貫索星・石門星の出現条件☆

10girls.jpg

10/11(日)開催した「はじめての算命学」にご参加くださったミズマチ先生が、当日のご感想をUPしてくださいました。ありがとうございます! →★

貫索・石門の説明のところで、「自分の日干と同じ要素(五行)のパーツがある」と言ったら、ミズマチ先生の頭の上にでっかいハテナがばーーーん☆と現れたのがたいへん印象的でした。

そうかーーー。そうだよね… もうすでに自分ではあまりにも当たり前で考えるまでもなくなってることを、はじめてのひとに簡潔に説明するのは本当に難しいです。。。深く反省しました。「え?だって、日干と同じ五行が命式の中にあるってことは、自分自身を意識しやすい、ってことですよ」なんてかんじの、おめーそれまともな日本語じゃないだろ〜と我ながら突っ込みたくなるような説明しかできなかった自分が不甲斐ない…ゴメンなさい m(_ _)m

ということで、ミズマチ先生が講座レポしてくださったお礼に、当日の解説の補足をします。(みなさま、ミズマチ先生に感謝です〜^^☆)えーい。大出血サービスだ。もってけ〜www (画像は、高尾学館の命式算出ページから拝借しています。深謝! →★



○ 貫索星はどのような条件下で出現するのでしょうか?

前提: 日干=表の左上(この場合は辛)
貫索星はどうやって出てくるか:「貫索星というのは、日干と同じ五行で、陰陽も同じ要素が命式中にあると出てきます」

「辛」が左上にあります。「辛い」「辛い」と同じ文字です。ぴりりとシャープな金性の陰の性質をもつ「辛(かのと)」ちゃん。漢字の並びをよくみると、日干以外にも「辛」ちゃんが二つあります。

辛(陰の金性)×辛(陰の金性) → 貫索星

自分と同じ字がいっぱいあったら、貫索星がいっぱい。つまり自分がいっぱい。鏡に映るように、自分、自我を意識することが多い、と解釈するのでありますね。

kansaku-kaisetsu.jpg

ではちょびっと応用編。

○ 石門星はどのような条件下で出現するのでしょうか?

前提: 日干=表の左上(この場合は庚)
石門星はどうやって出てくるか:「石門星というのは、日干と同じ五行で、陰陽が違う要素が命式中にあると出てきます」

「庚(かのえ)」が左上にあります。「庚」は「辛」と同じ金性ですが、陽の性質をもっています。この命式に「庚」はひとつしかありませんが、同じ五行で、陰陽が違う「辛(かのと)」はあります。

庚(陽の金性)×辛(陰の金性) → 石門星

sekimon-kaisetsu.jpg

例えば、石門星の「社交」と言われる性質は、くっつきあったり融合するような性質ではなく、自分と共通項はあっても、陰陽のように性質が違ったもの同士が共存する、というこの仕組みから出てきています。→ だから、「自分は自分」として保ったまま、性別、年齢層、職業などの枠を超えて、幅広くいろんな人とそつなく関わる能力がある、と読みます。

十大主星を算出するにあたっては、貫索星石門星が最も基本的なシンプルな手順で出てくるので、まずはここをしっかりおさえておくことがとっても大切です。これ以降ベンキョーを進めてみたい方は、ぜひともこのポイント、よーーーく覚えておいてくださいね。

宣伝っ! → 11/14(土)には、「龍高星・玉堂星」の講座を開催します→★  いまの話と同じ要領で、まずは星の仕組みと意味を丁寧に解説します。ご都合合う方はぜひともお越しください〜。お待ちしております!

