天空の神秘~「天上聖母算命学」をちらりと覗く☆

日本天后会/機関誌「アンドロメダ」

先日ご紹介した「算命学の南派(台湾)の流れ」と言われている西川満氏の「天上聖母算命学」に最近すっかりハマっております。

北落師門の魂~「天上聖母算命学」をちらりと覗く☆
http://tamayura10.blog123.fc2.com/blog-entry-248.html

とにかく現状で手に入るだけの資料をありったけ入手しました。資料の山に埋もれて、空き時間や寝る前にひたすら読み続けていると、至福極まりなく、なんとも幸せな気分になります。なにせ西川氏は詩人、文学者ですから…その著述はまったく教科書的ではなく、夢とロマンに満ちあふれています。なんと言っても北落師門(調舒星)3つの方ですので、ご自分の好みや主観が多々入っていますし、詩的な象徴表現も多いので、読み手によって文章や著述内容の好みは大きく分かれるでしょう。

たとえばこんな…

===

ああ、アルジェの月、バレンシアの月、ペルージャの月、台北の月、東京の月、塩原の月。月は一つなのに、見る人と、見る土地によって色も形もさまざまに変わる。そしてまた、月は一つなるが故に、遠く離れていても、心と心は一つに結ばれる。友のギターのしらべ、甘く悲しく切なく。「泣きたまへ、ただ泣きたまへ」(ノアイユ婦人)と。

しらべに酔うわが耳もとに、ひとがささやく。「あの星は?」指さすところに青く光る一つの星。「あれこそ、全天第一の織女!ほら、こちらに牽牛。銀河は雲でとぎれているが、白鳥の北十字が、斜めに」「あ、あれがわたしの星!」ひとは声をうるませ、いつまでも無言で見上げている。ひとの頬を濡らすものがある。かくすには月がまたあかるすぎた。不幸な過去をもつ人の眼に、今しもうつる天上の星!わたしにはわかる。この夜、このとき、このひとは神を見たのだと。

=== === ===

=== === ===

西川満/10大恒星

十大恒星は、1月から南中する順に、昴(プレヤーデス)、五車(カペラ)、天狼(シリウス)、北斗、北冠、大火(アンタレス)、織女(ヴェガ)、南斗、牽牛(アルタイル)、北落師門(フォーマルハウト)である。

この中で白く光るのは、織女と牽牛、それから北落師門。青白いのは天狼。黄色いのは五車。赤とも緑とも、えもいわれぬ光を見せるのが大火(アンタレス)であり、白とも赤ともつかず煙るのが、葡萄の房のような昴(プレヤーデス)である。

『アンドロメダ』第255号 天空の神秘/西川満

=== === ===

あちこちに「祈りによって顕現するXという星」というような著述が表れてくるように、西川氏自身の信仰(そもそもは媽祖信仰から転じたのでしょうか。日本天后会)が色濃く反映されている部分も多いので、いわゆる占いだけではなく宗教的な要素も多く見られます。

西川氏が三つお持ちだったという調舒星=北落師門の一族は、本流に逆らう、権威に盾突く反逆児です。最初っから万人受けする気なんかさらさらないです。(へそまがり~)孤独を恐れないけど、さびしがりやでもあったりする厄介な習性…とはいえ、いちど懐に入れば、どこまでも情が深い一面もあります。決してひとすじなわではいかない一族といえるでしょう。

***

西川式の算命学の内容は、高尾式の算命学とはやや異なり独特です。陰占についての記述は見当たらず、陽占(いわゆる算命の9マス命式)のみを用いています。それから「X」という独特の守護星(各種の恒星)概念があります。

西川式/命式配置図

十二従星は「十二命星」と称されていて、3つの命星のなかでは、左下の星(一般には晩年期と呼ばれる位置。日干&日支から生じる星)が最も重視されているようです。

西川式/命式分類

その分類は「根、幹、枝葉」と記述されています。

十大恒星(=十大主星)は、陰陽五行に対応させてないです。また石門星(=五車)は、四柱推命の劫財の解釈にに近いと思われます。非常に大胆不敵な、家庭破りの星として描写されています。

おもしろいことに、西川氏は龍高星=大火がお嫌いなご様子を全く隠さないようにみえます。あとは、北冠(貫索星)の記述が少ないようにも思います。そうした個人的な好みの偏りが反映されているのを分析するのもまた一興です。

