火と地

先日の火曜トナカイ、ミズマチユミコ先生がお立寄くださいました。固定宮クイーンのミズマチ先生を、maruさんと私の柔軟宮コンビがみちみちと拝見させて頂きましたよっ☆ さっそくレポ頂きました。
ありがとうございます m(_ _)m

『柔軟宮にやわらかくしてもらう鑑定』 ⇒★

ミズマチ先生は、西洋占星術で言えば「地」と「火」で構成されてます。(先日の八雲あかねさんも同じタイプですね。水っぽいのが苦手〜!とお二人ともおっしゃる)

「地」の性質は、目の前の現実を重視して物質的な安定性を求めるけど、「火」にとっては、いまここではないどこか!への憧れとかロマンとか生きてる充実感がなにより大切。ということで、なかなか両立しないエレメントなわけです。ユング的な四分類に当てはめると、「地」は感覚、「火」は直観とも言われます。

火と地の葛藤をはたからみてると「安定して稼げるって凄いことじゃない?!え?でもおもしろくないとイヤなの?んーーー。欲張りさんだなぁ〜。それを両立させるのはかなりの難題だのぉ…」なーんって外野としては感じます。
ちょっと引用してみましょうか。


占星学 新版 (リズ・グリーン)



+++ +++ +++ +++

相手の頭が余りに混乱していて非現実的だとか(火)、考え方が狭すぎて週間に縛られている(地)と非難するなど 〜中略〜 地はいつも火の後始末をさせられてるように感じる傾向にあり、火は自分にとっては些細でどうでもいいようなことで地からうるさくいわれ、非難されているように思いがちである。〜中略〜 地は将来、安定する為の保障を求めるのに対し、火は人生を安定したところなどないギャンブルのようにとらえており、生きる上での本当の喜びは、創造的にその変化に沿って進んでゆくものだと考える。

+++ +++ +++ +++

ふむふむ。知覚の仕方がぜんぜん違うベクトルなんですね。目の前のものをきっちりと正確に感知する感覚と、遠くのものをぱっとつかみとるように全体的に感知する直観は両立しない、とも言われます。

といっても、火と地を「ドライ」、水と風を「モイスト」と分類する考え方もありまして、そこでは「火」と「地」は乾いて他とは区別されて独立したがる、という意味で同じ仲間にもなったりします。水とか風は、感情とか情報を他者とまぜまぜして交換したがる、ということなんでしょうかしらね、たぶん。(水と風の対立の話は、これだけで延々と書けるからきょうは省略っ)

で、面白さを取るか、着実さを取るかと、究極の選択をするよりも、おもしろくて(火)、着実に儲かったら(地)そのほうがずっといいですよね。たぶんそれは、あんまり人から共感されたり理解されたりすることのない独立独歩の道(ドライな性質だからさ)なのでしょうけど、いいじゃないか。それはとてもカッコいい♪
2014/07/04(金)
西洋占星術

拝啓、カニ子さま

P6180076.jpg

蟹座木星シーズンもそろそろフィナーレですね。
いかがお過ごしでしたか?

昨年春頃から私は、蟹木星シーズンに向けてわざとカニカニしいことにチャレンジしよう、と決めておりました。さいしょから意図していた訳ではなかったけれど、ちょうど和太鼓関連で「仲間だね♪」「家族みたい♪」的なご縁がたくさんできて、それはそれはカニカニしい1年となりました。お仕事としては、「この1年、カニ関係の方がたくさんいらして、いろんなカニカニしいできごとがありました。。。」と、蟹座クイーンのまつい店長に先日お話ししたところでございます。

蟹は水のサインで活動宮。周囲に共感を求めて、自分のテリトリーの中を活発に動き回る。基本的には固い甲羅に覆われて用心深く防御的ではあるけれど、立派なハサミも持っているので、ひとたび敵を見つけたらものすごくアグレッシブなところもある、とおもいます。

きのうおいで下さった方のおひとりは、やはりカニ子さんで、司禄星をたくさんお持ちの方でした。すこしはにかみながら「自分がつい押し付けがましくなりがちで、それが迷惑になることもあると思うので、できるだけ控えめにするように心がけている」と静かにおっしゃっていました。なるほど。そこからもじわじわとにじみ出てくる豊かな感情を湛えたお姿は、とても愛らしく素敵な女性だとおもいました。

司禄とか禄存がたくさんある=命式の構造上、財気をいっぱいもってる、ということ。自分がコントロールしなきゃならない(もしくはしたくなっちゃう)対象がいっぱいある、ということ。それは単純に財産が多い(もしくはぜんぜんない)こともあるだろうし、財産ではなく愛情として出て来て、相手に尽くしたい、役に立ちたい=そんな私を愛して!的な形がtoo muchなくらいにでてくる、とおもわれます。

