パートナー線

ときどき身体メンテナンスのために、いろんな友達が訪ねてきます。あ、申し遅れてますが、ワタクシは開業鍼灸師でございます)先日やって来た彼女は、基本的な手相の知識がありました。「ねぇねぇ。こんど手相やるんだって?!見てよ~!」あらま。ブログ見てたのね。恥ずかしながらありがとう。そんなわけで、メインの施術が終わってから、彼女の手を肴にふたりでやんやと手相談義を楽しみました♪

彼女の手は、すんなりと形よく伸びた綺麗な指に、手相は全体にくっきりはっきり! いかにも意志も運も強そう。でもねー、ご本人は贅沢にもこんなことおっしゃる。

「いやなのよー。単純ってかんじで。金星環とか欲しいの。もっとオンナノコらしい細い線がいっぱいある手になりたい。私は仕事しないで家に居てもいいなーって思ってるのに、こーんなに運命線がはっきりしてると、一生ひとりで食べていける相(ホントはもうちょっと過激な言い方)なんでしょ?」

んーーー。それは昔の考え方であって、イマドキ的にはふにゃふにゃした手で運命線の一本も無くて、「私なーんにも知らないし、ひとりじゃなんにもできないの~」なーんって女はダメでしょ~。とばっさり反論する私。(とか言ってるからいかんのだ。というツッコミが聞こえる…)

彼女の清々しい手に比べると、私の手はぐじゃぐじゃした細い線がいっぱいあって(特に左手は凄い)、いかにも
優柔不断で迷いだらけだってことがはっきりバレバレで恥ずかしい。。。

それから、彼女はこう言いました。「生命線に沿って、細い線が出てるんだよね。これ何だろ?」※生命線=親指と人差し指の間から、手首に向かって流れる線。ん?もしかして?!

「どれどれ。これはね、パートナー線って言うんだよ」
パートナー線? って?」
「その名の通り!そういう意味だよ」
「この線が、なんか最近急に濃くなってきたんだけど…」
「いままさにそういう状況だからでしょ?」
「え~~~!そういうことだったの?!」

くぅう~。うらやまし~~~!!!自称「単純」な運命線くっきりのお仕事ウーマンの手には、ちゃーんとばっちりパートナー線が現れていました。彼女の現状と手相は、もちろんばっちりかみ合ってるご様子で、なんともおめでたいことです。大事な手を見せてくれたIさん、本当にありがとう&お幸せにね!

※ パートナー線は、生命線(とか他のメイン線)に沿って(1-2mmくらいのごく近くを)いっしょに流れる細い線のこと。とても細くて見えにくいので、よーく探してくださいね。

そして彼女が帰ったあとのひとりの部屋で、また私はじっと自分のしょぼい手を観る。。。生命線は、くっきりたくましく流れてます。(副生命線もあるのさ。カラダ丈夫!)え? もちろん両手ともひとりでしっかりと流れているよ。そして、またしばらく手を眺める。あ! 私にもパートナー線あるじゃないのー☆

そういえば、昔々、手相家に言われたんでした。「運命線の35歳からしっかりパートナー線が出てるわ。よかったわね」って。ん? 35歳ってなに?!その鑑定、ちっとも当たってないじゃないかぁーーーーっ!!!手相なんて大嫌いだぁーーーっ!!!(爆)

はぁはぁはぁ…どーせ右手だしな。パートナーったって片思いってことか。。。くぅう~。。。
※ 右は自分から思いを寄せる手。左手は相手から想われる手と言われている。

おそらく、パートナー線といわれた線はじゃなく、運命線だってことなんでしょう。私の右手の運命線は、プロにびっくりされたくらい何本もあるのです。「私の生涯の大事なパートナーはお仕事なのよ」と、カッコつけておきます。いまにみてろよーーー!!!(笑)


関連記事
2010/11/26(金)
手相

あかつき

金星探査機「あかつき」が、もうすぐ金星の軌道に到達します!というニュースを、今朝ぼんやり眺めていました。
2010年5月21日午前6時58分22秒に打ち上げられた金星探査機「あかつき」
http://www.jaxa.jp/countdown/f17/index_j.html


