平均以上のクオリティでパフォーマンスを出し続けられる自分でいる為には、健康管理と体力作りがだいじ。

特に治療院勤務してた時は、要するに体育会系ですからな〜。カラダ弱いとか言ってると全然勤まらないので、私はわざと5kg体重を増やして、何度も倒れながらも必死で働いてましたね〜。※ 私はもともと文科系メンタリティですよ。20代で大きな病気してるし(陰!転!ですが…)、決して丈夫じゃなかったです。

「一発屋じゃダメ。安定的にヒットが打てるようにならないと!」ひとりで仕事を始めてもうすぐ10年。いつもいつも、それをしみじみ痛感します。特にカラダ壊すようなときにね。

もうとにかくミモフタもないようだけど、そう思うのです。なんといいますか、それはとても土星っぽい発想ですね。(土星っぽい=この世できちんと形を為して、結果を出せよ!って意味でございますよ)

関連記事
2012/11/13(火)
日々のつれづれ

ペンタクルスのクイーンの日

昨日の出勤前の1枚。どん。

2012年9月25日ペンタクルスのクイーンr

わ〜。ペンタクルスのクイーン(逆位置)であった。ここまで半年間、クイーンがしょっちゅうでるなぁ。そういえば、以前はこんな日もあったなぁ… 

『天将星を眺めるペンタクルスのクイーンの日』⇒★

ペンタクルス(コイン)は見てのまんま、お金や現実に関わるテーマにフォーカスするカードです。昨日の私は空き時間に、地味地味とお金の計算と事務作業とにひたすら明け暮れ、鑑定においで下さった方々とは、「労働ってなんだ? 自分の能力で稼ぐってどういうことなん?収入と満足度の相関ってどうよ?」みたいな生々しいお話が続く日でした。(うむむ。。。それは、ワタシ自身の長年にわたってのリアルなテーマでもあるからぁ〜)

「例えその事業がうまくいって大儲けしたところで、きっと自分は満足しないだろうと思うんです」(わっはっは。よくおわかりで^^p)なーんて率直なお話をしてくださるパワフルウーマンもいらした。そうだよね。本当にそれはおっしゃる通り。私もそう思います。

とはいえ、なんだかんだいってもお金を無視しては生きられないし、脳内妄想だけでなく、実際にやってみなきゃわからないことだらけ。現実世界で、そのあたりの折り合いをどうつけるのか、難しい問題だ。…とかなんとか考えていたら、こんな記事が舞い込んで来た。

『嫌いなヤツを味方につける』〜四十路のキモチ ⇒★

これを書いてらっしゃるともこさんは、昨年の暮れ頃「自分と家族のことをもっとより深く知るために算命学を学びたい」と、私宛に直々にリクエストを下さって、定期的に個人レッスンを続けて下さった。外見は楚々として上品な雰囲気の女性だけど、心の中は燃えるオンナ。鳳閣調舒がたくさんあるうえに、天南+天禄+天恍で、赤々と輝く星だらけのともこさん。それはそれは熱心で向上心にあふれた勉強っぷりでしたよ!

私自身、わざわざ私を指名してくださったことにびっくりしたり驚いたり。ワタシはもともと「教える」ということだけには慣れているけど、占いをお教えするのはなにせ初めて。なんとかそのご期待に応えるべく、ずいぶんたくさん自分でもひたすら勉強して研究して鍛えられ、とてもありがたい出会いと学びでした。(おかげで自分の想像よりずーっと早くグループレッスンなんかさせていただいておりますですよ…)

ともこさんは、ご自分の大きな目標を叶えるための第一歩として、思い切って新しい世界に飛び込んで修行を始めたところです。厳しい環境で負けずに頑張ってらっしゃる近況をときどき知らせてくださるのですが、潔くて凛々しい働きっぷりにつくづく頭が下がります。ともこさんの姿は、子育てが一段落した(しつつある)女性陣にとって(とくに強い星が多い方!)、ご自分の星と特性を知って新しい挑戦を始める先輩であり、ひとつの素敵なモデルケースになるだろうと思っています。

なんといいますか。。。(特に働くことに躊躇がある人宛ですが)仕事って、基本的には大変で苦しいことがほとんどで、だけどその大変さになんか意味を見いだせたり、割り切ったり、たまーにいいことがあったりするからやれるんじゃないかとおもってますよ。

思い通りにならないことが当然。たまに思ったよりもずっと凄いことが起こることもある。だからおもしろい。やめられないのよ。まー… ワタシが思ってるのは、そんなかんじです。あ。しっかし、ワタシもあつくるしく語るヤツよのぉ。。。

関連記事
2012/09/26(水)
日々のつれづれ

Rainbow Project ~カップの10の虹

5/27 SUN 15:00~20:00 橘柚布さん ⇒★ 宝積藤華さん ⇒★
中野ブロードウェイ4F 占いのお店『中野トナカイ』にて、武者江梨先生クラスの卒業生としての鑑定会があります☆