身近なパートナーやお子さんだけに愛情を注ぎまくって、よくいえば昔ながらの良妻賢母だったり、いわゆる「重い女」タイプになるか、ありあまる愛やサービス精神を広く世の中にアピールして人気者になったり、事業を切り盛りしてたくさんの財を築いたり。いろんな使い方がありますよね。なんにせよ、ご自分が抱えているtoo muchさに気がついて、それをどんな形でいかに昇華していくか、が分かれ目であるようにお見受けします。

おっと。脱線しました。話題はカニ子さんについて、ですね。蟹座優位のみなさまについて、山羊座天体をたくさんお持ちの地と火の女王様である八雲あかねさんが、記事をUPされていました。そうそう。わかるわかる!と首がもげるほど頷いたワタクシです。ぜひご覧になってみてくださいまし。愛情たっぷりの蟹アタックにたじたじしている山羊+獅子のあかねさんのお姿がありありと目に浮かぶようです。

星の万華鏡『愛したい愛されたい』 ⇒★

img_2.jpg

そういや、ゲーセンにあったカニカニパニック、難しかったよなぁ…
段差があって、真ん中にカニが隠れるゾーンがあるので超絶難しい。
私は平面的なワニワニパニックのほうを好んでプレイしたものです。

2014/07/03(木)
西洋占星術

2014/06/12 ただの日記

2014-06-12-hanashobu.jpg

昨夜の帰り道に見上げた空は、都心のど真ん中とは思えないくらい涼やかな空気で、ひさびさに星が見えるくらい澄んでいて、満月に近づきつつある月が煌煌と明るくみえました。おひさしぶり。

昨夜お目にかかった方は、ときどき定期検診みたいにお越し下さるのですが、以前に増してますますご自身らしい道を進まれているお話を伺って嬉しい限りでした。今年の年運と、今後数年の運気の流れと方向性についての作戦会議。拝見しているこちらもわくわくする建設的で楽しいタイプの鑑定となりました。

その方と同じ年でお誕生日が近い方々を何人か存じ上げているのですが、いわゆる知性とか決断力みたいな(男性的、と従来言われる)要素と、受容性とかやわらかな感情の部分(従来は女性的、と言われる)が、ぜんぜん違った特徴を示しているので、おひとりの中で両立するのがなかなか難しいチャートをお持ちです。(あちらをたてればこちらがたたずで、悶々ブラックホールに招かれやすい…)しかしながら、昨日の方は、もののみごとにあのチャートの難しさを逆手にとって、どちらもうまく活かしながら、生き生きと進んでいらっしゃるのがいつもとても印象的です。(実際には算命の要素も加味して、裏表から検証していますが、ばっちりどちらの答えも一致しました。よかった♪)将来めざすべきマダム像がはっきり浮かんできましたね。
ますますのご活躍を祈念しております!

2014-06-12-hanashobu-02.jpg

きょうは満月なんですね〜。正確に満月になるのは13時過ぎなので、今夜月が見えたらすでに欠けはじめてます。それも双子太陽×射手月ってことで、双子ー射手軸でございますね。(何度?23度?あー。多少オーブはありますが、ワタクシ今月も関係者なのか…orz)
とりあえず、いろいろ試したり理想を妄想したりして、可能性の幅を広げておくといいんじゃないでしょうか。
< toALL

となると、「広げる」というテーマつながりで楽しくて役に立つ記事があちこちでUPされてるのでご紹介。

「ゆる系ユウウツ」夏瀬杏子さん ⇒★

実にお見事な堂々たる拡大系(木星とか海王星とか)天体が個人天体にたくさん絡んでるチャートをお持ちの杏子さんのところに、トランジットの土星大先生がやってきたので、目下絶賛大しごき修業シーズンを満喫中、ということです。(土星=締め系。削る。減らす。鍵をかける。固める。現実化する)広大な拡大系イメージの海から、実際にはどんな形が生み出されてくるのか、修業を経ての今後が楽しみですね!

「モテるチカラ=下げるチカラ」藤井まほさん ⇒★

金星(受け取るチカラ)と、土星とのジレンマから考察される「金星=モテ、お金」のお話です。まほさんの金星土星はどちらもとっても目立つところにあるので、どちらもしっかり発揮されてると傍目には思うのですが、それはおそらくご自身にとっては大きな矛盾でなかなか扱いにお困りになることも多かったのだろうな〜〜〜と勝手に想像します。でもさ、なんでもすんなりストレートにわかりやすければいいってもんでもない。そういうジレンマやギャップから生まれる雰囲気に惹かれることがあるのもまた人間。矛盾の中から熟成された素晴らしいものがでてくることもしばしばです。生きてるって複雑ですね。いろんな趣味が世の中にはありますしね。おもしろいものです。☆

2014/06/13(金)
西洋占星術

独占しない/言葉が未来を創る

翡翠輝子先生が先日書いていらした「水瓶座のミッシングリンク」のお話 ⇒★ から発展して、水瓶的発想と11ハウス的な未来の形について考えていました。

(ワタクシにとっては、自分のネイタルチャートで水瓶火星が8-9ハウスの境界線上でドラゴンヘッドと合。さらに11ハウスに月がありますので、もともと水瓶的な発想や、11ハウス的理想とネットワークに関わるあれこれはただふつうに息をするようにあたりまえの前提で、実は盲点になっていたりするのでした…^^;;;)

