子育てに生かす算命学☆

子育てネタって、私はまったく外野から見てるだけでありますが、「同じ兄弟でもどうしてこう違うの~?!」とか「まったく何を考えてるのか全然わからない~!」とかみなさんがあれこれお悩みになられているのはよーくわかります。

「みんな違ってみんないい!」と心から理解出来るようになるのは、占い(特に誕生日を用いる命術)を学ぶ大きな収穫のひとつです。お子さんを育てるときにも、役立つ知見はいろいろあるでしょう。

例えば、西洋占星術だとこんな本があります。西洋占星術の中でも、子供時代に重要な天体(水星)を特に大きく取り上げてわかりやすくイラスト満載で解説してくれます。自分のあたりまえ!は必ずしもお子さんにとっては当たり前じゃなかったりするわけで。そのあたり再認識できるかもしれません。


まついなつきのムーンチャイルド占星術
親子の相性がわかると子育てが楽になる!


西洋占星術では、人間の発達時期を年齢域で分類して、幼児から小学生くらいまでを「(素の自分を形成する時期)」→「水星(基本的学習期)」で分類しています。(思春期は金星期ですね~) 一般的に流通している占いの太陽星座だけではわからない特徴や仕組みがわかると、きっと良い参考になると思います。

さらにずばーっ!とはっきりした方針が示されるのは東洋の占いです。算命学では、単に星の配列を見るだけでなく、その人が育った環境を重視します。厳しく育てたほうがいい子はそれなりに、保護的に育てたほうがいい子はそのように、それぞれ与えるべき環境は異なります。幼少期の育て方の方針や環境が、のちのちの人生にまで大きく影響を及ぼしますので、わかることはできるだけわかっておいたほうがいい。いちど観てもらっておいて決して損は無いはずです。

といっても、占いって、盲目的に信じてついていくものじゃなくって、天気予報みたいにあらかじめ知って、参考にしていくものです。雨が降るなら傘を持ち、晴れそうなら遠出を計画したりするように。地図や目的地の様子をあらかじめチェックしたり、そんなかんじ。みなさまによりよく占いを役立てて頂ければと願って止みません!!!

関連記事
2012/02/24(金)
算命学

守護神を探せ!

ふっふっふ。きょうは最新作の私物自慢です♪

BLUEスペシャル★ラピスラズリ、サファイア、タンザナイト、ギベオンなどなど

おなじみ riekoさん に頼んでオーダーメイド制作してもらいました。

今回は石とヘッドは自分で持ち込んで、イメージを伝えたらあとは全部お任せ状態。絶妙の色合いで並べてつないでもらいました。ラピスラズリ、サファイア、タンザナイト、ギベオン(隕石)、翡翠、カイヤナイト、ヒマラヤ水晶などなど、手持ちの青石をどどーん!と贅沢に投入したBLUEスペシャルでございます。うーん。いいね~~~♪超ご機嫌です♪

ちなみに、なぜ青にしたか? といいますと…算命学ではそれぞれの人に「守護神」というのがあります。たいていは生まれた日の干と季節などをもとに決まってます。

で、算命学上での私の守護神は「壬」なんですね。つまり水。水と言っても、海とか大河みたいなスケールの大きな水。(本来なら水性の色は黒なので、黒だけどまぁそこらへんは柔軟にいこう!)私はなんか大事なときは青や紺を自然と着たり持ったりしていました。守護神が壬水だってことを知ってちょっと納得。

誰にでも守護神はちゃんとめぐってきます。誰にもそれぞれにご自分を生かしたり守ってくれる守護神があるので、そのあたりに着目してみるのも良いですね。



関連記事
2012/02/23(木)
算命学

海王星のせいにしておく。。。

北口本宮浅間神社

ちとご無沙汰です。書きたい気持ちだけはあるんですが…お伝えしたいような楽しいこともたくさんあるんですが…魚座に海王星が移動して以来、ずぶずぶと鉛のように眠いです。。。