すごいなー。5月に出発して、12月に到着って?!いったい遠いんだか近いんだか???金星は、地球と姉妹だって言われているそうです。といっても、地表の温度は400℃以上の灼熱地獄。大気はほとんどCO2。ずいぶん激しい環境なんでしょうね。探査機あかつきは、そんなハードな環境の中、金星の大気を調べるんだそうです。

金星さん
星空ナビで星空さんぽ:2010年5月「金星」


金星は、明けの明星とか、宵の明星などと呼ばれるように、夕方や明け方、地平線近くにとても明るく見える星です。昔からその星の明るさと美しさを、人々は美しい女神に例えてきました。例えば、その名をヴィーナス。美の女神ですね。

金星の地名にも、たくさんの女神の名前が冠されています。アフロディーテ大陸、メティス平原、フェーベ区域、ディオーネ区域、レダ平原、ニオベ平原、アルテミス峡谷(以上ギリシア神話)、ディアナ峡谷(ローマ神話)、イシュタール大陸(バビロニア神話)、ラクシュミ平原(インド神話)、セドナ平原(イヌイット神話)、ギネヴィア平原(アーサー王伝説の王妃)などなど。

昔の人たちは、熱い熱いガスの塊である惑星の光を見て、どうしてそうやって美しい女神のことを想起したんだろう?ふしぎだ。ふしぎだ。ふしぎだ。

占星術で金星が象徴するのは、ヴィーナスにちなんで、美しさ、豊かさ、楽しさ、美味しさ、愛とかお金とか、そういうキラキラしてたりあったかかったり、ふくらんでいくようなものです。読み方は違うけど、「きんぼし」ってのもあるね。縁起良い!

もうちょっと踏み込んでみると、個人個人の金星イメージは、女性だったら、自分のなりたい女性像だったり、趣味志向だったり。男性だったら、好みのタイプの女性像だったり。(趣味もアリね)
そういう解釈もあります。占星術、おもしろいです。

ここしばらく続いていた金星の逆行は、そういうことをちょっと見直したり、修理したり、すこしペースダウンして調子を整えよう、っていう時期でした。ここんところ、ちょっと流れが滞ってたかもしれない、LoveとかMoneyとか、楽しいこと、嬉しいこと、素敵なこと、あんなこんなが、きょうからまたスムーズに流れるといいですね。


関連記事
2010/11/19(金)
天文現象

「土星」さんに会う日

どせいさん

「土星」のことをぼんやりと考えていました。「土星ってカッコいい!なんであんな輪っかがあるんだろう?」小さい頃からずっと不思議でした。

昔から占星術では、土星は凶星と言われます。だけど、現代的な解釈では必ずしもそうではありません。「努力、忍耐、規則、常識の枠、時間を守る、繰り返し、制限、決まった型、オトナとしての自覚、苦手なことにも取り組む、自分のことは自分でする、…などなどがちゃんとできないと、困るのは他でもないあなただよ!」というような意味をもつのが「土星」です。

小学校低学年の頃の私の愛読書は、「ギリシア神話」(大人用文庫版)と「宇宙」の巻の図鑑で、「大きくなったら天文学者になるんだ~」って屈託もなく言ってました。しかしながら、すでにその時点で算数が苦手だったので、速攻であきらめたのですが。

という風に、努力もしないうちから、苦手なものからさっさと逃げるのは、まさに土星=義務や鍛錬から逃げてる、とも言えます。若い頃はそれでも許されてなんとかなりますが、ある程度年齢が行ってまだそういうことしてると、いろいろ面倒が起こります。それを「土星=不幸」と昔の人は呼んだのかもしれません。

きょうは、私にとっての「土星」的なお方にお目にかかります。その方からひさびさに頂いたお手紙の切手の絵柄は「土星」でした。全然占星術はご存知ないのに。すごいねー。
関連記事
2010/11/18(木)
西洋占星術

