11/25 『コートカード演習』 まついなつき

※ 10/31 本家での告知UPされました。詳しくはこちらから! ⇒★

2014-10-28.jpg

11/25(火) タロット練習会(コートカード演習)
時間 10:00~13:00
料金 3.000円
講師 まついなつき

10/19(日)に中野トナカイで行われたタロット練習会 『コートカード演習』 と同内容の練習会、火曜日開催をお願いしました。講師は店長まついなつき先生です。残念ながら先日の練習会には参加できなかった~!というみなさま、ぜひふるってお申込下さいませ。いっしょにばっちり勉強しましょう!

+++ +++ 講師からご案内 +++ +++

コートカードを徹底的にやり直しましょう。健康運も金運も最初はやっぱり、バリエーションを詰め込むという方法が手っ取り早い。コートカードに関するバリエーションの資料を制作してもっていきますので、最初の1時間はその説明。後は練習読みのときにコートカード出てきても臆さないというか、コートカード意識して読んでみましょう。プロで現場に出ていらっしゃる方も、自己流で研鑽中の方もスキルアップに是非ご参加ください。

+++ +++ +++ +++ +++ +++
関連記事

まっしろに…

2014-10-30-sazanka.jpg

ようやく終わりました。
過去4年分の記事、全部読み直してチェックしました。

あまりにも長たらしいのや重複してるのを消したり、いまでは考えが変わってる内容を書き直したり、とりあえず非表示にしたり(そのうち書き直すよ!)、リンク切れを消したり直したり、やることは超絶たくさんありました。

もう、自分の文章読みたくない!!!(切実
一週間の空き時間を全部費やしました。
燃え尽きた… orz

関連記事
2014/10/30(木)
日々のつれづれ

ソードの世界

ライダー版系の絵柄だったら、タロット知らない人でも、その絵柄見ただけで「うわ…良くないんですね…」とがっかりなさるような絵柄のカードが何枚かあります。大アルカナは別としても、見るからに痛々しいいわゆる「がっかりカード」はソード(剣)のカードにたくさんあります。

2014-10-28-swd.jpg

並べてみたら、右下がひとマス余ったので、ソードを持ってる「正義」=大アルカナをそっと入れてみました。

こうやって並べて眺めてみると、このデッキは、剣の鋭い切っ先を画面外に出して描かないようにしてるのかなーと思います。同じ剣でも、びみょーに太さや尖り具合が違ってますしね。「正義」のカードなんて、剣と言うより聖徳太子とかが持ってる笏(しゃく)みたいに見えます。

切断する=剣、という象徴なのでしょう。切る?怖い!イヤ!と感じられる方多いかもしれませんが、すぱっと切って整理しないとダメなもの、ダメなときもたくさんあります。ぼさぼさに伸びた雑草だらけのお庭、空が見えないくらい樹木が生い茂って暗い公園、もうダメだとわかってるのにずるずると別れられない相手、わかっちゃいるけど止められない悪癖、あれやこれやとぐるぐる回るばかりの不安や妄想、表面的な笑顔で調子良くタダ乗りしてこようとする相手、床が見えないほどモノが溢れている汚部屋、などなど。そんなのいやだ〜。もう我慢できない。思い切って切っちゃえ!というシチュエーションは、誰にでも訪れる。

あれはあれ、これはこれ、それはそれ。と、しっかり区別する。これがソード=剣=理性のだいじな機能です。他と区別するための名称を付けたり、それぞれの特徴と違いをはっきりさせる。人にわかるように説明する。きちんと筋を通す。気分や好き嫌いで態度や仕事のクオリティを変えたりしない。みたいなことは、お仕事したり、お外でオトナとして振る舞うときには重要ですね。

確かに、恋愛相談でタロット占いしたときに、ソードのカードばかりがずらりと場に並んだら、ちょっと…「らぶらぶだね」とは申しあげにくい。考え過ぎなんじゃない?もっとゆるく、あいまいに、雰囲気とか大事にしないとね、と申しあげることになるだろう。

でも、どんなに好きでも、彼と自分は究極のところは他人なんだよ、ってソードのカードみてると思います。昨日の話の続きとしては、いくら実の親子であろうとも、すべて共有して一心同体ってことはありませんよね?きちんと子離れ/親離れして、お互いを尊重するようにしないと!あたりが現実的にありそうなお話でしょうか。