外国の歴史上の人物の伝記と重ねながら星を読んでいくスタイルが非常に興味深く面白いです。また、読者からのお悩み相談に答えていくスタイルも、時代が反映されています。女性の結婚とキャリアの問題はこの時代からすでにあったようで、天狼(車騎星)、大火(龍高星)、北冠(貫索星)あたりを多く持つ女性たちがいわゆるキャリアウーマンとして活躍なさってた様子や、昔ながらの結婚生活にすんなりあてはまらないような星の構成を持つ女性=北落師門(調舒)×牽牛・天狼(車騎)のケースへのアドバイスなど、現代でもじゅうぶんに通用する内容も散見されます。

残念ながら著書は絶版ばかりで、現在ではなかなか簡単に手に入りませんが、購入しなくても図書館などで探してみるのもよろしいかと思います。

秘解「天中殺」―星の神秘と命運を知る 講談社 (1985/03)
天中殺―星の神秘と運命  講談社 (1972)
人間の星 (1959年) 六興出版社

占い関係で一般に発売されたのはこの辺りだと思います。上記の本、上の2冊はほぼ同じ内容だったはずです。
概要や雰囲気を知るだけなら、このどちらかを読めばほぼ十分かと思われます。

私はかなーり手間と時間をかけて、機関誌『アンドロメダ』からの複写を大量に入手しました。これをひたすら丹念に読んでいくのは実に楽しい時間でした。おりにふれ、ときどき見直してみたくなります。



関連記事
2011/05/27(金)
『天上聖母算命学』

北落師門の魂~「天上聖母算命学」をちらりと覗く☆

『算命学』という占術名は、実はちょっとまぎらわしい名称らしい。

=== wiki 『算命学』の項 ===

中国で算命という言葉は「運命を算出する」を意味しており、占術全般を指す用語である。従って生年月日の干支から人間の特性、運命を推し量ろうとする術を算命学等と呼ぶのは日本独特の用語である。また算命が占術全般を指すことから中国語圏で算命館というと日本の占い館を指す。

=== === ===

なるほど。では、算命学の日本での歴史の項を覗いてみよう。

=== wiki 『算命学』の項 ===

日本でのいわゆる算命学には、台湾系と日本系があり、台湾系が西川満氏によって継承され、日本系が高尾義政氏によって継承されたとされている。

=== === ===

なるほどー。以前から「西川満」さんの算命学、いったいどんなんだろう???と、気になって気になって…
先日ようやく、もともとの文献にあたることができました。これがおもしろいのなんのって。ハマった。特に大きく違う用語を、ちょっとだけ比較してみましょう。

===

算命学 --- 天上聖母算命学


十大主星 --- 十大恒星

貫索星 - 北冠(北のかんむり座)
石門星 - 五車(ぎょしゃ座/カペラ)
鳳閣星 - 南斗(いて座)
調舒星 - 北落師門(南のうお座/フォーマルハウト)
禄存星 - 昴(プレアデス星団)
司禄星 - 織女(こと座/ベガ)
車騎星 - 天狼(おおいぬ座/シリウス)
牽牛星 - 牽牛(わし座/アルタイル)
龍高星 - 大火(さそり座/アンタレス
玉堂星 - 北斗(おおくま座)

十二大従星 --- 十二命星

天報星 - アルクトゥルス(牛飼い座)
天印星 - スピカ(おとめ座)
天貴星 - アルデバラン(おうし座)
天恍星 - アルビレオ(はくちょう座)
天南星 - 南コロナ(いて座)
天禄星 - ベテルギウス(オリオン座)
天将星 - ラス・アルゲティ(ヘラクレス座)
天堂星 - リゲル(オリオン座)
天胡星 - ポルックス(ふたご座)
天極星 - カストル(ふたご座)
天庫星 - アケルナル
天馳星 - デネブ(はくちょう座)

=========

眺めているだけで、わくわくしてくるのは、星や星座の名前がたくさん並ぶからです。自分の持ってる星が、知ってる恒星やメジャーな星だったりすると、なんだか親しみが湧いたり、味わい深く感じられませんか?

そしてまたこの西川満氏の文章がなんともいえない味わいを醸し出します。この方はそもそもの本業が詩人であり文学者なんですよね。台湾で過ごした時代について書かれた「人間の星」も読みましたが、非常におもしろかったです。30歳まで生きられない、といろんな占い師に言われた子供時代から、成長してからの活躍の様子が生き生きと描かれています。

それもそのはず。この西川満氏、なんとまぁ「北落師門(調舒星)」を3つお持ちでらしたそうです。なるほど。道理で。納得。そのことが、ご本人にとってのいちばん強いアイデンティティの源であったことが文章の端々から伝わってきます。調舒星は1つだけでも相当にこだわりが強くて…(変人)天才肌の孤独と感性の星でありますが、それを3つ持っていたら…もう常人にはなかなか理解不能な世界かもしれません。

