朝に夕に

2014-05-30-yokohama-sunset-01.jpg
個人的には朝陽派ですが、たまには夕陽も。

東ははじまり。新しく生まれ、若々しく個人の力が立ち上がって来るところ。
西はおわり。個人の存在は消えて溶けて、集団や死に飲み込まれるところ。(パートナーシップを司るのは西の方角だし、仏教で死んだら行くといわれる西方浄土もまた西なのだな)

2014-05-30-yokohama-sunset-02.jpg
画面中央、高層ビルの隣には、沈みゆく月齢1のほそーーーい月が見えます。

+++ +++ +++

ネタはあれども、時間がなっしんぐ。
また書きます!

関連記事
2014/05/31(土)
日々のつれづれ

相剋関係の研究2

2014-05-14-orange.jpg

6/10の講座、改題しました。案内文も全部書き直しました。といっても、もともと想定してた内容を、十大主星をメインにして、よりタイトに絞り込んだものです。

6/10(火)『十大主星の研究2 〜相剋関係〜』 ⇒★

(すでにお申し込みくださってた方々、タイトル変えましたが内容はそんなにかわりませんので、なにとぞご了承下さいませ)

えーっと。。。あっ。電話鳴ってる!
つづきは… のちほど!!!
関連記事
2014/05/30(金)
日々のつれづれ

相剋関係の研究☆

【 追記 5/30 10:30 】
6/10の講座を改題しました。
『十大主星の研究2〜相剋関係〜』ご予約受付中!⇒★

2014-05-25shiro.jpg

幸か不幸か忙しいです。いろいろ滞ってて申し訳ありません。

先日書いた「車騎×貫索」の話 ⇒★ ですが、おもいのほかたくさんのリアクションを頂きました。あれを読んだことで、おいで下さったお客さまもいらっしゃいました。ありがとうございます。

なるほどねーーー。みなさん、ああいうネタがお好きなんですね。そうだよね。ああいう話がウケるんですね。よし!それだったらあのシリーズを全部の組み合せで書くぞ!なーんてことすれば良いのかもしれないんですが… あれって、ふだんの鑑定で常日頃からふつうに喋ってることなので、なにかきっかけがないと、いちいちわざわざ改めてブログに書き起こそうという気になれませんのです。。。(サービス精神が無くてスマン。。。)

が、相剋関係についての理解はもの凄〜〜〜く重要なので、いちおうロジックは書いてみます。


○ 木剋土、火剋金、土剋水、金剋木、水剋火(どちらがどちらを剋すのか、必ずエネルギーの流れの方向をはっきり意識すること)
○ 陽×陽、陰×陰 の組み合せは激しく反応が起こる。(陰陽が揃うとバランスがとれる、というのは基本)

● 陽×陽の組み合せ
貫索×禄存(木剋土)
鳳閣×車騎(火剋金)
禄存×龍高(土剋水)
車騎×貫索(金剋木)
龍高×鳳閣(水剋火)

● 陰×陰の組み合せ
石門×司禄(木剋土)
調舒×牽牛(火剋金)
司禄×玉堂(土剋水)
牽牛×石門(金剋木)
玉堂×調舒(水剋火)

以上の組みあわせは、もれなく両立し難い葛藤をもたらす、と言えるでしょう。
具体的にどんな出来事を招きやすいか、どんなパーソナリティになるか、ひとつひとつご自分の言葉で考えてみて下さい。(この練習が私は大好きね♪一緒にやってみたい方は、鑑定でも個人レッスンでもご用命下さい)

特に中心星と隣り合わせで発生する相剋がいちばんわかりやすいですし、大きな葛藤になります。
いかなる場合も、必ず!!!どちらがどちらを剋しているか、をよく考えて下さい。たとえば、中心星が周りと相剋だらけだったらどうなるでしょう???(思考実験は、なるべく極端な例を想定するとわかりやすいです)

中心星が周りを剋しまくってるなら、自分基準、自分のあたりまえ、自分流を当然のこととして周りに要求したりしてませんか?
中心星が周りから剋されまくってるなら、ついつい自虐、負け癖、被害妄想、ネガティブ志向があたりまえになっていませんか?

そこに、ひとつひとつの星の意味を当てはめて、実際にどんな現象が起こるかをひとつひとつ考え始めると、あっというまに飛ぶように時間は過ぎていきますとも。それでいいのだ。おもしろいのだ♪

それから、剋されてるから悪いってことじゃないです。剋されてる=才能とみなすわけで、まったく剋されてない星は気ままでしつけがわるかったり、素行が悪かったりすることがあるよな、と私はおもう。そして、強く剋されている星がしっかりと陽転してる人をみるたびに、私はいつもタロットの「力」を思い出します。