ライダー版準拠の小アルカナソードの絵柄は、思考や理念が勝ちすぎて肉体としての自分を傷つけていたり、アタマで考える小賢しさの軽薄さが強調されていたり、情緒的なつながりが断ち切られた悲しみの状態を示すものがほとんどです。きっと描いた人がソード的な世界観が嫌いで、偏見があったんじゃないの?と思わずにはいられません。

関連記事
2014/10/28(火)
タロットカード

母がしんどい。母が重くてたまらない。

最初の頃、律儀に続けてた「トナカイ出勤日・今日の1枚」を復活させることにしました。(あとから振り返ってみると、意外にちゃんと記録になってたのだなーとおもいまして。またサボるようになったら、叱咤激励お願いしますっ)

ということで、ひさびさの「きょうの1枚」。せっかくなので景気いいカード来い来い!と心のどこかに欲があったのだろうか… どん。

2014-10-28-swd5.jpg

あらまー。ソードの5でした。
※ このデッキはHanson-Roberts tarot deck ⇒★

2014-10-28-radiant.jpg

よりライダー版ぽい絵柄だとこんな感じです。ソードは言葉、理念。5は外に向かって広がる、主張する。ということで、ソードの5は、一般的には「言いたいことずけずけ言って、周りを傷つけてもへっちゃら/またはそういう出来事に傷つけられる体験をする」と読むことが多いです。なんにせよ「わかるわかる」といった共感性とは正反対で、すぱすぱすぱっと何でもドライに切り捨てるイメージです。

うーん…ここで、考えた。きょうは何らかの理由で深く傷ついてる方々がお見えになるのかな。はたまた、私がずけずけと遠慮なく容赦なく厳しい読みをしてお客様が傷ついてるところを、さらに追い打ちかけるように「え?なにかワタシ間違ったこと言った?だって、全部ホントのことでしょ?」と傷口に塩を塗りこむようなことするのかな。(そういうやり方は、実は私の得意技であり必殺技でもあるので…)とか。いろいろ想像したのです。

果たして、実際にはどうだったと思われます?

なんと、3人のお客様が連続して「実の母が私を強烈にコントロールし続けている。何でも母の言いなりにさせられ続けて苦しい」といった趣旨のご相談でした。(年代もそれぞれ違うし、状況もそれぞれではありますが、要約するとだいたいそういう点が共通していました)

「母がしんどい」「母が重くてたまらない」といったタイトルの書籍があって、近年こうしたテーマが話題になっていることご存知の方も多いと思います。私自身、このテーマは実際の体験者なので、思うところが大いにあります。お三方の悩みも、苦しみも、完全にわかることはできないけれど、みなさんの置かれた状況の苦しさは大いに想像がつきました。

いちおう有名な売れ筋書籍をご紹介しておきます。(とはいえ、私自身はこれらを読んでいません。読まなくても…だいたいなにが語られていて、なにが多くの人の苦しみの元になっているか想像がつくから。読んだら自分が苦しくなることが容易に想像できるから…)


母が重くてたまらない―墓守娘の嘆き


母がしんどい


毒になる親 一生苦しむ子供


とにかく、罪悪感なんて感じる必要ないから、自分がコントロールされていると気がついたなら、なんとか全力で逃げきってほしい。母は母の人生を自分で生きなければならないし、あなたにはあなたの人生がある。母に依存されて、寄生される人生にNOを言う。「愛」という名の支配を振りほどいて、ご自身の力で、この先のご自身の人生を切り開いて、踏み出してほしい。あなたのことを正当に評価して、きちんと受け止めて、大切に尊重してくれる人たちに巡り会って、幸せになってほしい。心の底からそう願い、応援しています。

というわけで、「子供への愛という名の下での母の支配」とは非常に微妙なテーマです。母サイドの方からは非常にヒステリックな反応を呼び起こすことも多いので、これまであまり発言しないようにしてきました。でもちょうど良い機会なので、私自身の体験と意見を書いてみます。人によっては非常に不快に思われるであろうことも多々書きますので、このようなテーマがあまりお好みでない方は、以下お読みにならないことをお勧めいたします。(きょうは笑いもひねりもありません。くどくどと直球ストレートで書きますのでご了承下さい)