他にも11月の講座ご案内、10月後半の鑑定日程なども合わせてUPしました。
ぜひご高覧下さいませ。よろしくお願いいたします。→★



いつここから完全に新しいサイトに引っ越すかは、まだ決めかねています。が、とりあえずぼちぼちバラバラと書いています。<白>は基本的に(ワタクシにしては)まじめなテイストで、<黒>は完全に趣味!とやりたい放題テイスト、の予定です。

今日はこれを書きました。<白>に載せたので、真剣なる書籍レビューです。内容的には、四柱推命と算命学の知識をある程度以上お持ちの方向けです。わたしがずーーーっと疑問に思っていた「十二運=十二大従星」の仕組みと算命学での命式の力量計算(身強とか身弱とか)について、かなり詳しく解説されていて、非常に勉強になりました。

『四柱推命の謎と真実』 波木星龍 →★

今度は<黒>にて、別のテーマを書きます。こちらはやっぱりもっと「ブラック」なテイストにしないとね。なんたって<黒>ですから。ついに本性を現した<黒たまき>が現れるのです。まじか?うはははははwww

関連記事
2015/10/15(木)
算命学

わたしはわたし 〜貫索・石門の巻まとめ2

2015-07-22-1044.jpg

昨年に開催した「貫索・石門の巻」のときにも、時間中にはっきり意思表明したり発言したり、問題提起してくださったのはだいたい貫索星型のみなさまでした。石門星人は、にこにことみんなの話を黙ってよく聞き、ときどき的確な合いの手を入れたり、自分のターン!というときにはきちんと発言し、でも全体的にはだいたいおとなしく(そうみえる)振舞ってらしゃいました。

でもって、終わってからきちーーーっと全体を俯瞰するレポをご自身のブログにUPしてくださったんですよ。(それもですね、わざわざ「きのうのこと書いたよ!」とか一切言ってこないの。そもそもわたしもこちらからお願いしてるわけじゃないので、みなさまご好意で書いてくださってるのです。ありがたいことです。そのへんをおそらく察してくくださってて、さらーっと淡々と書いてUPしてあるんだよ。そういうのって、かっこいいんだよね〜。

※ そのときの記事「貫索・石門の集い」→★

2015-07-22-1045.jpg

今回の石門星人さんは、また以前のゲストとはぜんぜん違ったテイストだけど、ご自分が主役になるターン以外のときはだいたいじーーーっと周りを観察なさってて、頭の中のデータベースにかしゃかしゃかしゃかしゃ…といっぱいインプットなさってました。そして、やっぱり終わってから、どどどどどーーーーん!と超ゴージャスなレポをUPしてくださってましたよ!(うほほほーーー!感謝感激です。ありがとうございます!)

※ (お勉強してきた!)7月21日(火)玉紀しゃんの十大主星徹底研究 貫索・石門の巻でお勉強してきた☆ →★

いやーーーー。それにしても、たりあさんの爆裂っぷりがおもしろすぎておなかよじれました。(なんたる旺盛なるサービス精神!過剰だろ!どこが薄味なんだよ!ってツッコみ入れないと!!!w)結論「ミントのように」ってもう、頭の中にミント畑が生えてきて、抜いても抜いても生えてきて、頭の中がすーすーしておもしろすぎますよ。石門は乙木みたいな性質、と考えるとぴったりしますしね。(たりあさん、本当にありがとうございました!)

これですねーーー、ものすごく貴重。なかなかおおっぴらに語られることの少ない「石門星的世界観」を、こっそりチラ見させてもらえます。そうだ。ついったー上で、同じく石門星人のイベント企画女王=日下ゆにさんが「ぼっち最高!わかるわかる!」っておっしゃってましたよ。周りの人をよくみて、周りの人たちに気を使う度合いがものすごーく多いんでしょうね。くたびれるのも道理です。

2015-07-22-1052.jpg

石門星=社交的」って書かれてるから、べたべたくっついたりつるんだりしたいって解釈してる人多いけど、んなことねーよ。っていつもおもいます。社交の本質って、とても高度な大人の技術でしょう?国と国との外交みたいな。お互いのテリトリーを侵害したり邪魔しない程度に、自分の利益はしっかり守りつつ、互いにてきとーなところでうまいこと距離を保って、違う者同士でも折り合いをつけて平和に共存する、ってのが社交ってものの本質じゃありませんか。

