THE FOOL

※ 9/16(火)13:00 お店日記更新しました ⇒★

2014-09-06-yamaboushi.jpg

2014年9月16日(火)12:00〜17:00
中野ブロードウェイ4F 占いのお店 中野トナカイ在席です。
⇒★

まるっと空いてます。お気軽にお立ち寄り下さい。
※ 当日お問合せ 03-3387-4355

2014-09-15-innerchildcard.jpg

きょうは丸一日休みになったので、できればどっか非日常的な遠くに行きたいな〜と企んでいたんですが、なにせ世の中は連休中だし、どうもお天気もイマイチだし…とおもっているあいだに、なんやらかんやらと飛び込んでくる作業や用事をしていたら、あっというまに午後になってしまった。。。これだけだと、あまりにも、あんまりにも…なので、甘夏弦さんのインナーチャイルドカードのセッションを受けてきました☆

今回のラインナップはこんなかんじ。(撮影用にてけとーに並べ直させてもらってます)

下段左 → いまのわたし(問題の現状)
上段中央 → 必要なこと
下段右 → この先に予想される展開
いちばん右 → アドバイスカード(あってる?)

ほえええーーー。いまのわたし。
高い塔の中で外が見えないような壁に囲まれた部屋で、ひとりあそびでトライアングルを鳴らしてみたら、外から鳥がやってきた。自由な鳥。外からお花を持って来てくれた。しかーし、私は少女だけに感情移入するわけでもなく、同時に鳥でもある。塔の中に閉じこもった人に、外から花を届けにいく自由な鳥でもある。(ちなみにこのカードはソード3にあたるそうです。ぎゃー。ソードは私の定番スートだぜぃ。ソード=思考)

必要なもの。世界を掌握するような具体的な安定したチカラ。自給自足。そのまんまでぜんぶ足りてるような。生きたいところに自由に行けて、なにも不自由しない。(ペンタのキングだった!ほえええーーー。そんな力が欲しい!)

未来。これ、不思議なカードですね。楽しそうだ。わくわくする。何が起こるかまったく見当もつかない。ちょっと不安定だけど、若々しさと好奇心と楽しさが満ちている。意外と…未来はまだまだなにがおこるか見当もつかなくて、なんだか結構たのしそうぢゃん♪(それもそのはず、このカードはカップのペイジなんだってさ♪)

アドバイスカード。以前に伺ったときも、確かこれがでたんだよね。⇒★
あかずきんちゃんのカード。
つまりこれは、THE FOOL ふっふふ〜る♪♪♪

ここんとこ、誰に聞いても自分でひいても「なるようになります。あれこれ考えるだけ無駄」と言われる、出てきます。FOOL愚者がでるって、まさにそういう感じですね。んーーー。どんな風が吹いてくるのか、どんな波がやってくるのか、皆目見当もつきませんが、まずは粛々と目の前の方としっかり向き合ってまいりまする。

ここのところ、7-8ハウスが強力なみなさんのご来訪が続いています。「わたし」ってなんだろう?というご質問をたくさん頂きます。「わたし」ひとりでいても、「わたし」のことはわからないよね、というお話をいろいろしています。

生々流転。らいかろーりんぐすとーん。いつまでも変わらないものってない。なんでも、あんまり後生大事に過去の思い出や幻想にしがみついてもしかたないとおもうのですよ。明日はどんな風が吹くかな。おまちしております。
関連記事
2014/09/15(月)
タロットカード

個展『蒼き鳥 ∞ 色彩の羽音』

会期残りがあと僅かと迫ってからのレポで大変恐縮なのですが…
HESOMOGEさん=川口忠彦さんの個展にお邪魔して参りました!

個展『蒼き鳥 ∞ 色彩の羽音』
http://hesomoge.com/2555
※ 会場・時間などはリンク先のいちばん下に詳しいご案内が載っています。開催は9/2(火)まで!