ただし、そうした特異な感性は一般社会では持て余しても、文筆業や芸術、占いなどの世界では非常に素晴らしい才能となるでしょう。西川氏の詩、ちょっと覗いてみたけど独特の気配があっていいなぁ。と思いました。引き続きウオッチしていくつもりです。

惜しむらくは、占い系の著書は一般書であってもとっくに絶版で、ものすごーーーく手に入りにくいことであります。とりあえずこのあたりかなーーー。

秘解「天中殺」―星の神秘と命運を知る 講談社 (1985/03)
天中殺―星の神秘と運命  講談社 (1972)
人間の星 (1959年) 六興出版社



関連記事
2011/05/23(月)
『天上聖母算命学』

5月17日/蠍座満月

明日(5月17日)は、満月でございます。太陽は牡牛座の最後のほうを運行中。月はただいま蠍座を運行中。

牡牛座には現在、太陽、水星、金星、火星が居て、牡牛座祭り開催中。3月4月と続いてきた牡羊座祭りでは、忙しく新しくチャレンジ!という流れがあったわけですが、ここらでひといき。ここしばらくで新しく始めたことを、手間ひまかけて、じっくりと形にしていこうじゃないか、という展開が自然に即した流れです。

ご自分が深く没頭出来ること、ご自分自身の能力を生かせること、それってなにかな~? ぜひぜひ再確認してみて下さい。新月で始めて、満月で形にして、次の新月までは無駄を落としてシェイプしてまた次の新月に備える。そういう感じでいきましょう☆

そうだ。毎年5月の満月の日には「ウエサク祭」という不思議なお祭りが執り行われたりもするそうですよ。

牡牛座と天秤座の支配星は金星。金星はヴィーナス。金星が象徴するような美しさや心地よさのうち、特に五感を通じて味わう快適さは、牡牛座の管轄です。例えば作品作ったり、お料理したり、歌ったり、踊ったり、快適な
お部屋環境を整えたり、自然の中でリフレッシュしたり、とにかくご自分の身体と五感をフル稼働させて、「シアワセ♪」感を味わう!このあたりのテーマが、特にこの時期お勧め出来ることですね。(天秤座の金星だと、その美しさは対人関係やお洒落な装いなどを得意とするでしょう)

私の出生時の月は牡牛座に位置しております。おそらく私の五感のうち、最も発達しているのは「触覚」です。
代替療法の治療師を続けているのも、「手相マッサージ」なぞを提唱し始めたのも「カラダって大事だよ!」って言いたいからです。

みなさまもぜひ、ふだんあたりまえのように酷使してる(でしょ?)ご自分のお身体、どうぞあれこれいたわってあげてください。贅沢なお飲物やおいしいものゆっくり食べたり、良い香りを楽しんだり、お風呂の中で、足の指をぜーんぶ丁寧に揉んであげるとか。ささやかな贅沢の中に幸せは宿ります。みなさまぜひぜひご自愛下さいね。

関連記事
2011/05/16(月)
西洋占星術

「耳占い」から「体癖」まで

ひとことで占いといっても、いろいろ種類があります。大きく分けると、命(めい)術・卜(ぼく)術・相(そう)術の三種類。

○「命術」
主に誕生日(時間や場所も)を元に、何らかのロジックを用いて占うやり方。西洋占星術、四柱推命とか、そのあたりから派生してきてる占いいろいろ。

○「卜(ぼく)術」
その場の時間や、何らかのツールを用いた偶然性(といっていいかな?)から何かを読み取る占いいろいろ。タロットとか、易とかが有名。ホラリー(占星術)もここに入るかな?おみくじもまぁこの範疇ね。

○「相術」
目に見える形を元にして何らかの意味を読み取る占いいろいろ。最も有名なのは手相、人相。風水もこのジャンルになるのかな?(墓相とか家相とか、その辺は私はまったくわかりませーん。。。)

※ 中国風に考えるとさらに医と山(中国武術などの自己鍛錬系)を含めて、(仙道)五術と呼ばれる場合もあるそうでございます。あら~。私ってば五術を全部ちょびっとずつかじってるわ…(笑)

さて。最近私が面白がって研究してるのは、これ。じゃん。「耳占い」ですっ。


耳占い―耳の形でわかる!性格診断50パターン (光文社文庫)


私はたまたま突発性難聴とかメニエールとか、自律神経系のめまいが主訴の人にたくさんお目にかかって、耳周りに鍼をさせてもらうような機会が多いので、それぞれの人によって耳の形や付き方がぜーんぜん違う!ということ
はよくよくわかります。おそらく性格ともそれなりの関連性があるでしょう。