あたりまえのようですが、自分のあたりまえは人のあたりまえじゃないです。これだいじね。



関連記事
2014/05/28(水)
算命学

たまには夕陽

【追記 11:15】
お店日記更新しました。 ⇒★

2014-05-25.jpg

2014年5月27日(火) 12:00〜17:00
中野ブロードウェイ4F 占いのお店 中野トナカイ在席 ⇒★
受付可能時間 13:00〜17:00


ご来店は13時以降でお待ちしております。
17時台はご予約頂ければ可能です。

当日お問合せ 03-3387-4355
アポ無し来訪のお問い合わせも複数頂いておりますので、必ずこの時間に!という場合はご来店前にお電話下さい。

明日は双子座新月。夏からの獅子木星期に向けて、そろそろ新しい風を入れていきましょう。作戦会議大歓迎。お待ちしております! 10分鑑定、15分ワンポイントなども可能です。

2014-05-25-sunset.jpg

いつも朝日ばかり撮ってるので、たまには夕陽。
んーーー。曇ってたし、ちと淋しいかな。。。


※ 6月の講座案内UPしました。

6/10 『はじめての陰陽五行1』 ⇒★
6/24 『宿命中殺の研究』 ⇒★

関連記事
2014/05/27(火)
日々のつれづれ

折れませんがなにか?~貫索星~

2014-05-19-kanou.jpg

貫索星が効いてる(命式の中で重要な役割を果たす)ケースを拝見する機会が続いています。
※ 先日の読み会でサンプルになってくださった方も「貫索星が才能星」というあたりがポイントでしたね。

ちゃらら~~~ん♪ 新設っ。自分の言葉で書いてみようコーナー!(酔っ払ってません。きりっ) 貫索星?例えて言うなら、大木。ゆっくり時間をかけて大きくなる大器晩成型、これが貫索星でございます。正々堂々!

+++ +++ +++

○ 貫索星のいいところ。
ぶれない。頼りがいがある。独立独歩。ゆっくりと着実。頑丈。ウラオモテがない。諦めない。飾らない。率直。(だいたいおんなじことをいろんな言葉でぐるぐる言ってるだけだな~~~w)

○ 貫索星のよくないところ。
融通がきかない。俺様唯我独尊系。いったん折れると立ち直るのが大変。自分流にこだわる(こだわりすぎる!)。頑固。のろい。どんくさい。(ゴメン!)

+++ +++ +++

そんなかんじかな。(これらはもともとの教科書的解釈をもとに、実際の貫索星的な方々を見た印象を私の言葉で言ってますのであしからず!)

つまり、貫索星が才能星なら、貫索星の良いところを活かすようにしたらいいわけでございますよ。たとえば、車騎星はせっかちで、すぐに白黒つけて結果を出そうとするだろうけど、そこでぐっとこらえて、時間をかけて大志を実現するべく努力を続ければいい、ということです。

車騎星は貫索星を剋す(金剋木ですな)関係なので、ついつい車騎星の性質のほうが強く出やすいけど、がんばって活かして伸ばしがいがあるのは、剋されている貫索星のほう、というわけです。(算命学的な「才能」として考えるなら)

車騎星はスピードと攻撃性のプロフェッショナル、貫索星はじっくり守備のプロフェッショナル、と考えてもいいかもしれません。そりゃー葛藤が生まれるでしょうね。ひとりの命式の中に両方の星があったら「どM大歓迎、絶賛おひとりさま我慢大会!」なーんてかんじでしょうか。(持ってる人、コトバが悪くてゴメン!客観的に見るとワタシにはそうとしか見えないのです…^^;;;)

こうやって、相剋関係の星を並べて、それぞれの組み合わせからどういう反応が生じるかを考えて説明していくと、コトバだしのいい練習になりますので、ぜひぜひどうぞ。全部の組み合わせでぜひやってみてちょうだいませ。(へ?なんのこっちゃ?という方は、6/10にいらしてね! ⇒★

2014-05-03-ebine.jpg

もう一歩だけ解説。貫索星がある、ということは、自分の日干とまったく同じ干が命式の中にある、という意味です。(たとえば、辛生まれなら、辛が他にもある、ってこと)となると、鏡を見るみたいに、自分と同じものを意識することになるので「自分」という意識が強く生じる、というのがもともとの貫索星の意味です。(四柱推命だと「比肩(ひけん=つまり、肩を並べるんだね)

これが同じ仲間でも石門星になると、日干と五行は同じでも陰陽の違いがある干がある、ということになります。ですから、調和とか違いを認める、という意味が入ってきて、ひいては石門星の集団性とか調和を重んじる、という解釈につながっていくわけです。


※ 6月の講座案内UPしました。

6/10 『はじめての陰陽五行1』 ⇒★
6/24 『宿命中殺の研究』 ⇒★

基礎編、かなり徹底してやります。五行の組み合わせがすらすら言えない方、大歓迎ですので、どうぞいらしてください!!!

貫索星的に率直に申し上げますと、五行の組み合わせがそらですらすら言えないのに、背伸びしてむずかしいことやるのはお勧めできません。足元からぜんぶ崩れちゃうのであぶないですよっ!(まじです)

関連記事
2014/05/25(日)
算命学

Page Top↑
▲ Page Top