2014-08-30-hesomoge-01.jpg
会場でぱちり。わーい♪

後ろにちらりと見える青が効いてる絵は、新作ですね。春先にこのお葉書を頂いたとき、冷たい空気の中からふわーーーっと春が届いたようで、とっても嬉しかったことが思い出されます。⇒★

2014-08-30-hesomoge-02.jpg

第二版となるタロット。やや青みが強いトーンが印象的だった第一版より、第二版は黄色やピンクのパンチが効いて、全体的に色がくっきりと鮮明になっています。(個人的には、美しい幻想の世界から、よりこの世に近づいて来たような印象を受ける色合いです)

写真は、在廊されていた三上さんに占って頂いたスプレッドそのまんまです♪(三上さんの在廊日を狙ってお邪魔しました^^)

どどーん。やっぱり最後は「愚者」なのでした。ええ。これでいいのだ。糸の切れた凧のように生きて行きますともっ。私の部屋には、この「愚者」の大判プリントが飾ってあります。前回の個展の際に購入しました!⇒★

2014-08-30-hesomoge-03.jpg

今回はやや小さめのB5版での展示ということで、全体にぎゅっと凝縮された世界が味わえます。今回はどれを購入しようかなぁ…とお悩み中です。楽しい悩みです。はい♪

2014-08-31-moon.jpg

「今の私は『月』が欲しいんだよね!」と言ったら、プロのみなさんに「たまき、だいじょぶか?!」とやんわり止められたりもしたんですが、、、いいよね。いいとおもうっ。きりっ。
※ 写真は手元の旧版タロットの「月」です。

第二版はすでにAmazonでも販売されています!
もちろん個展にお邪魔すればその場で直接購入もできますし、実際に手に取ってみることも出来ます。
第二版は、前版よりさらに紙質いいように感じられます。(同じなのかな?)さらに特筆すべきは裏面の豪華な柄で、シャッフルしてるときに鳥が飛び回るので、これだけでもう気分が上がりますよ☆


【美麗なイラストレーション】青い鳥のタロット HESOMOGE Production

ちらっとこぼれ話。

以前からお話ししてますように、川口さんと私は、全く同じ生年月日の生まれでございます。不思議ですね〜。
さすがに生まれ時間は違うようなので、ハウスは違うけど、天体配置はほぼ同じです。

で、川口さんとワタシのネイタルチャートには「牡牛月□水瓶火星」のぴたぴたタイトなスクエアがあるんですが、ここに対して、この8月はご丁寧にもこちらもぴたぴたタイトなオーブで蠍火星土星がTスクエアとなって、がつんと絞めつけて来ておりまして、このまえの水瓶満月のときにはご丁寧にも派手派手なグランドクロスができたりしたもんです。(柔軟宮過多チャートにとっては、心底うんざりする重たさ。あー重たいっ…orz)

自分では、いちおう自分であらかじめ観てあったのと、もともと夏が苦手なワタクシは、このハードアスペクトざんまいを見越して、この8月はゆる〜くあまり働かないで暮らそう、と予定を組んであちこち遊びに行っておりました^^;;;

が、そのあいだも川口さんは8月中ずーーーーっと長期の個展を開催されて大車輪のお忙しさだったわけで、このハードな星回りの時期に、ちゃんと大仕事を成し遂げてらっしゃることに、ひたすら感服するばかりです。ご本人にその旨お伝えしたところ、「そうなんですか?お店の都合でこの時期になったんですよ〜」と、さらっとおっしゃってましたけど、いやーーー、すごいことだ。運や巡り合わせってホントに凄いね!
関連記事
2014/08/31(日)
タロットカード

インナーチャイルドカードセッションを受けて来たよ☆

甘夏弦(あまなつつる)さんの、インナーチャイルドカードセッションを受けてきました。

インナーチャイルドカード、初めて実物を見ましたがサイズが大きいのですね!絵はがきくらいのビッグサイズにびっくり! 溢れるような色彩で、怖くない、どこか懐かしいような親しみやすい世界がいろいろと描き出されています。

今回のテーマは「スピード命、鮮度命!」の私がなぜかどうしてもすらすらと進められずに困っている案件についてのお悩みです。甘夏さんのガイドに従って3枚引き☆
どどどんっ!

