The 結婚線(3)

鍼灸師として本格的に仕事をして、4年目くらいの頃かな?ずーーーっと長いこと、ご無沙汰してた人に会いました。その人は、私の手を見て、こう言いました。

「うわあーーー!ずいぶんたくましい手になったな!別人みたいだ!頑張って働いてるんだな!細くて神経質そうだった昔の手とは大違いだ!」

あのときはびっくりしました。そんなことによく気がついたね! って。だって、そんなこと気づいた人は、他には私の母親くらいだったから。そう。確かに、若い頃に比べて、仕事してから私の手はずいぶん変わりました。
私の場合は、手を酷使しているから、よけいに変化が大きかったのでしょうね。でも、正確に言えば、人間が変わるときには、身体もいっしょに変わっているのです。特に形としてはっきり現れてわかりやすいパーツが、手なのかもしれません。

さて。昨日の続きです。

2010OCT/結婚線右手

左手に比べて、右手の結婚線ははっきりとした線でしたね。とても若い時代を表す位置に、くっきり1本。30歳前後を表す位置に、下向きの線が1本。(あまり乗り気じゃない…ってこと)年齢が進んでからくっきり1本。

こんなかんじ。そのままストレートに捉えるなら、「あなたの結婚チャンスはこの時期ね」ということになります。(もちろん実際には結婚線だけですべてがわかるわけではなく、生命線などほかの要素とも合わせて観ていきます)いちばん下と、真ん中のラインに関しては、だいたいそのとおりです。最後の1本に関しては、まだわかりませんです。未来はまだ形を為していない可能性。どんな芽を出して、どんな風に育てたいかをイメージしなきゃ。


ここまでのおさらい。私の結婚線は左手と右手で多少違いがありました。もの凄く大きく違うわけでもなかったですが、右手と左手の大きな線がぜーんぜん違う!という人もけっこうたくさんいらっしゃいます。こんな場合、どのように考えたらいいでしょうか?(左右の解釈については、こんどさらに掘り下げて考えます)

もし、私がマイナス思考の人だったら、きっと左手をまじまじと見て「ああ…私はこうやって下向いてしょんぼりと生きていくのね…(涙)」と言うでしょう。(ああなんてつまんない人生だ。やだやだ)

でも、私はノーテンキなので、右手のいちばん上の結婚線を見ながら、「くよくよしてたらいかん!頑張って生きてればいい出会いがあるのだ!」と言うのです。これだいじ。そんなもんです。意識は大事。自分がついつい引っ張られそうなパターンを修正してこそ「開運」がやってくるのだ。

とはいえ、左手のあの下向き結婚線は、相当感じ悪いのは確かです。あれ見ると、なーんかくらーいキモチになります。私は、あの下向き結婚線を、普通のしっかりしたラインに育てたいのです。なんたって私は手で仕事してる人間ですから。あーんな貧乏ったらしい線がある手で生きていくのはイヤだ。きっぱり。(ん?なんか結婚線の話からズレてる気がするけど…)というところで、「開運手相マッサージ」の出番です。

関連記事
2010/10/30(土)
手相

The 結婚線(2)

先日、さっそく友達がメールをくれました。「吉祥寺のサンロードにあるアロマテラピーのお店に、 ”開運ハンドマッサージ”ってメニューの案内が出てたよ!」って。おお。お知らせありがとう!なんと、来月からの新展開メニューらしいです。さっそく探してお邪魔してみようかな。

さて。では昨日の続きです。私の左手の結婚線の話でした。

2010OCT/結婚線左手

この結婚線を見た手相の先生は、くすくすっと笑うように、こうおっしゃいました。「あら~!お若い頃はずいぶんおモテになったことでしょうね」そして、そのままちょっと言葉を濁されました。その意味に気づいた私は、先に自分から答えを言って笑いを取りましたですよ。

では、答え合わせです。

下の方(感情線という大きな線に近い側)の結婚線は、若い頃の状況を示します。下の方の2本の線がくっきりしたラインなので、若い頃には元気な異性交遊(笑)があったと推測されます。(そうそう。結婚線の解釈は、異性と接触=結婚だった時代と現代では違うでしょうねー)

ところが、上の方の1本は細くて短くてなんとなく元気がない。おまけに下向きの長いラインに変身しようとしている。元気のない人がうなだれてますよね。あれを思い出してください。あんなかんじです。やる気が出ない。がっかりしてる。まさに下向きな感じ。

要するに、年齢が進んでからの私は、異性交遊には消極的な人になる(なった)と言えるんじゃないでしょうか?ってことが手相から読み取れるわけです。

あれまぁ…これが当たってるかどうか?ですって?わざわざ最初の例題に持ってきてるくらいですから、、、ねぇ。私だとこれは「やっぱりそうかー。バレバレ~!」とか笑ってネタにしますが、一般的には、これは結構がっかりする結果かもしれません。

そうだ!手ってもう1本あるじゃありませんか~。というわけで、おもむろに次は右手の同じ線を観てみましょう。

2010OCT/結婚線右手

これが私の右手の結婚線です。やはり3本あります。左手とは違って、こちらは3本ともぱっと観てはっきりわかるラインです。真ん中のラインは、いちばん長いけれども、下向きカーブで、よーーーく見ると、先が細い線で二股に分かれています。いちばん上と、いちばん下は、長くはないんだけど、くっきりして、まっすぐ元気で素直そうな線です。

さて。今度はすでにだいぶヒントが出ているので簡単ですよね。私の右手の結婚線から読み取れることは、どんな感じでしょう?

関連記事
2010/10/29(金)
手相

The 結婚線(1)

あれは33歳のときだったでしょうか。有名な手相家さんに観てもらったことがあります。そのとき言われました。「あなたは35歳で結婚する!」って。むむむ…なんだかピンと来ないな〜という気はしました。だってぜんぜんリアリティなかったから。結果的に、その予言は当たらなかったわけですけどね。

だけどね、思うんです。そこでもし私が「わぁ♪そうか2年後には結婚ね!」と喜んで、意識して、来るべき2年後に向けてそれなりの心構えや行動をとってたら、もしかして「占いは当たって2年後に結婚!」だったんじゃないかなーって。それはたぶん、占いが当たる当たらない、という次元の話ではないです。

そんなエピソードを最初にお話ししておきます。

先のことなんて、確実にはわかるはずもないわけで。でもちょっとだけ地図がよく見えることがあるよね。ラッキー!というようなキモチで私は占いに接してます。さて。というわけで、今回のお題は「結婚線」です。

2010OCT/結婚線左手

じゃん。これが私の左手の結婚線です。私は両手ともに結婚線が3本ずつあります。といっても、結婚線の数=結婚の回数というわけではありません。下の2本はくっきりと元気な線で、いちばん上の1本は細くて短くて、
先の方にある別の細い線とくっつきそうになっています。→ 既にくっついちゃって、下向きの細い線になっている、と考えてください。

さて。問題です。これにはどのような解釈ができるでしょうか?ちなみに、下の方が若い時代を表して、上に向かって年齢が上がる、と見ます。ちょっと考えてみてください。

下の方に薄い青い線で左向きの矢印みたいに書いてあるのは、「ユーモア線」という線だそうです。これ、私は両手にあります。その名の通り、よく喋って笑いが好きな人に出るらしいです。毒舌線…とも?!
さて。私の結婚線の答えは次回にいたしましょうか。




関連記事
2010/10/28(木)
手相

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top