11/10 ハンドクリームの日(いい手の日)

11月10日は、「ハンドクリームの日(いい手の日)」なんだそうです。ユースキン製薬が決めたらしいですけど。⇒★

=== === ===
例年、東京では11月10日前後を境に最低気温が10℃を下回る傾向があります。 そのため、油断していると、肌が乾燥し、手荒れの原因になることも。 そこで、ユースキン製薬は、2000年、 「いい手・やさしい手をいつまでも」という願いを込め、この日を記念日として登録。 毎年11月10日は、みなさまが 「普段、がんばっている自分の手に感謝する日」 になって欲しいと思っています。ぜひ、覚えておいてください。 もちろん、実際のハンドケアもお忘れなく!
=== === ===

さて。今回の手相企画を思いついた理由のひとつをお話ししましょう。自分の手があまりにも酷く荒れてて、指先がしわしわでがさがさで、ハリがなくって、元気のなさそうなしょぼくれた手になってたからです。なんかもう、早くも老婆の手になりかけてるような、みじめなかんじで。この先ずっと、さらに衰えるこんな手で生きてんのはやだなぁ~って思ったのが、そもそもの始まりです。

それで私、ここのブログで手相企画をカミングアウトして以来、毎日毎日、地味地味と、ヒマさえあればハンドクリームを両手の肘から先に塗りまくり、手首から先を本当に丁寧に丁寧に、マッサージし続けています。

海外逃亡の飛行機の中でも、起きててヒマな時間ずーっと。こうやってPC打ちまくりながら、仕事で鍼打ちまくりながら、その合間に実にこまめに手の手入れをしまくっております。そして! その成果か? さっそく手相が変わって来ました。予想してたよりずいぶん早い!!!

ご披露しましょう^^

右手/金星環が発生?

じゃん。赤ペンでなぞっている線に注目です。はっきりとつながってませんが、左右からカーブした線が出てますね。毎日何度も手を見てますが、こんな線は以前にはなくて、新登場です。

こんな風に、こういった形の線が短く出てる人は結構多いようですが、当然ながら、全部つながって綺麗な弧を描いているほど強力です。また、二重三重にお持ちの方もいらっしゃるそうです。それも凄い。
で、この線、たいていはこんな感じの説明がついてます。

=== === ===
人さし指と中指の中間付け根から出て、薬指と小指の中間付け根に至る
細い弓状の線です。
この線をもつ人は過敏で、センスが良く、独創力に優れています。
=== === ===

ダイレクトに言うと、これは「金星環/別名:エロ線」と呼ばれる線です。良い意味では「感受性が鋭くなる→芸術家肌」「モテ」「お色気」「センスの良さ」みたいな。悪い意味では、まぁ~~~その反対とか悪い面、みたいな解釈がなされてます。優れた感受性や感覚を、創造性に生かすか?エロティシズムに生かすか?それはその人次第ってことでしょう。

ちなみに、左手にも薄ーいけど、金星環っぽいのが出てきております。こんな線、私のこれまでの人生で出たことないんじゃないかなー。いまさらこんなの出ても、使い道に困っちゃうな~(と要らぬ心配)なんということでしょう。こまっちゃ~う~な~~~。「あんまり清く正しい生活ばっかりしてちゃダメですよ。もっと色気出しましょ~♪」という天のお恵みと理解しておきますっ。

「手は変わります!!!」って、自分から言っといてなんだけど、こんなにすぐ変わってくると、さすがに我ながらびっくりします。手もだいぶつるつるして元気を取り戻してきました。努力が形になって出てくるってのは嬉しいですね。みなさんもいっしょにハンドマッサージしましょ~!

みなさんがセルフマッサージに苦戦して、挫折しちゃうのをたくさん見てるので、なるべく楽して、長続きできて、簡単で、大きな効果を望める、セルフマッサージのコツを伝授できるようになりたいです。

関連記事
2010/11/10(水)
手相

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top