『占いの謎』

世間で占いといえば、たいてい「怪しい・妖しい」と相場が決まってます。しかしながら、それは別に占いに限ったことではなくて、ちょっと歴史を遡ってみれば、宗教家や治療師や技術者や芸能者などの特殊技能者はみな、普通の人には扱えない事象を扱う不思議な能力を持つ人々として見られていたはずです。

生と死、魂の領域、日常と非日常、そうした異なる世界の間には、ふだんはきちんと線が引かれていて、簡単には行き来できないようにされているのに、そうした特殊技能者たちは、ごく日常的な意識や常識が支配する世界と、わけのわからない不可思議な世界の合間を行き来するような、不思議な存在だとみなされていたことでしょう。

日常や常識の確固たる世界と、そこでのルールが通用しない不可視の世界と、そのちょうど合間の「あわい」にはグラデーション状の境界線があります。そして、境界は常に妖しい魅力に溢れています。そんな妖しげな世界を、より知的に客観的に、誰もが理解できる形で記述して、まとめようとする試みは世界中にたくさんありますね。
難しい本はいろいろあるけど、最近読んでおもしろかった本はこれ。


『占いの謎~いまも流行るそのわけ』


「占いとはなにか?」という疑問を、文化人類学の視点から考察。著者は「日本の迷信(俗信)を文化人類学の知見からとらえなおす作業をしている」とのことで、古今東西の占術やら、言い伝えなどが幅広くバランスよく網羅されています。(紹介部分と、考察部分が分かれているので、どちらかだけ読むこともできそう)

なんといいますか「私はいつ結婚出来ますか?」とか「どうやったらお金持ちになれますか?」的に占いを使うのではなく、「そもそも占いとは何ぞや?」なーんって考えずにはいられないような習性をお持ちの方々(同類諸氏!)にお勧めです。

この本の一連の論の中で、著者は自らを「占いを信じる者ではなく観察者として」とわざわざ明記しながらも、「意外と迷信家です」などのプチ矛盾も正直に告白したりもしながら記述を進めている点が、非常に興味深く感じられます。著者自ら認めているとおり、占いに対する知的な興味だけではなく、占いや迷信(俗信)の世界に、理屈では説明出来ない不思議な魅力を著者自身も感じているのでしょう。

「占いをべったりと全部信じるのはちょっと抵抗がある。でもやっぱりちょっと気になる。当たってることもあるし」「未来が全部決まっているのなら、努力なんてする意味ない。だから私は占いなんか信じない。でもときどき不安になる」世の中ではきっと、例えばこんな風なかんじかな。

なんとなく占いや見えない世界に惹き付けられる気分は、少なからぬ人の心の中にあるではないでしょうか。なぜなんでしょうね。なぜ多くの人は占いに惹かれたり、逆に妙な嫌悪感を抱いたりするのでしょうか。私は小さい頃からずーっとそのことを心のどこかで考えています。

+++ +++ +++
占いは、いったい、何をしようとしているのだろうか。それはひとことで言えば、世界の秩序化である。われわれ人間は、世界を、偶然の積み重なり、デタラメで、なんの法則も秩序もないものとしてとらえたくないのだ。世界を、なんらかの法則に支配された秩序あるものとみなしたいのだ。(p.185)
+++ +++ +++

なるほど。そうね。そうかもしれませんね。人生がなんの迷いも無く平穏に流れているときには、通常の人は
占いなぞにあまり興味を示さないものです。なにかあったときに「なぜこうなったの?」「私の人生の意味は?」とか問いたくなったりなんかするときに、占いに関心が向く人は少なくないでしょう。(まぁもともとそういうのが好きな人は別でしょうけど)

+++ +++ +++
占いは、バラバラで、一貫性がなく、その場限りとしか思えない過去、現在、未来の出来事、人生、性格などを、たがいに関連づけられたものとして、一つの統一体として見ることを可能にする視点を与えるのだと考えられる。(p.199)
+++ +++ +++

