個展『蒼き鳥 ∞ 色彩の羽音』

会期残りがあと僅かと迫ってからのレポで大変恐縮なのですが…
HESOMOGEさん=川口忠彦さんの個展にお邪魔して参りました!

個展『蒼き鳥 ∞ 色彩の羽音』
http://hesomoge.com/2555
※ 会場・時間などはリンク先のいちばん下に詳しいご案内が載っています。開催は9/2(火)まで!

2014-08-30-hesomoge-01.jpg
会場でぱちり。わーい♪

後ろにちらりと見える青が効いてる絵は、新作ですね。春先にこのお葉書を頂いたとき、冷たい空気の中からふわーーーっと春が届いたようで、とっても嬉しかったことが思い出されます。⇒★

2014-08-30-hesomoge-02.jpg

第二版となるタロット。やや青みが強いトーンが印象的だった第一版より、第二版は黄色やピンクのパンチが効いて、全体的に色がくっきりと鮮明になっています。(個人的には、美しい幻想の世界から、よりこの世に近づいて来たような印象を受ける色合いです)

写真は、在廊されていた三上さんに占って頂いたスプレッドそのまんまです♪(三上さんの在廊日を狙ってお邪魔しました^^)

どどーん。やっぱり最後は「愚者」なのでした。ええ。これでいいのだ。糸の切れた凧のように生きて行きますともっ。私の部屋には、この「愚者」の大判プリントが飾ってあります。前回の個展の際に購入しました!⇒★

2014-08-30-hesomoge-03.jpg

今回はやや小さめのB5版での展示ということで、全体にぎゅっと凝縮された世界が味わえます。今回はどれを購入しようかなぁ…とお悩み中です。楽しい悩みです。はい♪

2014-08-31-moon.jpg

「今の私は『月』が欲しいんだよね!」と言ったら、プロのみなさんに「たまき、だいじょぶか?!」とやんわり止められたりもしたんですが、、、いいよね。いいとおもうっ。きりっ。
※ 写真は手元の旧版タロットの「月」です。

第二版はすでにAmazonでも販売されています!
もちろん個展にお邪魔すればその場で直接購入もできますし、実際に手に取ってみることも出来ます。
第二版は、前版よりさらに紙質いいように感じられます。(同じなのかな?)さらに特筆すべきは裏面の豪華な柄で、シャッフルしてるときに鳥が飛び回るので、これだけでもう気分が上がりますよ☆


【美麗なイラストレーション】青い鳥のタロット HESOMOGE Production

ちらっとこぼれ話。

以前からお話ししてますように、川口さんと私は、全く同じ生年月日の生まれでございます。不思議ですね〜。
さすがに生まれ時間は違うようなので、ハウスは違うけど、天体配置はほぼ同じです。

で、川口さんとワタシのネイタルチャートには「牡牛月□水瓶火星」のぴたぴたタイトなスクエアがあるんですが、ここに対して、この8月はご丁寧にもこちらもぴたぴたタイトなオーブで蠍火星土星がTスクエアとなって、がつんと絞めつけて来ておりまして、このまえの水瓶満月のときにはご丁寧にも派手派手なグランドクロスができたりしたもんです。(柔軟宮過多チャートにとっては、心底うんざりする重たさ。あー重たいっ…orz)

自分では、いちおう自分であらかじめ観てあったのと、もともと夏が苦手なワタクシは、このハードアスペクトざんまいを見越して、この8月はゆる〜くあまり働かないで暮らそう、と予定を組んであちこち遊びに行っておりました^^;;;

が、そのあいだも川口さんは8月中ずーーーーっと長期の個展を開催されて大車輪のお忙しさだったわけで、このハードな星回りの時期に、ちゃんと大仕事を成し遂げてらっしゃることに、ひたすら感服するばかりです。ご本人にその旨お伝えしたところ、「そうなんですか?お店の都合でこの時期になったんですよ〜」と、さらっとおっしゃってましたけど、いやーーー、すごいことだ。運や巡り合わせってホントに凄いね!
関連記事
2014/08/31(日)
タロットカード

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top