だから、すごくおもしろいんですけどね…なかなかメジャーにならないのは、おそらく耳、というパーツが観察しにくい場所だからだとおもいます。なにせ自分の耳は自分でじかに見られない… これはかなり致命的。残念。このあたりが、最メジャーな占いである手相と大きく違う点じゃないかなぁ。

耳経穴模型

ノジェの耳鍼理論なんかとくっつけてみてもおもしろいんじゃないかなー?とか思ったりもするけど…
どうかなー? いかんせんパーツが小さいよな。個人的には耳よりも手の方が好きみたいです。スミマセン。はい。

※ で…この手の話をすると、たいてい必ず「耳鍼で痩せますか?」って聞かれます。確かに元・勤務先でやってたし、鍼灸師同業でなさってる方も多いですが、耳に鍼するだけでは痩せないですよ。きちんと効く方々は、同時に食事も運動も気をつけながら、耳鍼もなさってます。


『トウリーディング~Toe Reading』


「トウリーディング」っていう足指を読むメソッドも結構おもしろかったです。トウリーディングに関しては去年の秋にあっちで書いてますね。 ⇒★

それから、もうずーーーっと長いこと積読状態になってるのがこちら。なにせ難しくって… もごもご。。。


命証合診―体質と病気と運命が分かる「命理学」と「漢方治療」の結合



南北相法―現代訳


相術見てると、いったいどこまでが占いで、どこまでが伝統医術なのか、その境界はものすごく曖昧であるように感じます。

「身体を読む」ってことは、治療家は多かれ少なかれやってます。ただ、治療家は読んだ内容を言わない場合も多いし、どちらかというと、その身体の状態を変えていくことに興味があるし、それが目的なので、いちいち「あなたはこうです!」と断定的に言うことは少ないはず。

野口整体には「体癖(たいへき)」という理論がありまして、これはもう凄く面白くって深いですが、そこでも「タイプ分けが目的ではない、という意図のことが言われています。(あれは、一般的にはちょっと難しいかなぁ…私もあれは難しいと思う。よくわかんないことがたくさんある)「体癖」関連で、いちばんわかりやすい解説書はこれかな。


身体にきく―「体癖」を活かす整体法



骨盤にきく―気持ちよく眠り、集中力を高める整体入門 (文春文庫)


… まぁここまでくると、占いではないですけどね。いろいろ興味は尽きません。ちなみに、私の体癖は「10種」らしいです。濃いキャラですね。はい。

そうそう!こないだ「頭皮占い」やろうかな~とかつぶやいたんでしたっけ…(笑)
ライフワークとして考えときます。

関連記事
2011/05/07(土)
ブックレビュー

動物占い?「Yahoo! 縁結び」の広告を見ながら考えた。

ここんところYahoo!トップページやら広告メールやらで、進化形ニューバージョンの「動物占い」が目につきました。動物占いのロジックについては、以前書いてみたんですが ⇒★ きょうは進化形ニューバージョンについて考察してみます。

まず、ご自分や周囲の方などをサンプルにチェックしてみてください。

マジカルインデクス
http://www.magical-index.com/public/check/index.php

ここでは、本日2011年5月5日こどもの日生まれを見てみます。
⇒ 太陽グループ さばさば組のライオン と出ました。


なるほどなるほど。従来の動物占い+シャツの色+台の色で、より細分化されてます。では、その組み合わせを分解してみます。こちらの命式を見てみましょう。

2011年5月5日サンプル命式
(スクリーンショットそのまんまでスミマセン…)

左の表から見るやり方を「陰占(いんせん)」右の表から見るやり方を「陽占(ようせん)」と呼びます。

1)12従星の3つの配当(動物パワー)を見てみよう!

まず右側の図を見てください。右上の欄、右下の欄、左下の欄には、「天報」「天印」「天禄」とそれぞれ記されています。基本的な算命学的な考え方では、「右上=若年期」「右下=中年期」「左下=老年期」です。

「天報=狼」「天印=こじか」「天禄=ライオン」ですので、この人の有するエネルギーは、この3つの動物的な雰囲気を想像していただけるとわかりやすいかもしれません。一般的な動物占いでは、そのうち最後の老年期=日干支から生じる星の1つだけを取り上げています。

12の星は、生まれて死んでまた生まれて、というサイクルを表します。どの人にも12の星のうちの3つが必ず配当されていますが、それぞれの星が人生のどの時期を表すものかを知ると、自分の適性や個性がわかりやすいです。

12従星一覧表(動物占い対応表)

【 十二従星の解説 】

天報星(おおかみ) 前世の星/胎児の時代
刻々と変化 大きな可能性を秘めている 多芸多才 夢と空想 感覚派 自由な感性 気分屋(なんでもやりっぱなしはいけません!)

