「大運天中殺(たいうんてんちゅうさつ)」私考

先日父が心臓の発作で死にかけたのですが、(おかげさまで、無事に生還)そのときかなり真剣に父のチャートと命式を読みました。(あ。手相も。そういえばタロットも見ましたっけね →★

最初ごく率直に「ん?こんなタイミングで死ぬの?」と思いました。(→ 相当危ない、って医者から言われたけど、なぜかそのとき、うーん、きっと死なないよ!と思った)ご多分にもれず、出生時間がわからないので西洋占星術ではビミョーなのですが、算命学で見てみると… いわゆるトランジットで見ても、そんなに特段変わったことがありそうには見えない… なんでかな…???

あ!きっとこれだ!!! 閃いた。

父は54歳~74歳の20年間「大運天中殺(たいうんてんちゅうさつ)」という時期にあたっておりまして、これがそろそろ終わるのです。そうかーーー! きっとこれだーーー! 

***
大運天中殺ってなに???(普通のコトバに翻訳)
本来の自分の枠が無くなるような状態なので、思い切り大成功したり(陽転)大きく落ち込んだり(陰転)、運気の波が激しくなる状態。通常は20年間。人によって時期は違う。一度もない人もいる。現象の出方も人によってまちまち。
***

大運天中殺が陽転すると、本来の自分の実力や姿よりもずーーーっと大きな富や名声などが手に入るチャンスがあると言われています。芸能人、スポーツ選手、実業家など華々しく活躍をする人たちはたいていこの「大運天中殺の陽転現象」が絡んでいるようです。

そう考えると、父の大運天中殺は陽転=社会的な成功でありました。大運天中殺の陽転は、一見「とても運がいい!」ように見えます。でも、そういう状態は残念ながらいつまでも続かない。必ず終わる。終わり際は、大きな飛行機が着陸するようなものでとても難しい。うまく本来の自分のサイズや姿に着地出来ないと、当然ながら大きな
トラブルや事故が起こりかねません。

以前、身弱(みじゃく)の話を書きました。→★ 私の父もまた「天胡、天胡、天報」で、正真正銘の身弱男です。十大主星は洩気(鳳閣)と剋気(車騎・牽牛)しかない。自分のエネルギーはどんどん放出されたり、削られるばかりです。

つまり、今回の父の状態を算命学語で解説すると、「陽転した大運天中殺の終わり際にさしかかってるうえに、もともと身弱でエネルギーを消耗しやすい状態だったので、肉体の弱いところに病気が出ちゃった」と解釈できるように思います。うーん。占いってのも意外とやるもんだなー。

そんなわけで、元気になった父本人に、この話をしてみました。ついでに天胡星2つなので「病気すればするほど陽転するんだよ!」とも伝えました。

「そうかー!それは当たってるな。時期もぴったりだな。 確かに病気をするとそのあといいことがあるな♪(父は若い頃から何度も大きな病気をしてます。さすが天胡星=「病」だけのことはある)おまえのやってる占いってのも結構馬鹿にならないものだなー!」

だそうです。そうかそうか。よかったよかった。不思議なものですね。




関連記事
2011/10/28(金)
算命学

ぴよてぃ通信3(義援金報告と秘話などなど)

2011年10月22-23日 ぴよてぃ活動売上金の寄付報告です。

ぴよてぃ「ミシンプロジェクト&タイ大使館」入金証

ふんばろう東日本支援の「ミシンプロジェクト」に30.000円 →★
タイ洪水被害の支援としてタイ大使館に15.000円 →★
合計45.000円

このたびご来場の方々が鑑定やお買い物にお使い下さったお金は、イベント出店費用と上記宛先への寄付といたしました。改めて御報告と御礼を申し上げます。ありがとうございました。また機会があれば、このような企画を立ち上げていくつもりです。

ミシンプロジェクトは「ミシンを通じて布製品を作って収入につながるよう、自立支援のお手伝いをする新プロジェクト」とのことで、被災地の方々の職能獲得と就労支援を目的としているそうです。今回出展したアースガーデンのテーマともマッチすると考え、こちらを今回の支援先に選びました。

実のところ、ぴよてぃはチャリティ企画でしたが、裏テーマは「まだまだ駆け出しヒヨコの私たちが頑張って経験を積む場=ぴよてぃ」でもありました。みんなでめざす「個人の自立と仕事の確立」です。

イベント出店運営なんて初めてだけど、ホントにできるかな?対面鑑定の経験がまだ少ないんだけど…どうしよう…公共の場で自分の作品を売るなんて初めてだけど…大丈夫かな?とにかくやる気はあるけど、ひとりではどうしていいかわからない。…などなど、みんな立場は違ってもヒヨコでありました。だから、チーム名は「ぴよてぃ」だったんであります。(ベテランの桜田先生、有元先生、三上先生のお三方の存在はオブザーバー&スペシャルゲストで、頼もしくありがたく)

みんな無事にヒヨコから、ひな鳥、若鳥くらいに成長中です。今後もオープンに、より発展的な形でこのつながりから生まれる新しい流れが広がっていくことを、こころより願っています。ということで、今回のイベントはひとまずこれで一件落着!みなさま本当にありがとうございました。




関連記事
2011/10/27(木)
イベントレポート

10月23日(日)ぴよてぃ通信2

おかげさまで「ぴよてぃ」@アースガーデンは無事終了しました。ご来場くださったみなさま、さまざまな形でご協力下さった方々、本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

