夏の終わり

2014-09-05-ozakibashi.jpg

夏はいつも暑さに負けてぼんやりとやりすごすのが常なのですが… 今年はなんやかんやと忙しかったです。
寝ても寝ても眠い。我ながらどっか病気なんじゃないかと思うくらい異常に眠いです。やれやれ。

20001111-DSC05120.jpg

古いHDを漁っていたら、まだ家に来て間もない頃のリクガメ君の写真が出てきました。ちっこい!カワイイ!まだまだ飼育環境が不安定で、いつ死んじゃうかわかんないような虚弱さで、とにかく溺愛してたころだな〜〜〜。(ぼそり)

DSC05126.jpg

わおー。チンゲンサイより小さかったんですね〜。しみじみ。最終的には私の掌からはみ出すくらいのサイズだったので、甲長20cmくらい、かな。寿命としてはもっと長く生きられる種類だったとおもいます。(もともとのサイズが大きければ大きい種類ほど長生きするそうです)

こちらの写真、撮影時期は2000年11月だそうな。とりあえずかたっぱしから日付だけ入れたデータ突っ込んどくだけでも、やっぱりちゃんとデータ保存しといて良かったな〜とおもうのは、まさにこういうときです。

2014-09-05.jpg

立派なお骨になりました。さすがカメ。甲羅もお骨と同じように残ります。
リクガメの飼育は大きな甲羅を維持するだけのカルシウムの合成を促すことが重要なので、食品+日光浴+運動の3点セットは欠かせないです。なーんて。たぶんもうリクガメは飼わないとおもいます。なんだかんだで2匹見送ったので、もういいかな〜というかんじ。


関連記事
2014/09/06(土)
日々のつれづれ

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top