盆栽万歳

2014-06-30.jpg

2014年7月17日(火)
中野ブロードウェイ4F 占いのお店 中野トナカイ在席です。

○ 空き時間 ○
12:00〜 13:00〜18:00


明日は18時のご予約頂いたので、17時台も承ります。(ご予約無ければ17時台は離席するので、ご一報頂けると幸いです)10分鑑定、15分ワンポイントなども可能です。お気軽にどうぞ。お待ちしております!

当日お問合せ 03-3387-4355 ⇒★

+++ +++ +++ +++

2014-06-09-bonsai01.jpg

このまえ(といっても1ヶ月以上前かな?)明治神宮でみかけた盆栽が凄かった!
どどーーーん!

どれも樹齢100年とか、それに近いもしくはそれ以上(なんか凄すぎてよく覚えてない…)の木ばかりなのでした。これは100年って書いてあるね〜。すご。。。

2014-06-09-bonsai03.jpg

近くで観るとちょっと強烈すぎたので遠くから撮ったんだけど、みっしりとまったくスキマがないくらいに開花してる真ん中の木とかインパクトありすぎてくらくらしました。。。

なんというか… 我ながらなんかこう、盆栽という存在にどうやって向かい合って、どうやって撮っていいかよくわからないのね。そういうへっぴり腰な具合がよくわかる写真だなぁ…www

2014-06-09-bonsai02.jpg

植物だって生きてる、と言われればそのとおりなんですが… 自由に伸びてる樹木と違って、ぎゅぎゅぎゅっと凝縮された生々しさがあって、なんか…強烈でびっくりした。盆栽見てあんなに衝撃を受けるとは… うまくいえないんですが、盆栽があんなに強烈なものだとは知らなんだ。その道にハマる人が出るようなものは、なんでもやっぱり磁力というか魔力があって当然なんでしょうけどね。

ディズニーアニメあたりにでてきそうな、喋る古木の長老みたいなかんじがしました。ぜったいなんか喋ってたよ〜、あの方々。私には植物語はよくわからないのがひじょーーーに残念でした。


関連記事
2014/06/30(月)
日々のつれづれ

7/15 『十二従星の研究』

2014-06-01-geku.jpg

十二従星の研究』

開催日時: 2014年7月15日(火) 10:00〜12:00
講師: 天海 玉紀

● 開催場所: 中野ブロードウェイ4F 中野トナカイ
● 受講費用: 3.000円
● 定員: 8名 (7/14満席)


占いに興味がないとおっしゃる方でも、2000年頃に一世を風靡した「動物占い」のことはご存知ではないでしょうか? あなたはなんでした?トラ?ライオン?黒ひょう?肉食系でしたか? それとも、こじか?さる?カワイイ系でしたか? 動物占いは、生まれ日の日干支(庚申とか、甲午のような)を元に算出されていますが、他にも動物は2匹いるんだよ〜ってことご存知ですか?

今回は、算命学では十二従星、四柱推命では十二運、と呼ばれる十二種類のパターンの仕組みと意味を探っていきます。天○星という名のついた星は十二種類あり、生まれて、育って、偉くなって、弱くなって、死んで、魂に戻って、というサイクルを象徴しています。

算命学独特の意味や読み方も含めて、命式の中で十二従星をどのようにとらえていくか、複数の従星の組み合せをどのように解釈し、鑑定の中でどのようなアドバイスをしていけばいいか、いっしょに考えていきましょう。初めての方もどうぞお気軽にご参加下さい。


● お申込メールフォーム
http://www.tamayura.to/tamaki-amami/

● 携帯からアクセスの方はこちらへ 
http://form1.fc2.com/form/?id=651386



関連記事

2014/06/28 ただの日記

2014-06-25-lily.jpg

梅雨本番ですね〜〜〜。じっとり。ワタクシはここから梅雨明けくらいまでの時期が1年間がたいへん苦手です。暑いのも苦手ですが、湿気がいかん。活動性がめっきりさがります。じっとり。安全第一。低速低空飛行です。

27日は蟹座の新月でございました。雨降りでなんとも水っぽい新月デーだったような。蟹クイーンのまついなつき店長が、新月読みの記事をUPされていました。⇒★ 蟹関係の方々はさすが活動宮、あちこちで動きがあったようにお見受けしますが、いかがでしたでしょうか。

