ヒマラヤ産丸玉水晶

三上牧先生が中野トナカイで開講している『はじめての水晶占い講座』の2期クラスに2月から通っています。というとたいていの方は「??? なんかアヤシイ…」という反応です。うんうん。その気持ちはよくよくわかります。

私はいわゆる霊能とか霊感とかぜーんぜんありません。鈍感です。アタマで考えるジャンルのほうが、ずーっと優位で得意です。とはいえ、三上先生がすごいってことは以前から存じ上げてるわけだし、せっかくの機会だし、好奇心だけはむんむんに全開だし、苦手なこの手の分野も思い切ってトレーニングしてみることにしました。

だけど~… ごく率直に言えば…「自分で、水晶を観てなんか見えるなんてうっそぉ~?!」と思いつつ申し込みましたし、実はいまだに半信半疑だったりもします(笑 でもふしぎなんですよね。練習してるうちにな~んか見えるような。。。うーん。やっぱり練習あるのみだよね。

3月後半からは実践読み会が始まるし、やっぱり本気でトレーニングしよう!!!と、なんかいきなり猛然と練習意欲が湧いてきたきょうこのごろ。

水晶玉×2(ブラジル産&ガネーシュヒマール産)

そして… 気がついたら、なぜか新しい水晶玉を購入してました。はい。質の良いお道具を揃えるたびにテンション上がる牡牛月クオリティ…w

手前の透明度が高いのが、これまで使ってるブラジル産の水晶玉。大きなクラック(ひび)に沿って綺麗なレインボーの光が出ます。つるつるとして透明度の高い水晶はもちろん本当に素敵です。澄んだお水みたいに吸い込まれそうに透明でキラキラ輝いています。右側のちと曇りがかってるのが、あんまりうまく撮れなかったけど、ガネーシュヒマール産の丸玉。いやはや。本当に迷った末に、思い切って買いました。(お値段が…)

ヒマラヤ水晶はたいていはインクルージョン(不純物)がいっぱいあったり、少し色味ががっていて透明度も高くないし、ヒビや欠けもたくさんあったりするけど、ぽってりとしたふくよかな生命力や芯の強そうなしっかりした印象をいつも感じます。例えて言うなら、産地直送の泥つき野菜みたいな雰囲気かな~。

だいぶ迷って買ったんだけど、やっぱり嬉しいかも♪というわけで、しばらくまたがんばって練習しようと思います(単純)


関連記事
2012/03/08(木)
日々のつれづれ

Page Top↑
▲ Page Top