特に柔軟宮(双子、乙女、射手、魚)の初期度数にポイント持ってる方々、いかがおすごしでしょうか?うぬぬ。というわけで、たぶんまだしばらく書けませんかも。プチ旅行記は書きましたので、どうぞお立ち寄り下さいませ m(_ _)m

『富士北麓(其の壱) 富士山駅⇒北口本宮⇒北東本宮』
『富士北麓(其の弐) 大明見⇒扚子山への道⇒不動湯』

あとは、ちとマニアックな話になります「土星-海王星」のことです。

***

いま話題の中島知子さんのことが、とても気になっています。というのも、私は同学年同世代でございまして、71年生まれの多くの人が持ってる「土星-海王星オポジション」っていう特有の癖の強いアスペクトを持ってます。で、そのことをずーっと考えています。

中島さんはここに個人天体がどどーっと影響されてる人のようです。これは大変だろうなー。。。と思うのです。
(だからといって、みんなが揃って彼女のようになるわけじゃないし、そもそもきっといろんな事情や問題があるとは思いますけれど)

「土星-海王星」はひとことでいうと「犠牲的な」と呼ばれるようなアスペクトであります。なんというかそもそもは「境界の守護者」であるはずの土星としての壁、つまり常識とか社会的基盤をみんな自分の中にもってるはずなんだけど、これがそもそももともと海王星の溶解力で溶かされてる。(規範意識がゆるい、のですね。おそらく)そして、ここにさらにこれからトランジットの海王星がかかってくるので、土星が象徴するような常識や責任、社会的基盤が溶けていく、といった仕組みです。

私自身は、土星-海王星は自分の個人天体にかかってないのであんまり気にしてなかったんですが… 私の土星は12ハウスはじまりぴったりの位置(双子0度)海王星は6ハウスはじまりぴったりの位置(射手0度)にございます。で、魚に入ったばかりの海王星がこれらに対してぴったりスクエア。ただでさえゆるい土星が、さらに溶けますね~…これから当分。

12ハウス頭の土星が溶ける、ということはつまり、ふだんはいちおう鍵がかかってる私の12ハウスの鍵が壊れた…ってことかとしみじみ感じます。まぁなんといいますが無秩序なカオスなアタマの中になっとります。占い的には結構なことではありますが、明らかに社会生活には向いてない…(笑

ということでとにかく眠いです。仕事だけは長年の繰り返しによる習性で(これは土星の賜物♪)時間に
なれば自分に自動的にスイッチが入り、きちんとやっておりますが。思いもよらないような奇妙なことや不思議なことがたくさん起こります。しばらく見なかった夢を大量に見始めました。しょーがないなー… とにかくヘンな文章でゴメンナサイ。これもまぁ人体実験ということで、しばらくはこのままぼーっとしながら生きて参ります。なまぬるく観察していただけるとありがたいかぎりです。



関連記事
2012/02/18(土)
西洋占星術

財の星

ちとごぶさたしたような。というのも…自営になって8年。毎年この時期は確定申告で泣いております。2月は日数が少ないことを勘案しても、毎年収入が少ない。それは確定申告があることと決して無縁ではなさそうであります…(汗

でも、今年はなんとか準備完了しました。あとは提出するのみです。私は若い頃から一夜漬けQUEENなんですが、それでも1年分を一度に一気にやるのは負担大きいです。今年こそこつこつ地道に帳簿やら家計簿つけないと…!!!

蓄財や貯蓄、細かい金銭管理はまさに司禄星の世界ですね。対して禄存星は、もっと大きな金額を扱うのが得意です。不動産とか投機とかに向いていると言われるのはこちら。どどーんと気前よくおごったり、楽しいことにぱーっと使ったり、そうやって華やかで楽しい雰囲気をまとうことによって、よりたくさんの人が周囲に集まって来る、そんな魅力があります。

この話を、友人の若いイケメン禄存くんにしたところ、「僕、実は他人の借金の保証人にだけはなるなよ!って、親やみんなに心配されてるんですよ~…(苦笑)」っておっしゃってましたっけ。あああ~。そういう面はあるかも。趣味にはお金を惜しまず、情の厚い魅力的な禄存くんであります☆