そもそも、石門星は「同じ五行の陰陽が違う組み合わせから生じる」わけです。「わたしとあなた、同じようでも互いに違いがあるね」という認識が最初から自然にある、って考えるわけです。石門星の本質というのは、ものすごくクールで「いろんなひとがいるよね」っていう現実をそのまんまよく見てる大人の判断力、だとわたしは考えてます。

「石門星なのにわたしは友人が少ない」ってご相談はときどきあります。でもさ、なんでも話せる心の親友とか、いたらいいかもしれないけど、べつにいなくてもいいんじゃないかとおもうんです。そのときそのときで出会う人も変わるでしょうし。ただし完全な「ぼっち」ではやはり良さが生きてこない。いろんな人にまみれて、クールにあちこち観察していい立ち位置をスマートに確保する「戦略家」としての才能を活かしたらいいんじゃないかなーとおもいまする。

石門星的世界観で「世の中いろんなひとがいるよね」って、クールに達観してるところは、他の性質が強い方々にはおそらくぜったい真似できない強みです。(例えば貫索型の世界観だったら、まわりの他者が入る余地がないしねー)でもって、そういう話はめったにきかせてもらえないわけですよ。ありがとうございました!

関連記事
2015/07/24(金)
算命学

わたしはわたし 〜貫索・石門の巻まとめ

2015-07-22-1127.jpg

7/21開催「貫索・石門の巻」ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

石門+天将のゲストさん、だいぶ控えめに振舞ってくださったのではないかと思いますが、それでもきっとご参加のみなさまにはとてもインパクト強く印象に残ったのではないかと想像しています。(石門+天将が本来持ってる底なしのパワフルさ、というのは、身近にいる人で体験しないとなかなか実感できないんだよなー…)

決して今回一回だけのお話を伺うにとどまらず、これからますます充実した形で活動を広げられていくか、そして当日お話くださった「目標!」をどのように実現させていかれるか、そのご活躍の形を継続してたのしみに拝見させていただくのもまた楽しみでございます。

石門+天将ゲストさまのご活躍の様子を垣間見てみよー!

【ご報告】ありがとうございます!2015年7月20日(月・海の日)はブログ進水式でした!
http://thalialabo.exblog.jp/24715192/

いつかいつかいつか、「天将星」研究会も開催できるといいなぁ〜。とかもくろんでいます。(こわい?!そうだね。わたしもこわいものみたさ、なのかもしれないですけど〜www)今後ともひきつづきどうぞよろしくおねがいいたします!

2015-07-22-1102.jpg

また、貫索星女子のみなさまの、まっすぐいっぽん筋がとおって、すっと背筋が伸びるような雰囲気が、とてもよく感じられる貴重な回でもありました。ストレートな貫索星中心の方、貫索星冲殺が中心星でちょっと変化球の貫索星の方、ちょうどお隣に座っていらして、同じようなポイントで「そうそう!」とうなずかれたり微笑まれたりするのがよく見えて、私はとてもたのしかった。(眼福眼福♪)

また、車騎牽牛や、禄存司禄といった、相剋関係になる星と対比させることで、貫索・石門は「守備本能」という説明だけではちょっと計り知れないそれぞれの特徴や考え方の違いが際立ちました。

実際に車騎牽牛グループの方々のお考えや行動パターンを聞かせてもらって、貫索石門チームと比較するのも非常に興味深かったですし、ベテランの司禄星レディが、貫索星チームに質問して「なにか迷ったときとか、周囲の人に相談しないんですか?!えええーーー?!誰にも相談しないで決めるんですか?!…絶句(ウソでしょーーーー?シンジラレナイ!!!!)」なーんて反応をなさってたのも秘かにおもしろすぎました。(わたしのツボには刺さりまくりで、心で爆笑したっ)