まついなつき店長による紹介文が凄いのなんのって!とにかくみなさまこれは必読!でございます。⇒★ 宣伝だから盛ってるんでしょ~?!とみんな思うかもしれないけど、ぜーんぶそのまんまの事実です。(武者先生のクラスで1年間苦楽を共にした仲間ですから、それが本当だってことがわかります)

算命学で学んだことは、自分の持ってる星(強みと弱み)を知ること。それに逆らわずその特徴に沿って得意分野を生かして生きること。それを実践しようと努力しているうちに、東洋占術1期生の私たちはそれぞれの道に進んで、それぞれに新しいステージを迎えています。

「陽転」ってなんだろう??? って思われる方、ぜひぜひ私たち、東洋占術1期生マジシャンチームに会いにきて下さいね。お待ちしております。

さて。もうひとつご紹介とご報告です。

タロットカード『カップの10』

このたび新たに、女性鍼灸師3名によるユニットを立ち上げました。その名も Rainbow Project(レインボープロジェクト)!従来的な発想だけにとらわれず、さまざまな分野を横断的に網羅するような企画を発信していきます☆

このアイデアを思い付いた時、カップの10のカードが思い浮かびました。「おお!これはだ♪」というわけで命名は即決。ということで、レインボープロジェクト、であります。今後どうぞよろしくお見知りおきくださいませ。まだまだ準備中ではありますが、ブログ作りました。少しずつ育てていくところですので、ぜひ覗きにいらして下さい。メンバー一同、お待ちしております!

Rainbow Project ♪ Official Blog ⇒★

関連記事
2012/05/25(金)
イベントレポート

「職業にする覚悟」という初心を思い出す、の巻。

5月5日(土)中野トナカイはイベントDAYですね。『ガッツ石祭りアロ祭りアート祭り』⇒★ 岩田麻里さん、良樹美有(よしむらみゆ)さん、児玉明日香さん、トリプルコラボのセンス全開!楽しみです♪

今回ワタシはまず良樹さんのアロマローズウォーター♪に注目!絶対にゲットしたいので、最新情報をチェック!とブログを覗いてみたら!

>その時の私「これで仕事するんだ!」
>という確固たる自信があったのです。
>もしかしたらもうお気づきかもしれませんが
>私はアロマを初めから「仕事」としてとらえていたのです。


一連の記事がもう!むちゃくちゃおもしろかった^^! ⇒★ くぅぅ~~~!美有姉さん、カッコいいじゃありませんか!ワタクシ、ひとりで身悶えしながら萌えておりました。

何を隠そう、私は病気上がりのフリーター&無職海外放浪の25歳のとき、突如突然思いついて、「鍼灸師になる。ババアになっても一生ひとりで食っていける技術を、35歳になるまでに必ず身につける」と宣言して周囲から唖然とされた人間です。(気がついたら宣言はほぼ叶っていました。そこから占いを本気ではじめましたです)

29歳のサターンリターンのとき、鍼灸院でフルタイムで働き始めました。最初はとにかく、朝は8時半に誰よりも早く出勤して、21時過ぎの最後に帰る毎日でした。院長や先輩の存在は絶対。雑用は全部下っ端の私の役目です。一日中ずっと立ちっぱなし、マッサージしっぱなし、面倒な仕事はすべて回ってきます。患者さんの中でも嫌われる人とか臭い人(ごめんなさい。でも、これが現実です)などの担当も全部下っ端に回ってきました。何度も人には見えないところで倒れたり吐いたり、本当に文字通り血まみれの中で仕事を覚えました。福利厚生どころか休みも収入も微々たるもの。常に見張られているような環境でした。

それ以来ずっと、仕事は「土星」であると認識しています。自分の気分や体調に関係なく、常に一定以上のパフォーマンスでお金を出していただけるに値するだけの技術を提供する、それが「仕事」だと考えています。100点満点を提供するよりも、自分のコンディションによって大きな波を出さないための努力は、日々続けています。なかなか難しいのだけれど。「常に変わらず合格点以上を出す」これが大事ではないかな。

当然ながら逃げたくなる。辞めたくなる。そんなことはしょっちゅうある。でもやめられないの。それは「仕事」だから。そして忘れた頃にたまーにいいことがキラリとある。いつあるかもわからないその輝きだけが、やりがいとなのかも。

そんなわけで、おかげさまで、あのときあれだけ苦労したからか、開業してもなんとか続けてきているし(もうすぐ9年目に突入!)占いのお仕事にもこれまでの経験は全て役立っていると思います。 …ふぅ。暑苦しく語ってしまった。なんかね、そんなことをふと思い出したんですよ。自分にとって「仕事」ってなにか、という自らの初心を。

岩田麻里さんも良樹美有さんも、算命で拝見するとお二人とも、強烈な水火の相剋をお持ちです。(水火の相剋は精神世界への適性と表現の才能を示しています)そして、強く剋されて輝く才能星は、お二人とも火の星。凄いね~。カッコいいね~。ほれぼれします。明日のイベントをわくわくと楽しみに出かけていきます。
関連記事
2012/05/04(金)
日々のつれづれ

Page Top↑
▲ Page Top