ふむふむ。これをもっと狭く類型化して誰にでも扱いやすいようにしちゃったりなんかすると、「人間が12タイプに分類できるはずはない!」といった鉄板ばりばりの批判を呼ぶわけですね。なるほど。わかりますw

+++ +++ +++
世界が偶然の寄せ集めととらえられることに気づいたとき、そういう偶然性を、なんとか必然性へと読みかえようとするこころみ、その一つが占いなのではないだろうか。われわれの人生、また世界に起きることに、理由や根拠をあたえ、世界を秩序づけられたものとしてみることを、占いはおこなおうとしているのだと考えられるのである。(~中略~)おそらく、このあとも、どんなに科学が進歩しようと、占いに頼る人がいなくなることはないだ
ろう。(p.216)
+++ +++ +++

ふむふむ。その読み取りは特殊技術が必要になるから、そこに職業者としての占い師の需要が生じる、と言えますね。そして、占い師が一種の語り部なのだとしたら、そこには当然、語り手としての占い師の個性やフィルターのクセが大きく反映されます。さらに、受け手との相性や、受け手の求める要素も千差万別。どうせだったら自分と相性が良くて、信頼出来る語り部と巡り会えるたらラッキーですね。

そして、人任せにするだけでなく、自ら境界の向こう側を探索してみたい!とお考えの方々もいらっしゃるでしょう。(何を隠そう、私も昔からそう願っていた一人です)占いのロジックを学ぶことで、よりエキサイティングで主体的に自らかかわる形で、摩訶不思議な境界の世界を自分で探検できるようになります。

とはいえ、いくら探検したところで、すべてを知り尽くすことなんて永遠にできっこない。でも、惹きつけられるんです。なんて、魅惑的な。なんて妖しい誘惑なんでしょう。だから占いはやめられない。。。

関連記事
2012/03/31(土)
ブックレビュー

月金星木星合を見上げつつ

中野トナカイのメールマガジンで、来からレギュラーに入れて頂く私のことをご紹介いただきました。ありがたいことです。⇒★

あー。毎日があっというまに飛んでいきます。。。

2012年3月27日月金星木星

先日25~27日あたりの宵の空に光っていた星たち、ご覧になられましたでしょうか?細い三日、ひときわ煌々と輝く金星、小さく眩しく輝く木星。都会の空でもはっきりとわかるくらいにまぶしい競演でした。この写真は27日のもの。上から金星木星です。前日は金星木星の順で綺麗に縦に直列していました。

水星や金星のように太陽から近い位置にある星は、天上高く!に見えることはありません。いまは比較的金星は太陽から遠い位置にあるので、こうして暗くなってからもだいぶ長い時間観測することができます。

金星も木星も、明るく輝くその姿から古来より吉星=ベネフィックとして尊ばれてきました。それも豊穣の牡牛サインでの三天体の会合。なんとも福々しい豊かさに満ちあふれていたようです。

関連記事
2012/03/29(木)
天文現象

木の芽どき

まだまだ暖かい、というにはほど遠いですが、春ですね~。木の芽どき、というようにいろんな新しいモノが芽生える季節。生命力が旺盛になってくる分だけ、不安定にもなりやすい季節。治療院でも「苦手な季節は春!」とお答えになる人は多いです。激しい寒暖の変化や、大きな環境の変化は思いのほか大きな負荷になっているはずです。このあたりが要注意ポイントです。

基本的には環境の変化に強いのは、なんといっても柔軟宮(双子、乙女、射手、魚)が強調されたお生まれの方々です。何を隠そう、ワタシも柔軟宮人です。変化は大好きですし、適応力も強いのですが、それでもニンゲン。たまにはダウンします。今週はもののみごとに発熱⇒声全滅⇒喘息のフルコースでした…orz