2014-04-14-ic-01.jpg

ワンド… しかし9かよぉ〜〜〜 うわーーーん。
あーんど、また9か! ソード(剣)ですかっ…orz

(いいかげんソードには飽き飽きでございまする。ソードは思考です。論理。特にソードの数が増えてくると、それは考え過ぎだろ!ってことな〜〜〜)

と、頭を抱える私を知って知らずか、甘夏さんは淡々と次のステップへどガイドしてくれます。この3枚のカードから受ける印象をストーリーとして語りました。もやもやと感じていただけのことを改めて言葉にしてみることで、おお!私は本当はそう思っていたのか!とか、なるほどそうだったのか!といういろんな発見がありました。

こういうタイプのセッションは、聞き手の器の大きさと技量がなにより大事だと思います。甘夏さんは話のディテールまでしっかり聞いてくれていながら、何が出て来ても大丈夫、という構えが伝わってくるので、安心してお腹の中の本音の部分までストーリーとして語ることができました。

ん?ストーリーの内容ですか?

ワンドの9 ⇒ ワンドで囲われているテリトリーより外の世界に出たいけど、足下についてくるウサギちゃんが気になるし、自分がまだ至らないので、おいそれと遠くまでは行かれないのですよ。ひらひら飛べるカラフルな蝶たちは私の仲間。でも、私は蝶と人間のハイブリッドだから重たいからだがあって、蝶たちといっしょに飛んでいくわけにはいかないのだ。

ソードの9 ⇒ 檻に立てこもっているのは一面は自分でもあるけど、自分はその外をぐるぐる回ってるドラゴンでもある。周囲が見えなくなって、ひとり立てこもってる人たちの檻を破るのは私の仕事でもあるから。

ペンタの7 ⇒ 外には雪が降り積もって寒い寒い真冬。春に向けて準備したりお祈りしたりする。時は未だ来ない。

アドバイスカードはこれ。どん。

2014-04-14-ic-02.jpg

「わお〜!無人島に流れ着いてもなにがあっても、私は自分の能力で生き残れそうですね!いえ〜い♪」と明るく宣言してから、はたと気がついた。。。どどーーん。。。 こ、これはなんと、ソードの5ではないか! 5は主張。ソードは理性や知性。尖った言葉や正しさを主張することで周囲をを傷つける、と一般的には読まれるカードです。

そうなんだよ。それは私の得意技、必殺技なのですよ。子供の頃から、さんざん人の弱点を暴いて突っ込んどいて「え?それなんか間違ってる?傷ついた?だって全部ホントのことじゃん!」と、傷口に塩を塗りこんでとどめを刺すナチュラルボーン毒舌なのです。これをナチュラルに振りかざすと社会生活に支障をきたすのは大人になる過程でよくよくわかっていて、ふだんはみしっと封印しているのです。(あ。仕事ではちょっとだけ使います。ちょっとだけよ…ははは)

しかしながら、あまりに私にはソード(5とか8とかクイーンとか)がしょっちゅう出てくるので、そのたびにいつも、いっそ本格的に毒舌キャラに鞍替えしたほうがいいんじゃないかと本気で悩みます。でもなぁ…毒舌市場ではオネエさんたちにはとてもかなわないしなぁ… マジで悩むわ。。。

んなかんじですね。とめどもなく話が湧いてくるので、みっちり30分近く簡単に経過してしまいました。はい。どうして目の前のやるべき課題に自分がすんなりのれないか、よくよくわかったので納得しました。はあ…粛々とやるしかない、ということですね。はい。ありがとうございます。(棒読み…www)すると、

