朔旦冬至

※ お店日記更新しました。(10:00) ⇒★
本文には書かなかったけど、スポンサーがつく電波上だろうとも、臆せず自分が正しいと思う主張、反原発をはっきり主張するというあたりも、単なる外人だから、ではない「調舒星」スピリットじゃないかとおもう。

※ 完全に忘れてた。「調舒星」について以前書いたものはこれ ⇒★

2014-10-14-iceberg.jpg

2014年10月21日(火)12:00〜17:00
中野ブロードウェイ4F 占いのお店 中野トナカイ在席です。 ⇒★

鑑定空き時間 13時〜17時(遅い時間ご希望の場合はご連絡下さい☆)
※ 当日お問合せ 03-3387-4355

※ 明日は相棒のmaruさんお休みです。16時〜20時はまつい店長が登板なさいますYO!

*** *** *** ***

ここのところご相談は「調舒星(ちょうじょせい)」ラッシュ!でございます。「調舒星」がわからない〜!というお声は、「調舒星」をお持ちでないみなさまから以前から頂いておりまして、これはきっと、ぜったい、なんかがしっと書いたほうがいいんだろうな〜…とおもいつつはや幾星霜。。。

調舒星」お持ちのみなさまにとってはあまりにもあたりまえで、いまさらお外で大きな声で言いたくもないことばかりだしな〜… 正確に書こうとすればするほど野暮ったくなるしな〜…などと考え始めると(このあたりがすでに調舒星気質、とも言えますねw)なかなか気も進まず。たいへん書きにくいです。

うむむ。。。いいかげんこのまま避けては通れない問題ですな。
一晩考えてみます。はい。。。

つづきはここ最近の懸案事項など…
関連記事
2014/10/20(月)
日々のつれづれ

2014/07/02 ただの日記

2014-07-01-moon.jpg

さっきも夕暮れ時の空に細い月が浮かんでいました。
月が見えるのはひさしぶりのような。
これはきのうのトナカイ帰りに見えた月。

なんかこう、ネタ的なものはいろいろあるのですが。まじめな占いのおベンキョー話よりも、より下世話なテーマ方面に舵を切ろうかな〜とか考えてます。そうだなぁ… 例えば、きょうは大昔の元カレが相談に来たよ、とか。そういうときは、ちゃんとお金取って仕事としてやりまする。だいたいかなりハードコアな話になるので。

まぁ、いろいろ聞いたけど、12ハウス生まれらしいいかにもお外でおおっぴらに話せないようなエピソード連打連打とか(このあたりはいつかどこかにきちんとまとめて書く)、鳳閣星の適職とか(彼は鳳閣星がいっぱいあって、鳳閣星適職=ジャーナリスト、なのだ)、火のサインの人々が持ってる恐るべき引きの強さとか、もうネタ的にはてんこもりにいっぱいあって、ここからいくらでも書けそうなんだけど、いかんせん頭が死んでる。きょうはもう何も考えられない。ざんねん。

忘却の彼方をふりかえって、よくよく考えたら、自分がこれまで付き合った中でいちばん多いのは火系男子でありました。やはり、というかダントツに多かったのは射手座関係者。私は射手座ホイホイなのかもしれん。上記の人は獅子新月12ハウスだった。うへー。12ハウスのはなしをこってりとしました。牡羊は全然縁が無いんだよな。なぜか。

火男はおもしろい。全体的にはめちゃくちゃだったりして、ひどいめにもたくさんあわされたけど。まあいい。だってもういまとなってはみんなどうでもいいひとたちだし、そのときはおもしろかったから、ゆるす。ほかは双子と牡牛ばっかりで、それは自分とサインがたくさんかぶるので、既視感安心感はあってもおもしろさには欠けました。

それにしても、世の中にはたくさんの人がいるのに、なんでこんなに付き合う相手のサインに大きな偏りがあるのか… 愕然とします。(ちなみに東洋で見るとみごとに特徴はばらばらで一定の傾向はみつけられないのだ)まぁ、どうでもいいけど、自分にないサインを補填してくれる人がよいわ。はい。個人の感想です。

関連記事

2014/06/17 ただの日記(秘密と歯痛)

2014-06-14-dokudami.jpg

おかげさまで忙しく毎日飛ぶように過ぎていきます。きのうはノンストップでずーっといろんな方にお目にかかりました。大事なお話聞かせて下さって、ありがとうございました。

出勤直後にカード1枚引きしたら、ふわっとカップのエースが出てきました。あら〜。。。誰か泣くかな…と思ってましたが(基本私はそうそう簡単に涙が出ない人でございまして、お客様も泣かない/泣けないタイプの人が圧倒的に多いのです)…予想は大はずれっ!orz 誰も泣かなかった。でも話はどなたも圧倒的に濃かったです。

