更新してない理由。

IMGP9101.jpg

ここのところぜんぜん更新してないのは、ブログをいよいよ引越しようとしてる、ということもありますが、個人的にいま超絶インプットモードにて、珍しくぜんぜん書く気になれない、というのがいちばんの理由です。

といってもこのブログ、いちおうお仕事としてやっておりますので、そんな風に自分の気分次第で書かなくなるのはよろしくなくってよ!甘えてんじゃないわよ!びしばし!というのもまた事実。(いや、いちおう引越し作業はしている。死ぬほど単純作業はしてる。許せ!)

ごく冷静になって、セールス的に考えたら、来週もその先もご予約はぜんぜんないし、11日(日)と、13日(火)の講座もまだお席がありますし(お気軽にどうぞ。ご連絡お待ちしております☆)、もうちょっと読者フレンドリーな記事書いたほうがよろしいのでは〜?ということは常々思っちゃーいるし、事実これまではそれなりに(これでもね…)努力はしてきたわけなんですが、よくよく考えたら、そんな風にエナジー溢れるハイテンションな人って、そこらへんにいたらなんか気持ち悪いし場所とって嫌じゃね…(爆 とかおもう今日この頃だったりします。


「野の医者は笑う: 心の治療とは何か?」東畑 開人

ということで、この本を読んだ。ひさしぶりに2000円払ってもぜんぜん惜しくなかった!おもしろい!もう一回、もう一回読もう!というおもしろいサイコーの本に出会いました。いやーーー。おもしろい。こういうの読んじゃうと、もう自分ではなにも書く気になれない。かなわん。無理。いつまでも読む側でいるほうがいいや…(笑

京都大学の博士課程まで出てるばりばりのアカデミシャン臨床心理士が、沖縄のスピリチュアルヒーラー、異端治療(トンデモ、ともいう)と言われそうなクリニック、ありとあらゆるヒーリング、占い、民間治療的なものを体験しながら「心の治療」とは何か、を探りまくる記録です。

ちゃんとしたレビューは、新しいブログが整ったら、そこで改めてきちんと書きます。約束する☆

2015/10/05(月)
ブックレビュー

改訂版・しあわせ占星術(まついなつき)発売!

321409000127.jpg

「未来が知りたきゃ、これを読め! 伝説の占い本!」
改訂版・しあわせ占星術

まついなつき店長の著作『しあわせ占星術』が、15年ぶり(?!)さらにグレードアップした改訂版として出版されました。

2015-07-27-0813.jpg

以前のバージョンをお持ちの方も多いと思いますが、今回はなーんと、書き下ろしが60ページ追加ですって。ハウスの解説が追加されてます!必見☆



アマゾンだったら、通常の書籍としてだけでなくKindle版もあって便利です。
が! 今回わたしはKADOKAWAサイトから購入しました。なぜならー、購入者特典があるから!

321409000127.jpg

「購入者には【数量限定】特製シールをプレゼント!さらに、抽選で5名の方のホロスコープを読み解いちゃう!!」
http://store.kadokawa.co.jp/sp/shiawase/

ということで、ここはやっぱりシールがほしいじゃありませんか!(抽選5名には、ぜひ初めて占星術の鑑定を体験する人に、まつい店長の占いを堪能していただければと願います♪)

まだ届いてないんですけど、届いたら自慢しちゃお〜っと。

ということで、「興味はあるけど占星術は難しそう」「生まれた日の太陽星座占いからもう一歩進んだことを知りたい」「プロですけど基本がやっぱりだいじよね」「復習復習また復習!」といったいろんなニーズに応えてくれる素晴らしい教科書であること間違いなしです!

これから一歩を踏み出すみなさまにも、ぜひ西洋占星術の豊かなイメージとその鋭い的中率、いっしょに楽しむためのガイドにしていただければなーと思います☆
2015/07/27(月)
ブックレビュー

母がしんどい。母が重くてたまらない。

最初の頃、律儀に続けてた「トナカイ出勤日・今日の1枚」を復活させることにしました。(あとから振り返ってみると、意外にちゃんと記録になってたのだなーとおもいまして。またサボるようになったら、叱咤激励お願いしますっ)