「小アルカナばかりですから、ご自身の中ではそんなにおっしゃるほど大きなテーマではない、ということではないでしょうか?」

と、甘夏さんが図星の読みをズバリと。
はいつ。おっしゃるとおりです。どんなカードが出ようとも関係ないのです。やるといったら、とにかくやるしかないのです。ぜんぶお見通しでしたね。スミマセン。。。

ここで残り時間が数分あるとのことだったので、特別に頼み込んでおまけの1枚引きをさせて頂きました。
あるテーマを、黙って思い浮かべて引きました。
ぎょぎょぎょぎょっ。。。

2014-04-14-ic-03.jpg

こ、これは… 「ラプンツェル」というのは、もしかして「塔」のことでしょうか???
うむむ。。。言葉が無い。ただただうなりました。 さらにアドバイスカードは「愚者」に相当する「あかずきんちゃん」だったそうです。

「これはずいぶん大きなテーマみたいですね」と、甘夏さんがにっこり。「は、はい。。。これはまたもうちょっとうまく説明できるようになったら相談に来ます。。。はははは。。。」と焦りまくるワタクシでありました。(ぎえーーー。最後の残り5分になって、ようやく本題を相談するお客さんになりそな瀬戸際だった…あぶないあぶない…)


インターチャイルドカード、自分の中身と向かい合いながら、自分の言葉で喋るところがだいじなだいじなキモだなぁ〜〜〜と痛感しました。ときにはこうやって内省する作業も必要ですよね。
甘夏さん、ありがとうございました m(_ _)m

※ インナーチャイルドセッションは、ただいまモニターメニューとして運用中とのこと。
次回は4月28日。5月の予定も出ていると思うので、詳しくは甘夏さんに直接お問い合わせ下さいね! ⇒★


関連記事
2014/04/16(水)
タロットカード

虹に願いを☆トリプルレインボーミサンガの巻

なんだか5月とはおもえないような涼しい寒い日ですが、みなさまいかがお過ごしですか?

20130428-01.jpg

ゴールデンウィーク、なにそれ?食えるの?状態な自営業、レインボープロジェクトメンバーの3名、それぞれの忙しい時間の合間をぬって、レインボー集会!

ひとしきりお茶飲み話に花が咲き、かななさんがこう言った。

「ねーねー。たまきちゃんがつけてたミサンガって、どこで作ってもらえるの?足につけてもらうこともできるかな?」おおお。そういえば、ちょうど麻里さん、いまごろ原宿のお店にいらっしゃるんじゃないかな???そのまま電話で予約して、まっしぐらに原宿にGO!!!

20130428-kanana-03.jpg

まずは音叉の響きでチャクラをチェック☆

20130428-03.jpg

麻里さんの細くて長い指がしなやかに動いて、お勧めの石を次々に取り出して、ナビゲートしてくれます。

20130428-kanana-01.jpg

タロットでも状況チェックするんですよ。かななさんのカードは「太陽・正義・女帝」ですね。清く正しく美しく♪だな~。正々堂々と、お天道様の光をあびて正直にまっすぐ進んでね~。楽しく豊かで嬉しいね~♪

20130428-kanana-02.jpg

明るいピンクの糸に、ポップな可愛らしい色の石が並びます。パーソナルカラー、スプリングタイプのかななさんらしい!

20130428-tomomin-02.jpg

こちらはともみんさん@辰巳天中殺真っ最中!のカード。「月・法皇・女帝」ですね。迷いや不安もありそうですが、人から頼られる治療者のお仕事をがんばってるかんじが伝わってきます。

20130428-tomomin-01.jpg

きっぱりと意志の強そうなパワフルな石が並びます。パーソナルカラー、オータムタイプのともみんさんらしい!