そうそう。それからつらつらとこんなことを考えました。よくみんな「金運」と言いますけど、あれってどうなんだろう?宝くじみたいにタナボタ的にお金が入るのを期待してるのかな?どないなもんなんでしょか?それに、東洋占では給料としてもらうお金は「財」ではないです。自分が責任をもってコントロールできる「財産」のことが「財」なので、給料上がらないかな〜っていう話は、「財運=金運」とはちと違う。厳密に言えば、自分が寝てる間も、遊んでる間も、自分の財産が勝手に財を増やしてくれるような状態が「財」でしょう。

禄存星なら、大きなスケールで財を回転させる。
司禄星なら、小さなスケールで財を蓄積する。

教科書的にはそう習いますし、どちらも引力本能の星であるわけですが、「財」の本来の意味を考えると、自分のリソースを責任もってコントロールする、というのが「財」=禄存星司禄星の本意であるように考えます。(財とは、お金、金融商品、土地、システム、従業員、不動産などが一般的ですが、伝統的には妻も財産としてカウントされていました)

仕事が増えれば、その分自分の働きがそのまま収入に直結してる私どものような立場や、業績に応じて昇進や昇給が望める方々には、「忙しくなりそうだね〜。収入は増えても使うヒマがないね。お金より健康に注意だね」みたいことは、わりとリアルな話です。例えばそうだなぁ、私がどんなに頑張ったって、いまの働き方で「年収1千万」を望んだって無理です。実現するよな暁には死にます(爆)

こういう話は、もしかするとお給料をもらうのが当然、と思っている方々にはどうやらぴんとこないのかもしれませんが、お給料をもらう立場だけでなく、自分の能力で収入が変わる人たち、不労所得がある人たち、いろんなケースを想定してみることで「財」への理解は深まっていくように思います。

あとは、そうですね。「信頼は富のエッセンス」なのだそうです。土性の特徴は「信」です。財星が、富と愛情の両方を司っていることも覚えておきたい大切なポイントですね。

そういえば、「財運線マッサージ☆」なんて話も以前書きました。 ⇒★

関連記事
2012/02/10(金)
算命学

水のちから

きょうは雨でした。ひと雨ごとに暖かくなるといいですね。

IMAG0339.jpg

「水は感情」って西洋占星術では言われます。感情は海のように豊かで、境界なく、区別なく、みんな同じようにひとつにつながりますね、ってかんじ。

「水は知性」って東洋思想では言われます。も、龍高星玉堂星も、なんでも吸収して、常に冷静沈着でもの静かで、熱い火を消すクールな存在、ってかんじです。

IMAG0342.jpg

どちらかだけが正しいってわけじゃないですよね。光を当てる方向や切り口が違うだけで、どちらも水の本質的な姿を的確に描写してるのでは。まぁ、そんな風に日々思ってます。はい。

「水」と言えば、この本はおもしろかった。水にまつわる各地の土地を巡るエッセイ集です。


『水の巡礼』 田口ランディ


渋谷の地下水路に潜ったときの話が確か冒頭の章にある。暗くて汚れて濁った水路を歩きながら、清田益章さんが
こんなことを言うんだ。(本が手元にないので記憶で…)

「どんな恐ろしいところかと思ってきたけど、ここの水は頑張ってるぞ。もの凄く頑張って東京を浄化してくれてる」みたいな。「水は周囲のエネルギーを転写する」みたいな話が最初の章に出てきます。

この本がきっかけでワタシは出雲大社に行ったのを手はじめに、松村潔先生の占星術の本を読み漁るようになったんでした。同時に『アースダイバー』にもハマってて、あの年はとにかく死に物狂いで働いて、狂ったように旅行してました。

今年は「」の年。ということは水の年。水にまつわる旅、またしてみようかな~という気がします。

関連記事
2012/02/06(月)
ブックレビュー

Page Top↑
▲ Page Top