ここのところお目にかかっているのは、月土星のハードアスペクトをお持ちの折り目正しく我慢強いみなさま、月冥王星のハードアスペクトをお持ちで心の底に、どこまでも底なしの深い感情体験を湛えるようなみなさま、8ハウス強調、土星強調のみなさま、などなど。みなさん、ふつうだったらそこは泣いてもおかしくないね…というレベルのお話をみなさま実にきちんと整理して淡々とお話し下さいます。いいよ。もっとはめ外しても。これまでじゅうぶん(というかじゅうぶんすぎる)がんばってきているのだから。

改めて、丁寧なメールをくださったみなさまもありがとうございました。ひとつひとつちゃんと拝読してます。調舒星関係者のみなさまも非常に多くって、さすが文章がみんな上手。どなたも読み手を惹き付けて読ませる文章で、実に複雑に味わい深いのだ。簡単にちゃちゃっと返信できないです…ちょっと待っててね。

※ 続きは12ハウス個人的ヨタバナシ。

関連記事
2014/06/18(水)
日々のつれづれ

2014/05/08 ただの日記

2014-05-08-03.jpg

おかげさまで、飛ぶように時間が過ぎていきます。
といっても、今週の空きはもうないものの、来週の予定はがらがらですよっ。どうぞお気軽にご用命下さいませ! ⇒★

昨日のお客様は、女性経営者さんがお二人連続でお越し下さいました。お二人ともぜんぜんタイプが違うんだけど、それぞれにカッコ良かったな〜(惚♪ いや、惚れてる場合じゃなくって。。。w お仕事はちゃんとさせていただきましたですよ。はい。

この日のように、お客様のお話を伺いながらも、こちらもいろいろ刺激を受けて新しく耕される瞬間というのは、日々の仕事の中に、小さくても必ずどこかにあります。まぁでも仕事だし、ぶっちゃけワタシは仕事にドラマや感動は求めてません。それが目的になるのはとっても危険だとおもうのです。ブレずに一定以上のレベルできっちりこなして、要望に対して提供できることをちゃんと打ち返して行くことを、いちばん大切にしています。ただ、ときどきそういう基本フォーマットからはみ出ることはある。もしかすると、そういう貴重な瞬間はご褒美のようなもので、そういう瞬間を夢見つつ、日々淡々とお仕事を繰り返しているのかもしれません。

先日、maruさんとビール飲みつつこんこんと話していたテーマも「人間に興味があって、人間に関わる仕事がしたいんだよね」という話題でした。maruさんは圧倒的に7ハウス優位の人なのでまさに「自分と相手」という人間関係の王道とでもいえるような観点からそう思っているのでしょうし、12ハウス優位のワタシはまたちょっとそれとは違って「人の心の深淵に潜ってみたい」的なことでそう言ってるのかもしれませんが。それぞれの観点の違いや共通点を洗い出して行くのはとても刺激的でした。なんにせよ、ぶっちゃけ占いでなくてもいい、手段はなんであれ、人間に関わる仕事っておもしろいよね。という話が白熱した楽しい時間でありましたよ。

2014-05-09-sunrise.jpg

今朝の朝焼けを見ながら、ぼんやりしていました。
明け方にひさびさ見た夢は、そのまんま遠くの現実を見ているように、ものすごくリアルだった。昔の人は「憧る(あくがる)」=強く何かを思うと心が体から遊離する、と言ったそうなのだけれど、ときどき自分は寝ている間に自分で知らないうちにあちこち訪ねて行ってるな〜〜〜…という気がしますwww

そういえば、12ハウスの太陽について、天音なおみ姐さんが書いてらっしゃいました。うっとりするような素敵な文ですのでぜひ! ⇒★ 

そうなんですよね。日の出前の太陽は1ハウスでオレオレ気分満載なのに、なんで日の出後の太陽は12ハウスなんだろう?と、ワタシも長年疑問???でした。東洋でも明け方に生まれるということはすなわちだいたい「卯」の刻生まれで、「卯」というのは増える栄える象徴だし、おめでたい意味があると言われてるのです。しかしなぁ、12ハウスは非現実のハウスだ。でもね、確かに…でも朝焼け見てると、確かにこれはこの世のものじゃない、という感じはしますね。陽がのぼる、日が沈むときの境となるあの神々しい瞬間って。

さて。きょうもがんばろう。
みなさまもどうぞ良い1日を!
関連記事
2014/05/09(金)
西洋占星術

2014年3月8日 春の月

2014-03-08-moon.jpg

きのうの午後は、突如として猛烈なにわか雪だし、もう3月だというのに、いったいどこまでこの寒さは続くんだろう…とおもっていたけど、きょうは少し暖かかった。
夜の気配は、やっぱりもう春の匂いがする。薄い雲に覆われて、夜空にぼんやり浮かぶ月を見て思い出しました。

関連記事
2014/03/08(土)
日々のつれづれ

Page Top↑
▲ Page Top