ということで、ひさびさの「きょうの1枚」。せっかくなので景気いいカード来い来い!と心のどこかに欲があったのだろうか… どん。

2014-10-28-swd5.jpg

あらまー。ソードの5でした。
※ このデッキはHanson-Roberts tarot deck ⇒★

2014-10-28-radiant.jpg

よりライダー版ぽい絵柄だとこんな感じです。ソードは言葉、理念。5は外に向かって広がる、主張する。ということで、ソードの5は、一般的には「言いたいことずけずけ言って、周りを傷つけてもへっちゃら/またはそういう出来事に傷つけられる体験をする」と読むことが多いです。なんにせよ「わかるわかる」といった共感性とは正反対で、すぱすぱすぱっと何でもドライに切り捨てるイメージです。

うーん…ここで、考えた。きょうは何らかの理由で深く傷ついてる方々がお見えになるのかな。はたまた、私がずけずけと遠慮なく容赦なく厳しい読みをしてお客様が傷ついてるところを、さらに追い打ちかけるように「え?なにかワタシ間違ったこと言った?だって、全部ホントのことでしょ?」と傷口に塩を塗りこむようなことするのかな。(そういうやり方は、実は私の得意技であり必殺技でもあるので…)とか。いろいろ想像したのです。

果たして、実際にはどうだったと思われます?

なんと、3人のお客様が連続して「実の母が私を強烈にコントロールし続けている。何でも母の言いなりにさせられ続けて苦しい」といった趣旨のご相談でした。(年代もそれぞれ違うし、状況もそれぞれではありますが、要約するとだいたいそういう点が共通していました)

「母がしんどい」「母が重くてたまらない」といったタイトルの書籍があって、近年こうしたテーマが話題になっていることご存知の方も多いと思います。私自身、このテーマは実際の体験者なので、思うところが大いにあります。お三方の悩みも、苦しみも、完全にわかることはできないけれど、みなさんの置かれた状況の苦しさは大いに想像がつきました。

いちおう有名な売れ筋書籍をご紹介しておきます。(とはいえ、私自身はこれらを読んでいません。読まなくても…だいたいなにが語られていて、なにが多くの人の苦しみの元になっているか想像がつくから。読んだら自分が苦しくなることが容易に想像できるから…)


母が重くてたまらない―墓守娘の嘆き


母がしんどい


毒になる親 一生苦しむ子供


とにかく、罪悪感なんて感じる必要ないから、自分がコントロールされていると気がついたなら、なんとか全力で逃げきってほしい。母は母の人生を自分で生きなければならないし、あなたにはあなたの人生がある。母に依存されて、寄生される人生にNOを言う。「愛」という名の支配を振りほどいて、ご自身の力で、この先のご自身の人生を切り開いて、踏み出してほしい。あなたのことを正当に評価して、きちんと受け止めて、大切に尊重してくれる人たちに巡り会って、幸せになってほしい。心の底からそう願い、応援しています。

というわけで、「子供への愛という名の下での母の支配」とは非常に微妙なテーマです。母サイドの方からは非常にヒステリックな反応を呼び起こすことも多いので、これまであまり発言しないようにしてきました。でもちょうど良い機会なので、私自身の体験と意見を書いてみます。人によっては非常に不快に思われるであろうことも多々書きますので、このようなテーマがあまりお好みでない方は、以下お読みにならないことをお勧めいたします。(きょうは笑いもひねりもありません。くどくどと直球ストレートで書きますのでご了承下さい)

以下つづく。

2014/10/28(火)
ブックレビュー

No such thing as true love



映画『マレフィセント』感想(ネタバレ有)

2014/08/18(月)
ブックレビュー

ありのままで?

P6170040.jpg

新しいお知らせをいくつかUPしております。これからますます暑い時期を迎えますが、いっしょにアツクルシクベンキョーしてくださるお仲間募集中です。ぜひお気軽にお問い合わせ、ご参加下さいませ。お待ちしております。

7/29(火)東洋読み手順基礎編 ⇒★
8/12(火)「大運」入門編 ⇒★

8/7(木)阿佐ヶ谷七夕祭りイベント
当日のご予約受付時間は、14:00〜19:30 ⇒★

P6180131.jpg

きょうのおまけ。遅ればせながら「アナ雪」を観たレビューとかヨタバナシをいろいろ書きました。(まともに推敲してちゃんと書く時間がほし〜〜〜〜!)
2014/07/19(土)
ブックレビュー

Page Top↑
▲ Page Top