11/14(土)十大主星のしくみ〜龍高星・玉堂星

※ 10/24 満席になりました。ありがとうございます。(以降のお申し込みは、キャンセル待ちとなります。ご了承ください)

IMG_0373.jpg

2015年11月14日(土)10:00〜12:00
「十大主星のしくみ〜龍高・玉堂」 天海玉紀

場所:トナカイノニカイ(南阿佐ケ谷ウラナイトナカイ2F)→★
料金:4000円
定員:8名 (10/24 満席)

● お申し込み・お問い合わせはこちらから →★



算命学でいわれる十大主星とは、実在の天文学上の星ではなく、日干から算出される架空の星(イメージ)です。全部で10種類。(五行とおなじ5種類 × 陰陽で2種類 =10種類)それぞれに独自の特徴があります。

10girls.jpg

「貫索(かんさく)・石門(せきもん)」
「鳳閣(ほうかく)・調舒(ちょうじょ)」
「禄存(ろくぞん)・司禄(しろく)」
「車騎(しゃき)・牽牛(けんぎゅう)」
「龍高(りゅうこう)・玉堂(ぎょくどう)」

算命学の命式では、ひとり5つの星が配当されます。5種類全部違う星のバランス型の人、同じ種類の星をいくつも重複して持っている偏り型の人、いろいろいらっしゃいます。

また、同じ星でも命式のどの位置にあるかによっても、読み取り方が変わりますし、お隣近所との組み合わせも重要です。組み合わせから生じるダイナミックな変化を読み解くのも、算命学の醍醐味のひとつです。



11/13(土)第一回のテーマは、「龍高星玉堂星」です。どちらも習得本能の星と呼ばれ、冷静な知性派の性質を備えていますが、陽の星である龍高星は自由奔放な冒険者、陰の星である玉堂星は伝統を守るしっかりもの、といった性質の違いがあります。

今回スタートする「十大主星のしくみ」シリーズでは、毎回どれかのグループの星(2種類)を取り上げ、どうやってその星が算出されるのか?その星にはどのような意味があるのか?を最初に解説します。

後半では、その星を持つ人はどのような特徴や傾向があって、どのように感じたり考えたりしやすいのか?といったポイントを、実際にその星を持つみなさまからのコメントなども伺いながら、検討していく予定です。

龍高星玉堂星をご自身の命式にお持ちの方はもちろん、持っていないからもっと知りたい、身近な人が持っていてもっと理解を深めたい、全部のシリーズをコンプリートして勉強したい、などなど、どなたも大歓迎です。

● お申し込み・お問い合わせはこちらから →★

関連記事

4/28 開催「龍高玉堂の巻」ご感想まとめ

2015-04-30-1017.jpg

4/28「龍高玉堂の巻」ゲストは、橘柚有さんでした。ゆうさんと私は、もともと武者江梨先生の算命学クラスの第一期の同級生でして、いわゆる「同じ釜の飯を食った仲間」とでもいうような関係でございます。今回は圧倒的に人材不足(?!)の「龍高・玉堂の巻」ゲストとしてお越しくださいました。ありがとうございます!

毎回最初に、みなさんと自分の脳内ウォーミングアップを兼ねて、その日のテーマに関連することをなにか喋ります。今回はサンプルとしていきなり説明なしに「玉堂星中心で玉堂3つ+龍高1つ」というかなり特徴的な命式をホワイトボードに書きました。

あ。そうだ!これを私がただそのまま解説しても面白くないよね… ってなわけで、ゆうさんにいきなり話をふってみました。(事前になにも仕込んでません。完全にアドリブだっ☆)

「ゆうさん、この命式でお生まれのこの人、いったいどんなご職業だと思います?』

その命式を一瞬ぱっと眺めたゆうさん、間髪を入れずにすら〜っとお答えくださいました。

予想のお答えと、その理由を簡潔にお話しくださったのですが、おおお〜〜〜!!!あまりにも大正解っ。実にぴたっと的中していたので、私もみんなも大感動でした。すごいね。一同大拍手っ。

「なぜそのように予想したのですか?」という説明を、筋道立ててじっくり聞けば、勉強中のみなさまにとってもひとつひとつはすでに知っている知識や、あたりまえの要素ばかりでした。とはいえ、それらの要素をぱっと一瞬で読み取って、具体的な職業に置き換える瞬発力は、やはり現場でばりばり鍛えてるプロならではの技です。初見の命式から、それ以外の何の情報もなく、ずばっと正確に当ててくるプロの読みをまのあたりにできたのは、ご参加のみなさまラッキーでしたね☆