私は自分のアセンダントぴったり上の新月でしたが、窒息しそうなおもだるさと、ただただ眠くてぼーーーっとしているだけで終わりました。次のターンとなる満月は、7月12日。なんだグランドクロスの満月じゃあーりませんか。さすが蟹汁、濃いですな。。。

さてさて。来月分のご予約お申し込み、前回のレビューなどもありがとうございます。
『十二従星の研究』 ⇒★
『東洋占術読み手順基礎編』 ⇒★

フライング告知ですが、8月は5日に休みを頂いて、「大運」徹底研究デーを12日に開催する予定です。
あーんど、8月といえば!阿佐ヶ谷七夕祭りの占いイベントが今年も開催されます。(タロットバーアーサ&日下ゆにさんプロデュース)

七夕まつりの開催日程は8月6日(水)、7日(木)、8日(金)、9日(土)、10日(日)の5日間。会場は今年からタロットバーアーサに変更となります。連日ゴージャスな占い師の先生方の顔ぶれが並びますので、ぜひお楽しみに!(私はちゃっかりと7日(木)に座らせて頂く予定です。ぜひ遊びにいらしてください☆)


※ おまけ。最近ダントツに面白かったネットネタはこれだ!

「愛する人に東横インをプレゼントしよう」⇒★
「愛する人と東横イン本社にいった」 ⇒★

24歳にしてこの絶妙の距離感とセンスかー。すばらしーな。これは惚れるわ。

関連記事

2014/06/24 ただの日記

2014-06-22-usagi-kame.jpg

火曜日「宿命中殺の研究」お越し下さったみなさま、ありがとうございました。朝から大幅に中央線のダイヤが乱れたり、午後からは盛大な雷と豪雨が襲って来たり、なんともハードコアな1日でしたね。めったにお目にかかれない貴重な命式を見せて下さった夏瀬杏子さん、ありがとうございました。残念ながらお越しになれなかった方々も、ぜひまたこんどご一緒しましょう。

7月分の詳細は、今週中にUPします。7/15(十二従星)、7/29(読み手順)の2回で、7/29の後半は読み会形式にできればとおもいます。「命式全体を見た時の雰囲気」とか「仮説の立て方」といったものすごく実践的な面からの考察をしていきましょう。8月はたぶん1回のみですが、時間多めにとって夏休み自由研究的なノリで、「大運」をみっちりみんなで勉強しませんか?という脳内計画です。(日程のリクエストありましたらどうぞ。応相談。早い者勝ちです)

ここのところ、不妊治療にまつわるご相談が続きました。生死に関わるご相談も続きましたが、非常にデリケートなテーマですので、実際にお話しするのはそのテーマに向かい合うご自身の気持ちの問題であることがほとんどです。(生死だけでなく、占うべきではない事象はいろいろあります)そういえば、不妊は女性だけの問題ではなく、男性不妊もありますよね。おそらく男の沽券に関わる?!のか、あまり公に多く語られることはありませんが。

いつもお世話になっている翡翠輝子先生が、こんな記事を書かれていました。ぜひご覧になってみてください。
「不妊治療取材から学んだこと」 ⇒★

私は一時期半ば本気で「本体は要らないから種だけもらおうかな」とか言ってたら、既婚者ばかりに声かけられるようになって、つくづき辟易したことがあります。いったいあれはなんなんだ。下心のある既婚者の媚ほどキモチ悪いものはないな。あれがちょっとでも臭うとうんざりしてシャットダウンします。くわばらくわばら。ですから、冗談でもそんなことは言うもんじゃなかった。反省している。だいたいこんな母親だったら子供はイヤだよね。私は絶対にイヤだ。うん。これでいいのだ。

というわけで、基本的に子供が欲しいと思ったことがないので、治療院で不妊の方がいらしても、不妊にまつわるご相談があっても、自分の思い入れや主観が入る余地がほとんどありません。淡々と自分の持っている技術や知識をご提供しております。とはいえ、とても頭が良くてきちんとした女性の方々が、不妊治療の辛さで心も身体も煮えくり返ってしまっているのを見るのは、とても辛いことです。つくづく胸が痛みます。

頭のいい方々が「なぜ?なぜ?」と考えれば考えるほど、身体の自然からは遠ざかっていきます。考えて意図的にコントロールできない領域はたくさんあるのです。考えなくていい。図らなくていい。子供がいてもあなたはあなた、子供がいなくてもあなたはあなた。私はただそう思うだけです。あなたが元気で健やかで居ることがいちばんだいじだと思うだけです。

あとは恒例の個人的ヨタバナシ。
関連記事
2014/06/26(木)
日々のつれづれ

負けてますがなにか?

