ルノルマンカード/Lenormand card

プロの方、占い好きの方なら「ルノルマンカード」の名前くらいは聞いたことあったり、すでにご存知かと思います。

ルノルマンとは、フランスの18世紀後半から19世紀(フランス革命からナポレオン時代)パリで活躍した女性占い師の名です。非常に腕のいい占い師で、あまたの著名人、ナポレオン妃であったジョセフィーヌまでがその顧客だったという逸話があります。もっともこうした話の常として、これがどこまで本当かはわからないようですが、その伝説の占い師ルノルマンの名を冠したのがこのルノルマンカードというわけです。(実際のところ、このカードの原本・原案が見つかったのはご本人が亡くなったあとらしく、ルノルマン自身がこのカードで占っていたかどうかは怪しいみたいです)



そんなルノルマンカード、日本ではあまり普及しておりませんし、知名度もいまひとつだと思いますが、モノ好きな私はだいぶ前にこのデッキを買いました。とはいえ、付属の説明書だけではいまひとつぴんとこなかったことと、なによりカードの絵柄よりも、大きくプリントされた詩文が気になってなんだか馴染めずに、そのままどこか行方不明になっております。(絵柄はこちらのサイトがわかりやすい ⇒★

そんなわけで、ルノルマンカードにはあんまり良いイメージがなかったのですが、最近になって、鏡リュウジさんがルノルマンカードの入門書を出版したというので、興味津々購入してみました。


秘密のルノルマン・オラクル (鏡リュウジ)

カード+冊子のセットです。この冊子は非常にわかりやすく、親しみが持てる書き方になっています。
2014/11/17(月)
ルノルマンカード

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top