ということで、ゆうさんは千葉方面で占い鑑定&学習塾の講師としてご活躍中です。玉堂星中心+東に鳳閣星をお持ちののゆうさんにとって、「わかりやすく話す。誰にでもわかるように簡潔に説明する」ことは天性の才能&お仕事力です。今後はますますフリーランス活動を充実させていかれるとのことなので、特に近郊の方はぜひアクセスしてみてください。

○ 千葉発!インストラクター 兼 占い師のつれづれ開運日記(橘柚有さん)
http://ameblo.jp/koyumi12/

みなさまからいただいたご感想まとめもお届けいたします〜。

関連記事
2015/05/01(金)
算命学

終わりとはじまり(鳳閣・調舒の巻ご感想6)

IMGP0141.jpg

「鳳閣・調舒」ご感想シリーズ、ずいぶん長くなりました。今回はみなさん「言いっ放し」でいいよ。とおもってたので、想像通りと言えばそのとおりですが。そろそろまとめです。

初回以外の4回を、毎回はるばる東北地方から通ってきてくださったSさんからいただいたメールをご紹介します。(おつかれさまでした!そしてありがとう)

Sさんは、楚々とした可愛らしいルックスのおっとり癒し系美女、にみえます。ところがどっこい!Sさんの命式は、丁火生まれの調舒星中心(調舒星×2+龍高星×2)に加えて、天将星2つ(いわゆる二天将)という実にパワフルな激しい構造です。

※ 二天将をお持ちの女性って、だいたい細くて可愛い雰囲気の人が多いよね〜!ニンゲンってほーんと摩訶不思議☆

関連記事
2015/03/01(日)
算命学

思索の海からコンニチハ(龍高星・玉堂星の巻/実録レポ)

2015-01-04-1719.jpg

2014年12月開催の『龍高・玉堂の巻』ご参加メンバー有志のみなさまによる、当日の振り返りと考察レポートまとめ記事をこのたび公開させていただきます。

習得本能の星といわれる龍高星玉堂星が強く効いている方々がどのような思考回路をお持ちで、どのように目の前の出来事に反応するか、ご自身の言葉で綴って下さった貴重なレポートです。

それだけでなく、ご自身の命式に龍高星玉堂星をお持ちでない方々からの鋭いコメントや質問もまた議論を深める重要な役割を果たしています。

かなりの重量級長文ですので、お時間ある際にじっくりと腰を据えてご覧下さい。みなさまからのご意見やご感想もどうぞお気軽にお寄せ下さいませ。(編集/天海玉紀)

関連記事
2015/01/24(土)
算命学

水の性質は「潤下」

12月2日。中野トナカイ出勤日「きょうの一枚」
どん。

2014-12-02.jpg

カップのエース(逆)でした。

きのうは「龍高・玉堂の巻」を開催したんですが、「龍高・玉堂」は東洋的な「水」的な性質を表します。東洋的な「水」の性質は潤下。下へ下へと下がって溜まっていく、陰の性質です。暗さ冷たさでありながら、万物を潤し育む力でもあり、複雑な陰影に富んでいます。

現在開催中の十大主星シリーズは、「国際交流の集い」のようなものだと思っています。自分を確認するには、人と比べてみるのがいちばんわかりやすい。いろんな文化と同じで、さまざまな個性や特徴はあるけど、そこに優劣はないです。きのうもお集まり下さったみなさま、本当にありがとうございました。

そのあとの鑑定でも、龍高玉堂を大量にお持ちの方や、玉堂星中心の方などが続きました。(ふだんの傾向からするとかなり珍しい…)龍高玉堂がうまく働くと、とても思慮深く穏やかになるけれど、よくないほうに働くとぐるぐるぐるぐると脳内シュミレーションするばかりで、なにもできない、となりやすい。持ってうまれた思慮深さ、うまく活かして下さいね。

「水」の話は、時間ができたら、また続けて書きます。

*** *** ***

先日ご案内した 12/23(祝)の冬至スペシャル ⇒★ 「初めて占いの勉強をします!」という方がご参加表明くださったので、開催します。

本当にゼロの状態からお話ししますので、初めてデビューの方、ふだんの講座にはちょっと気後れして…という方、ぜひお越し下さい。お待ちしています。(マンツーマン or セミプライベートレッスン 2時間2.000円は爆安でいいよね♪)

関連記事
2014/12/03(水)
日々のつれづれ

Page Top↑
▲ Page Top