※ 6/24 お店日記更新しました ⇒★

2014-06-22-meigetsuin.jpg

2014年6月24日(火)
中野ブロードウェイ4F 占いのお店 中野トナカイ在席です。
 ⇒★

午前中は講座です。⇒★

鑑定空き時間 15:30〜17:00 (明日は居残りできません。17時で帰ります)
何件かお問い合わせがありましたので、念のためご来店の前に確認のお電話下さいますようお願いいたします。
※ 当日お問合せ 03-3387-4355

+++ +++ +++ +++

「自分が早く結婚しろ」とか「産めないのか」とかなんとか、なにやら世の中はキナ臭く、がやがやと賑わしいようデスね。

どちらのディスりターゲットにもばっちり該当するワタクシでございます。面と向かってはっきりそう言ってくる人はこの世に結構いますが、残念ながらワタシにはそう言ってみたところでまったく思わしい効果がありません。毎回どうやって迎撃してさしあげたらいいか考えるのがめんどくさいので、もうちょっと悲しんだり傷ついてあげないといけないのかな〜…などとも思うのですが… よけいなおせわでしょうか?

まぁ、とりあえず模範回答は「仕事ばかりしていたらこの年になってしまいました。にっこり」くらいかと思われます。「出会いがない」なーんって言った暁には、とんでもない奇特な物件を強引にご紹介くださろうとしたりする方もいらっしゃるので、極力よけいなことは一切言わないようにしています。

「まぁ… どうしてお若いくて可愛いのにどうしてこんな仕事を…」とか、鍼灸師になりたてのころはこそこそとお客様に言われることも少なくありませんでした。(まだ20代で若かったんですね。もともと丸顔童顔でございましたし)いまでこそ鍼灸師はかなり異端ながら厚生労働省管轄の免許がある「医療従事者」でありますが、もともとその是非は別として「なぜこんな仕事を」と言われる差別の歴史がある職業なのです。占いももちろん正業カテゴリではありませんね。芸能、技芸なども似たようなものでしょう。このあたりの歴史を勉強し始めると、つくづくエキサイティングです。おもしろい。


精霊の王(中沢新一)



無縁・公界・楽―日本中世の自由と平和(網野善彦)


婚姻もせず子供も産まない奴らは不届きだ、と思ってる人は、堂々と口にするおっさんに限らず、実際に言わないだけで結構たくさんいらっしゃるんじゃないかとは認識しています。都会じゃなければ、もっと露骨にいろんな不都合もあるのでしょうしね。いかんせん、どう思われようとも自由ですけど、現代社会の建前の中では、心の中でただ思うだけにしておくのと、酔っぱらったような場で口にするのと、公の場で口にするはだいぶ違うんじゃないでしょうかしらね。

独身子無し女性は「そうなの。ワタシ負けてます。ゴメンね」と最初から折れておけば、みんなそれ以上は露骨に責めて来ない、と鮮やかに見抜いたのは酒井順子さんの慧眼でした。「独身子無しで何が悪い」と開き直って堂々としてると、必ずどっかからツッコミが入るのです。戦うのは嫌いじゃないし、戦ってもいいんですけど、いかんんせんキリがなくてね。。。

ですから、ワタシはこれからも「ごめんね。負けてるの。みなさまにはご迷惑かけませんから、こんなワタシでも世の中に居場所を下さい(涙」と、うわべだけでも嘘の着ぐるみを着て生きてまいります。ほんのささやかなる生活の知恵です。ははは。


負け犬の遠吠え(酒井順子)


だいたいね、勝つ=良い、負ける=悪い んなわけないでしょ。
昔っから、負けるが勝ち、と言うじゃありませんか〜。
負けてうまくいくなら、いくらでも負けますともっ☆

関連記事
2014/06/23(月)
ブックレビュー

Page Top↑
▲ Page Top