天印星<(こじか) アイドルの星/赤ちゃんの時代
無邪気な笑顔 自然な社交性 受け身 素直さ純真さ あわてん坊 可愛がられる魅力(常に周囲への感謝を忘れずに!)

天貴星(猿) おしゃれの星/子供の時代
好奇心と向上心 知性 教える才能 子供のような無邪気さ 真面目で品格のある態度 潔癖(オトナの世界の腹黒さが身を守ってくれるときもありますよ!)

天恍星(チータ) 思春期の星/ハイティーンの時代
揺れる心 自意識が強い 若々しさ 華やかさ 目立ちたがり 独立 自由 放浪癖(思い切って冒険してみると良いね!)

天南星(黒ひょう) 女王様の星/青年の時代
チャレンジャー 評論家 正直で毒舌 ストレート ナマイキ 新規開拓(トライアンドエラーの繰り返しでレベルアップ!)

天禄星(ライオン) リーダーの星/頂上手前の時代
堅実な守り型 粘り強さ 観察力と判断力 穏やか エネルギーが強く財運有り(安定志向が行き過ぎて、変化のチャンスを失わないように!)

天将星(虎) 王様の星/頂点に立つ時代
パワフルで感情豊か 器が大きい 人情に厚い 楽して甘やかされるとダメ(人を頼らず自分のエネルギーをフル稼働させること!)

天堂星(たぬき) 老人の星/引退後の時代
年長者からの引き立て運 自制心 落ち着き 控えめ 縁の下の力持ち(引いてダメなら、押してみな!)

天胡星(コアラ) 病の星/肉体が衰えてくる時代
美意識が高くロマンチスト 芸術やクリエイティブ性 健康に関わることに適性(一病息災のつもりで身体も大切に!)

天極星(ぞう) 死の星/純粋な精神性の時代
無限に広がる自由 純粋さ 直感力 手先が器用 社交と柔軟性(なにか好きなことを見つけて極めて!)

天庫星(ひつじ) 学者の星/お墓に入ってからの時代
真面目で正直 一本気で頑固 先祖とのご縁 絶体絶命でも不思議と救われる(頑固さを活かして、一芸を追求して!)

天馳星(ペガサス) あの世の星/魂の時代
変わり身の早さ 無欲抜群の瞬発力 奇抜な発想 単独行動(マイペースすぎて、人からの信頼を失わないように!)

誰でも3つの星を持っているので、動物に例えると、誰でもご自分の中に3種類の動物パワーがありますよ!ってことになります。3種類組み合わせると、いろいろな味わいがでてきます。同じ星を二つ以上お持ちなら、その性質がますます強められる、ということになります。


2)外から見える自分はどんな雰囲気?

さっきの命式表のいちばん左の欄の左上を見てください。「庚(かのえ)」ですね。これは金性の陽。ストレートな行動力を示します。これが「オレンジ=さばさば組」という表現に現れています。

※ マジカルインデクスでの色分けの解説
http://www.magical-index.com/public/mp/m10.html

ご自分の命式を見ても、ちょっと見慣れない字が多いと思いますが、マジカルインデクス式の解説と組み合わせてみましょう。

すくすく組 ⇒ 甲(きのえ)木+陽 大木
そよそよ組 ⇒ 乙(きのと)木+陰 草花

のびのび組 ⇒ 丙(ひのえ)火+陽 太陽
はどはど組 ⇒ 丁(ひのと)火+陰 かがり火

どうどう組 ⇒ 戊(つちのえ)土+陽 山岳
ぐんぐん組 ⇒ 己(つちのと)土+陰 大地

さばさば組 ⇒ 庚(かのえ)金+陽 鉄鉱石
きらきら組 ⇒ 辛(かのと)金+陰 宝石

いけいけ組 ⇒ 壬(みずのえ)水+陽 海洋
ごろごろ組 ⇒ 癸(みずのと)水+陰 雨水


ざっとこんなかんじではなかろうか。ニューバージョン動物占い(マジカルインデクス)のロジックを考えてみました。いろいろよく考えだしますね。おもしろいです。

… って、結局のところ、婚活の広告を見ながら、ひたすら占いのロジックを考えるしかアタマの中にないワタクシでございました。スミマセン。私には婚活広告の効果はゼロでございますが、脳内トレーニングを楽しませてもらってよかったです〜(笑




関連記事
2011/05/05(木)
算命学

Page Top↑
▲ Page Top