2015-07-22-1027.jpg

いつもわりと極端な思考実験をすることで、それぞれの星の特徴を際立たせて考えてみる練習をしています。

車騎牽牛が強すぎれば、周囲の評価とか要求とか期待とかに応えよう!とする意識が強すぎて、そもそもの「自分」のありかたが自覚しにくくなるでしょうし、禄存司禄が強すぎれば、常にターゲットを自分に惹きつけるための努力を惜しまない代わりに、そもそも相手やターゲットなしで「自分」を意識したり成り立たせることが難しくなるでしょう。

そんなときに、「貫索石門」的な「そのまんまわたしはわたし」という感覚は非常に大切になるはずです。

2015-07-22-1152.jpg

健康な貫索石門型の方々に「自分探し、ってどう思います?」って聞くと、たいていけらけらと明るく笑って「なにそれ?わたしはわたしです♪」って微笑まれる。花が咲くように、草が伸びるように、木がそびえるように、ただそのまんま「わたしはそのまんまわたし」と言える自己肯定の空気が、きのうはほんのりとふんわりととてもさわやかに感じられました。

2015-07-22-1309.jpg

さて。おかげさまで「十大主星徹底研究シリーズ」は、これからもまだまだ続きます。
次回は 8/18(火)10:00〜12:00「鳳閣・調舒の巻」を予定しております。

ゲストは調舒星中心のばりばりプロの占い師さんです。まさに絵に描いたような正統派の「調舒星」ビジュアルとスイートだけどぴりりと辛い調舒星テイストをぜひご堪能ください。もちろん「鳳閣星」中心のみなさまのご参加も大歓迎。ギャラリー参加も大歓迎です。

● お申込メールフォーム
http://form1.fc2.com/form/?id=651386

開催場所は未定ですが、もし可能であれば移転リニューアルオープン直前の新・中野トナカイ、または別の場所を準備します。詳細は8月になってからのご案内となりますが、ご興味ある方はどうぞいまからお気軽にお問い合わせください。ふるってご参加下さい。お待ちしております!
関連記事
2015/07/22(水)
算命学

じぶんだいじに〜貫索石門の巻〜

本日のトナカイ出勤前の一枚は…

2014-11-04-hangedman.jpg

どん。どどどどん…orz
「吊られた男」でございました。

肉体は不自由な状態に拘束されてじっと耐えているようでも、精神とアタマの中は無限を駆け巡る反愚怒満、ちがった…ハングドマン=吊られた男。

+++ +++ +++

本日開催の「貫索・石門の巻」おかげさまで無事に終了いたしました。特に本日は、ご遠方から駆けつけて下さった方々が何人もいらして、感謝感激でした。珍しい命式を披露して下さった上に、貴重なお話を聞かせて下さったスペシャルゲストにも重ね重ね感謝ばかりでございます。

先日の暖かく柔かい「禄存司禄」の回とは、まったく違って、さっぱりぱりっとした雰囲気になりましたね。連続してご参加くださったみなさまには、それぞれの中心星ならではのムードを感じ取って頂けたのではないかと思っています。

ドラクエの作戦風に言えば、きょうの要点は、「じぶんだいじに」でした。格言的に言うなら「みんなちがってみんないい」かな。他人軸ではなく、ごく自然に自分軸で生きる方々のお話を聞けたことが今日の最大の収穫です。

「欲しいものは自分で取りに行く」「自分で決めたことだから、途中で辛くても苦しくても、それもたのしい」「孤独?ないなぁ〜」なーんて、オトコマエなフレーズが連発!して、あちこちからわぁ〜!とため息や羨望の声が上がっていました。

今回、ついに勇気を出して参加してみました!という方が、「玉紀さんは、もうちょっととっつきにくい方なのかなと勝手に想像しちゃってましたが(すみません!)全然そんなことなくて、気さくで明るい方でよかったです」なーんてご感想を下さいました。そうでしたか。ご心配かけてゴメンナサイ。素の性格は悪いですが(爆)お外では出さないように訓練してありますし、むやみに取って喰ったりもしませんから、だいじょぶです。たのしんでくださったようでほっとしました。ありがとうございます。