ぴよてぃ(ゆに先生&たまき)

1日目。たまき(左)&日下ゆに先生(右)
ようやく雨がやんで「よし!これから本番だ!」の図。

10月23日ぴよてぃ

2日目は暑いくらいの好天に恵まれ、たくさんの方にお越しいただくことができました!タロットチーム、手相、マッサージチーム、物販チーム、それぞれに大忙しの日曜日でした。

ぴよてぃ2日目集合写真☆

2日目解散前の集合写真。出演者全員が、本業の占い、癒しメニュー、アクセサリー販売、看板作り、会場設営、風船大道芸などなど、それぞれの得意技を生かして大活躍の2日間でした。

占い師も治療師も、ふだんは完全に個人プレーの仕事です。でも、ときどきこうやっていろんな方と顔を合わせてチームプレーをするのもいいものだなぁ~としみじみ思いました。関係者の方々みなさまには本当に感謝ばかりです。

私自身、イベント前に突然、父が危篤になったり(おかげさまで無事に回復中です)通常の業務が本当に忙しかったりで、何度も挫けそうになりました。というのは、今だから言えることなんですが… 「ここで挫けてはワタシの天将星が黙ってないわ~!」の一念でなんとかここまでこれたように思います。さまざまなご配慮、お心遣いくださったみなさま、本当にありがとうございました。

さて。そして大事なこと!!!今回のこの「ぴよてぃ」は、企画運営段階からすべて、出演者全員がボランティア参加でした。そもそもがチャリティのための企画でした。おかげさまで無事に、45.000円を義援金分として稼ぎ出しましたので、寄付の御報告は後日また改めてお知らせいたします。


関連記事
2011/10/24(月)
イベントレポート

10月22日(土)「ぴよてぃ」通信

こん@@は。天海玉紀です。

たまき

おかげさまで、アースガーデン1日目「ぴよてぃ」無事に終了いたしました。

午前中はだいぶハードに雨が降りまして…いったいどうなることやら…はらはらどきどきでした。幸いにもお昼頃から雨も上がり、いろんな方々にお目にかかれて、とてもうれしくありがたかったです。お越しくださった方々、本当にありがとうございました!

おかげさまで、きょうは算命学10分コースのオーダーを全体で数多くいただきました。感謝感激でございます!

鑑定風景

お店の様子はこんなかんじ。鑑定コーナーと、物販コーナーに分かれています。タロットチームも大活躍でした。

もしかして、場所がちょっとわかりにくいかもしれません。お越しになる際は、歩道橋を目印にしてください。
右側に代々木競技場がある向きで、歩道橋の左斜め下。(原宿駅より遠い側)大きい道路に面してます。

DSC_0539.jpg

朝の設営メンバー。それぞれの持ち場で大活躍!

明日はいつもの占いメニューに加えてマッサージ健康系のメニューも登場します。

○ 気になる部分のシェイプアップメニュー(午前)
○ お顔のリフトアップと耳つぼセラピー(午後)
○ かっさマッサージ(午後)

どうぞおたのしみに~。

明日は算命メニューの設定はありませんが、15時以降なら私は会場にいますので、タイミングがもし合えば
お気軽にお声かけください。

アースガーデンは、全体に「オーガニック」とか「エスニック」のテイストが強いイベントです。大きなステージでのライブ、そこかしこでのアナログ民族楽器でのライブもにぎやかです。手作業手作りのワークショップもあちこちで開催されていて、フード関係も充実しています。お子さん連れでもあちこちめぐって長時間楽しめるようです。秋の一日、ぜひ遊びにいらしてくださいね!



関連記事
2011/10/22(土)
イベントレポート

タロット真剣勝負!回れ運命の輪

前回の続きです。 ⇒★

心筋梗塞で父が緊急手術→集中治療室に入っているのですが、医師からは「いつ何があってもおかしくない状態なので、覚悟はしておいてください」的なことを言われておりました。

昨日から容体が持ち直し、みるみる回復し始めて、きょうは会話や食事も少しずつできるようになりました。ご心配とお心遣い下さった方々、本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

しばらく私も通常運転に戻るまで時間がかかるかとは思いますが、ご理解いただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

さて、そんな事情がございましたので、日々夜中にガチ本気タロットを展開していました。最近届いて使い始めたばかりのデッキ(シリコンドーンで、真剣勝負!です。

DSC_0504.jpg

毎日、次の日を占いましたが出るカードはほぼ決まっていました。「現在」の位置に「運命の輪」が正位置で何度か。ということは、つまりもう自分の力でできることはない。大きな流れに乗って、任せていくことしかできない、ですね。

「未来」の位置には「節制」「審判」「太陽」あたりが、毎晩すべて正位置で来ていました。大丈夫だ。これはまだまだ生き返って生きるよ。毎晩そうやってカードを眺めていました。


Tarot of the Silicon Dawn


今回使ったデッキはこれです。ポップな色彩と現代的な意匠が印象的です。独自の解釈のエクストラカードが結構たくさん入ってます。

私は今のところ、大アルカナのカードだけを抜き出して、使っています。全体にかなり独創的でクセが強いでっきですので、個人の好みによって評価は激しく分かれそうです。カードサイズが小さいので、携帯してちょっと占うのにはちょうどよさそうです。

関連記事
2011/10/04(火)
タロットカード

Page Top↑
▲ Page Top