なんにせよ、頭で考えて理性でわかっていること、心で受け止めて感じる反応や変化と、肉体がそれに応じて変化していくスピードとは、それぞれに異なります。あんまりぎちぎちにスケジュールをいろいろ詰め込むよりも、少し余裕をもってゆるめて風任せ、くらいが本来は自然で、ちょうどいいペースなのかもしれません。
関連記事
2012/03/24(土)
日々のつれづれ

春分の日〜2012年3月20日

きょうは春分の日。『国民の祝日に関する法律』の規定では、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日なんだそうです。干支暦では卯月の真ん中で、春の気が最高潮と考えます。二十四節気でずばり「春分」。お彼岸の中日でもある。

そして、西洋占星術ではきょうがお正月とでも呼んだらよいような新しい年のはじまりです。(太陽黄経が0度、というポイントを通過する日。いわゆる12サインの起点である牡羊サインの起点に太陽がある日、といえば良いかな)春分の日を「国際占星術デー」して広めよう!という動きも各地でいろいろと始まっています。

下北トナカイでも、まついなつき先生による占星術入門講座がユーストリームで配信されます。ちょっと興味あるけど~…な方々、視聴は無料。ぜひどうぞ。
※ アーカイブされるとのこと。リアルタイムでなくてもOK

そして、そのあとには大鑑定会が開催されます!そうそうたる先生方の中に、私もこそっと混ぜて頂いてます^^;
(私は15時30分~20時居ますよ~)ご予約不要。10分1000円メニューだらけなので、ハシゴ大歓迎!

休日の下北沢、ぜひぜひ遊びにいらしてくださいませ。
お待ちしております。

※ 「国際占星術デー」についての詳しい解説は、
鏡リュウジ先生のサイトへ! ⇒★

関連記事
2012/03/20(火)
陰陽五行

春色ミサンガ☆

中野トナカイ平日夜のタロットプリンセス☆岩田麻里さんによる『オーラチェックとミサンガ作成』メニューを体験してきました。

トルマリンシリーズのミサンガ

じゃ~ん。綺麗です。淡いピンクと薄い黄緑(グリーントルマリン)、薄青色(アイオライト)、シルバービーズの4種類を生成りの革紐に通して結んでもらいました。とってもシンプルで可愛らしいミサンガです^^

トルマリンシリーズのミサンガ(着用中)

着用するとこんな感じです。手の動きに合わせて、小さいパーツがころころと転がって楽しい。本格的な天然石のブレスレットだと、PC作業や水仕事のときなどには適さなかったりしますが、これならふだんずっとつけててもOK。

ミサンガ作成メニュー by岩田麻里さん

制作してもらうときは、まず自分のチャクラの状態を音叉を使って、全体をチェックしてもらいます。音叉の響きがとても清々しいです。あ、わたしは…頭頂部のと一番下以外は全部詰まってるって…ひえー。。。ま、自覚あるんでそのとおりだと思います…(汗

次にタロットを展開して、いまの状況をより詳しく見てもらいます。あ~… なんといいますか、頭のなかばっかりやる気がみなぎってて、足元がお留守になってるような感じでしょうか。そんなわけで、あれこれ希望を言って相談しながら石を選んで、さきほどのミサンガに仕上げてもらいました。あーでもない、こーでもないとか言いながら、目移りしてあれこれ選ぶってのはいくつになっても楽しいですね~。ふふふ♪ 麻里さん、ありがとうございました!

ちょこっと裏話。岩田麻里さんと私は、去年の3月末に中野トナカイで予定されていた「フレッシュ新人鑑定会☆」イベントに2人で座る予定でした。(震災の影響で結局そのイベントは実現しなかったのですが)いまや麻里さんは、中野トナカイだけでなく、原宿や下北沢のお店でも大人気のタロットリーダーさんになられています。しっとりとしたハスキーボイスと、優しいスマイル、なにより誰より鋭い感性、そしてさすが作詞家!紡ぎ出される言葉のセンスにいつも脱帽です。

岩田麻里さんによる私のミサンガ作成の記事 ⇒★

関連記事
2012/03/14(水)
日々のつれづれ

Page Top↑
▲ Page Top