それから、純粋貫索星人のあかねさんが、ご感想をアップして下さってるので、本日のダイジェスト要点が知りたい方は、ぜひともご覧下さい。⇒★

来月は「龍高玉堂」がテーマです。「龍高玉堂」を中心星にお持ちの方、絶賛大募集!でございます。お悩みがおありの方も、悩みはないけど興味はあるよ、という方も、ぜひどうぞ。お待ちしております。お知らせは近日中にUPします。必ず。

12/02(火)『十大主星〜龍高玉堂の巻〜』(残席4)
01/20(火)『十大主星〜車騎牽牛の巻〜』(予定)
2月『十大主星〜鳳閣調舒の巻〜』(予定)


いま気がついたんですが、前回の「禄存司禄」の直後に補足として書いた「財について」の記事は、この世からすっかり消滅しちゃいました。(こないだテスト作成したブログにしか載せてなかったから…)人生いつもぶっつけ本番。下書きなんてありません。何を書いたのかまったく思い出せません…あーあ…やっちまった…orz

今回の「貫索石門」まとめも書きたい気持ちはたくさんあるのですが… どうしよう… とかいいながら、帰って来て他の仕事の作業に追われ、いまブログを書き、まだやることあるじゃん。ああどうしよう… 吊られたオンナ状態です… うるるる…orz

関連記事
2014/11/04(火)
日々のつれづれ

11/4 『十大主星徹底研究〜貫索石門の巻』

※ 10/12 おかげさまで満席になりました。積極的前のめり!ご参加に感謝申し上げます。

※ 追記(10/9 22:00)
石門+貫索4つお持ちのスーパーゲストさんだけでなく、貫索星中心の占い師、八雲あかねさん がわざわざ愛知からご参加下さることになりました。ありがとうございます。

すでに残席僅か。増席予定はありません。お申し込みはお早めに!

2014-09-28-cosmos-02.jpg

『十大主星徹底研究~貫索・石門の巻~』

開催日時: 2014年11月4日(火) 10:00〜12:00
講師: 天海 玉紀

● 開催場所: 中野ブロードウェイ4F 中野トナカイ
● 受講費用: 3.000円
● 定員: 7名(10/12 満席)


貫索星中心の人は本当に頑固で保守的なのか? 石門星中心の人は本当にフレンドリーで社交的なのか? 命式の基本的な仕組みを確認してから、実際の命式を拝見しながら検討していきます。

石門星中心の方々からは「私は友達も少ないし人付き合いは苦手です。算命学はなんだかピンと来ない」といった密かなお声を頂くこともあります。貫索星中心の方がこっそりと「私はむしろ人に合わせるほうが楽です」とおっしゃることもあります。さて、実際のところはどうなのでしょうか。

前回の「禄存/司禄」の回は、禄存/司禄をお持ちのみなさまに多数お集り頂いたので、おかげさまで後半は読み会形式となりました。今回も特に中心星が貫索星石門星のみなさまにふるってご参加頂けますと嬉しい限りです。もちろんお持ちでない方も歓迎です!
お申込、お問合せもお気軽にどうぞ。お待ちしております。

● お申込メールフォーム 
http://form1.fc2.com/form/?id=651386

=== === === === 

※ 12月分は「龍高・玉堂」の予定です。日程は決まり次第UPします。龍高星・玉堂星中心の方、ぜひご参加下さい!

※ 年明けは「車騎・牽牛」「鳳閣・調舒」のどちらかからスタートします。リクエストも随時受付中です。我こそは!と思われる方(該当する星を中心星としてお持ちである or 3つ以上お持ちである、といったかんじかな)はお問合せ下さい。

関連記事

Page Top↑
▲ Page Top