以下つづく。

関連記事
2014/10/28(火)
ブックレビュー

前しか向かねえ

2014-10-25-toranomon.jpg

2014年10月28日(火)
中野ブロードウェイ4F 占いのお店 中野トナカイ在席です。 ⇒★

12:00〜14:00 15:00〜16:00 空いています。
遅い時間のご希望はご連絡&ご予約ください。
※ 当日お問合せ 03-3387-4355

*** *** ***

先日、快調に走ってた試運転中の新ブログを吹っ飛ばしたのは、ひとえに自分の不注意ミスでございました。サーバー代を節約しようとして、治療院サイトも同じサーバーに同居させようとしたら、大失敗したのです(大馬鹿…

ブログって形式がこの世に出てくる前から「ホームページ開設」ってのはやってました。2000年頃から数年前まで、勤務先の治療院や、通っていた料理教室の「ホームページ」を作って管理してた、という嘘みたいな過去もあります。インターネットの力(集客力、伝達力、影響力)の大きさをこの目でしっかり見て、リアルに体験してきました。こうやってぱちぱちキーボードで打ち込んだものが、遠くの誰かに届く!という不思議を肌で感じてきています。

しかしなーーー…今回はちょっとさすがに凹みました。自分のやりたいことをやると強制的に横やりが入って壊されるアスペクト=太陽冥王星スクエアのワタクシにとっては、このくらいのトラブルは想定内ですよ。ふん。大事にしてるものは必ずどこかで壊される、と思っとけば、まぁ予定通り、ってことです。あまり傷つくこともないね〜。とかなんとか、やせ我慢で笑い飛ばすしかありません。出来る範囲でより高度なスキルを勉強して身につけるしかありません。基本的には出来る限りのことは、ぜんぶ自分の手でやります。ビンボーヒマ無し。何でも屋自営業ですから。

今回のつまづき、真面目に考えれば、記事の整理がつかなくなった状態を放置して安易に引っ越しするのではなく、従来積み重ねて来たこのブログのリソースをもうちょっと真剣に大事にしろ、というお告げでもあるよなぁ…と思い直しました。というわけで、ここのところは新しい記事を書く代わりに、地味地味と過去ログを手入れして整理しています。

おそらく、このブログに直接アクセスするのではなく、RSSリーダーなどをお使いの方も少なくないと思います。私自身もすでに他所のブログに直接お邪魔することはほとんどなくて、愛読ブログの記事は、ほぼ全部リーダーに配信されて来たものを読んでますので、愛読ブログのアクセスアップに協力してなくてゴメンナサイ!

そんな中でのお願いでたいへん恐縮ですが、もしできれば、いま一度PCからこちらにアクセス頂けると大変嬉しいです。左側のサイドバーに頻出するキーワード設定をつけました。(全部手動でタグ付け作業している最中です。まだ完成してませんが…)上にいくほどたくさん出てくる話題とキーワードです。話題の個人的偏りがよくわかります(爆

私が「天海玉紀」を名乗り出してから、もうすぐ丸4年が経過します。その間にちまちまと書いて来た約4年分の記事を全てさかのぼって読み直して手直しする、という膨大な作業を、いま突貫工事で頑張ってます。ひとつひとつ読み直して、改行直したり、表現直したり、現在では考え方が変わった内容は削除したり、実に地道な繰り返しです。2014年、2013年、2012年、と3年分の手入れが終わって、昨日ようやく2011年12月までたどり着きました。あと1年分くらい残ってますが、だんだん終わりが見えて来た感じ。

自分の書いた文章を読み直すのはまったく楽しい作業ではありません。自分のおなかの贅肉や、シワを拡大してよーーーく見せられる感じ、とでも言いましょうか。うへぇ…と胸焼けしてきます。「おめー話がしつこくて長いんだよ!」とセルフツッコミの嵐です。とか言ってるそばからこんなに長く書いてしまって、また自己嫌悪…orz

しかしながら、ひとつひとつ振り返っていると、書きっぱなしで忘れてたことがたくさんあって、忘れていたココロとか、忘れていた約束とか、そのときのココロの動きとか、いろんな忘れ物を見つけて、拾い上げています。そう考えると、試運転ブログのデータをぶっ飛ばしたからこそできた、このハードな長い長い振り返り作業です。やることなすこと、なにもかも最短距離でトラブル無くいけばいいってもんじゃないよ、と負け惜しみではなく、ココロからそう思えます。

次の一歩はどうしようかなー。さっくり綺麗に整理できたら、心置きなく「前しか向かねえ」と言えそうですが、とりあえずは残りの2011年分を全部修正してから考えることにします。ではまた続き作業を始めます。

関連記事
2014/10/27(月)
日々のつれづれ

Page Top↑
▲ Page Top