20130428-tamaki-02.jpg

これはワタクシの分。「運命の輪・愚者・節制」ですね。

あーーー。まさに思い当たることがありました。(ひみつだ)時は来たのだ。さっくり捨てるとこは捨てて、なにごともなかったように、また淡々と生きるのだ。はっはっは♪

20130428-tamaki-01.jpg

仕上がりは爽やかシャーベットカラーです。まさにサマータイプのパーソナルカラーにぴったりじゃ☆

20130428-02.jpg

じゃじゃ~~~ん。3人合わせるとこんなかんじ。

2013-04-29.jpg

現在の私の手についてるのはこんなかんじ。ガチミサンガ、ワタシはたぶんこれで4本目です。それぞれに、思い出深いエピソードがいろいろあるよ。

去年のGWに初めて結んでもらったときは、紺色の糸で、青いサファイヤがたくさんついてました。
「はじめて開催する講座やWSが実り多いものになる!」という願いをかけたんでしたよ。

その後のミサンガも、それぞれに思い出深いですね~~~。さてさて。今回はどうなることやら。たのしみです!


※ ミサンガ製作は、岩田麻里さんまでお問合せ下さい。
中野トナカイと、原宿アクアリーとでは、料金体系が違います。出演日など詳しいこともまりさんまで! ⇒★


関連記事
2013/05/01(水)
タロットカード

【再】『 蒼き鳥たちの祝祭 』川口忠彦 HESOMOGE タロット寓意画展

蒼い鳥タロット、シャッフルするのがとても楽しいです。まぜまぜすると蒼い鳥が飛び回るんですね。これいいね。

「蒼い鳥タロット」

恵比寿の広重ギャラリーで開催されている 『 蒼き鳥たちの祝祭 』川口忠彦 HESOMOGE タロット寓意画展 いよいよ明日(12/2)まで! ⇒★

ということで、仕事の合間をするする〜〜っと抜け出して、ワタクシ、再度お邪魔して参りました。

『蒼き鳥たちの祝祭』

じゃじゃじゃじゃ〜〜〜ん♪ へそもげさん&三上牧先生の貴重なツーショット画像!お二人のコラボから生まれた素晴らしい作品見せて下さって、本当にありがとうございました。

『蒼き鳥たちの祝祭』

結構早めの時間帯に行ったのですが、すでに会場はきょうもイイカンジに混み合っていました。

『蒼き鳥たちの祝祭』

大行列で大人気のタロット占いコーナーにて、三上牧先生を激写っ! むふふ♪

三上牧先生のパーソナルカラーはサマータイプ。蒼い鳥カラーに合わせたシックなブルーのコーディネートがとてもよくお似合いですね☆

『蒼き鳥たちの祝祭』

さらに、タロットブースに忍び込んで、ツーショット写真をおねだりしてみましたワタクシっ!むっふっふ。嬉し恥ずかし楽しい〜♪

『蒼き鳥たちの祝祭』

さらに! こちらの1枚をオーダーしました。嬉しい〜♪ 迷いに迷ったけど、やっぱり私は「おばかさん」ってことで、まついなつき先生が私につけてくれたキャッチフレーズだって、「女JOKER」だもんね〜。

そう。どこにも属さず、旅立っていく「愚者」にしました。このへそもげ愚者が、これまた、カッコいい愚者なんですわ♪

すべてのカードを描き終わって、もう一回描き直したのが、この愚者だそうです。(うお〜。なんて萌えるエピソードだ!)ひとつ完成して、また新しい旅が始まる、のですね。


恵比寿の広重ギャラリーで開催されている
『 蒼き鳥たちの祝祭 』川口忠彦 HESOMOGE タロット寓意画展
いよいよ明日(12/2)まで! ⇒★

ワタクシ、こないだから新しい部屋に住み始めておりまして、最低限のモノだけしか置いてない環境におります。
で、あの部屋用の最初の贅沢品☆は、この絵になりました。

人生はいつまでもずーっと旅。次の旅はどんな旅になるだろう?この絵を見るたび、いつもそう思い返すことになるでしょう。このまま、一生いつまでも旅をしていくのであろう。ふふふ^^
関連記事
2012/12/01(土)
タロットカード

Page Top↑
▲ Page Top