すると、きのうネットに出回っていたこちらの記事に遭遇。

『 “コラーゲンブーム”をつくった男が明かした、言葉で現象を生み出す最もシンプルな方法』
http://logmi.jp/13810

なるほど〜。アメリカのスピーチ式にだいぶエンタメ的にもりもりと盛ってありそうだな、というワタクシの下衆な勘ぐりを差し引いても、とってもおもしろい。イイハナシではありませんか。こういうの好きです。

はじめて明太子を作った人のエピソードが紹介されています。独占しない。自由に共有することで文化が生まれる。この話からは、実に水瓶的な世界観の香りがします。

=== 引用開始 ===

一番最初に明太子を作った彼。特許も何も取らなかったんですよ。たくさんの人がレシピを教えて欲しいって色んなこと言ってきました。彼は惜しみなく教えたらしいんですね。まぁ、それは親戚大反対よね。「あんた、なんば言うとね!」って。これ、英語に翻訳するの難しいかもしれないけど。「特許取らんばい!? 何しとると!」。

彼は言ったそうです。「よかろうも。みんなが幸せになったら、よかろうも」。そう、その言葉が現象を作って、博多の文化となったんだって。そうか、文化というものは独占しないことなんだと。確かにそうだ、独占したもので文化になったものはない。文明はあるかもしれないけど。

=== 引用おわり ===


さらに、アメリカのレストランで豚足メニューを売り出したときのエピソードはもちろんですが、明太子を「魚の卵」という直訳英語でメニューに載せていたら「気持ち悪い」とアメリカ人のお客さんにクレームされたハナシ。そこから、”HAKATA Spicy Cavier” と言い換えたら、同じ明太子なのに大ヒットした!という話が印象深いです。

言葉が未来を作る。
だったら、よりよい未来を創造する言葉を使おうじゃないか。
言葉とイメージのマジックですね。
なんともえきさいてぃんぐでございます☆


ちなみに、この方は、ヒミ*オカジマさんとおっしゃるそうです。ご自身のブログにバースデータが記載されていました。

1970年8月18日 0時頃 ⇒★
午前0時生まれ…(福岡生まれかな〜〜〜。うむむ)

水瓶天体をお持ちなのでは?と予想したのですが、はずれ。残念っ。どうやら月は魚サインの最初のようです。(他にもいろいろと読み応えのあるチャートですが、ブログ記事3回分くらい書けそうなくらい盛りだくさんだったのでいまはむりぽ。チャート読める方はぜひご自分で読んでみてくださいまし。とても興味深いです。

2014/06/04(水)
西洋占星術

きょうの夕陽@皇居

2014-06-02-sunset-01.jpg

はっ! 夕陽発見!!!
たくさんの人が東京駅舎を撮ってるのに、ひとりで反対側を撮っていたのはワタクシですとも。

はっ! これはもしかして!
黙ってダッシュしました。

2014-06-02-sunset-02.jpg

皇居に沈む夕陽。
富士見櫓(というんだって)の隣にしずしずと沈んでいきます。
昔の人も同じ夕陽を見ていたのかな。

2014-06-02-sunset-03.jpg

すっかり沈んでしまうまえに。。。
そういえば、皇居はいわゆるレイライン上にあるんですよね?(だよね?)


*** *** ***

なんといいますか… 書く書く詐欺みたいになってる今日この頃。スミマセン。賭けません。欠けません。なにも書けません。珍しいよ。こんなにだれだれなのは… この脳の溶け具合はいったいなんなんだ… とおもっていたら、まつい店長が海王星について解説しているのを見て、はっ!と疑問融解!したのでした。(さらに溶けてどうする…)

○ 海王星の話(まついなつき店長)⇒★

海王星てのは、ぼんやりしてて境界がなくて、いるんだかいないんだかわかんなくて、すぐに忘却の彼方に去ってしまうのかいつもここにいるのかもわかんなくて、生きてるか死んでるかもわかんなくて… みたいなわけのわからんものだ。こんなやつが自分の個人天体にかかってたら、夢見るように、酔っぱらったまま生きてるようなものなのかもしれません。(とかぼかしてみる。曖昧さが海王星ぽい)

上記リンクの解説、基本的にはネイタルチャートについてだとおもいますが、トランジット読みにももちろん応用できますよね。もともと海王星が個人天体にアスペクトしていない人であっても、海王星???知らない。関係ないね〜ってはずはない。トランジットの海王星が、自分の個人天体にアスペクトしてくる時期は当然あるでしょうから。

(ということで、おまけ。自分のをちと検証してみた)


2014/06/02(月)
西洋占星術

Page Top↑
▲ Page Top