東京タワー午前4時

きのうちらりと書きましたが、0時半に千駄ヶ谷からスタートして、5時半に日の出桟橋でゴールしたナイトウォーキングツアーに参加してきました。深夜の都会をみんなで和気あいあいと、眠くて眠くてぼんやりしながらひたすら歩き続けるクレイジーな企画、非常に楽しかったです。

深夜徘徊中の写真は撮ってないので、明け方以降の分をちらりと☆

2014-09-27-tokyotower.jpg

東京タワー真下、午前4時。
こんな時間にタワーを見上げるのもまた味わい深いものがあります。

※ 東京タワーライトアップについて ⇒★

2014-09-27-kanasugibashi.jpg

夜明け前の金杉橋。海までもうすぐです。
都心の首都高速って、だいたいどこも川の真上を通してるんだなぁ…とつくづく思いました。最たるものは、高速道路が日本橋の真上を通ってることかもしれません。

個人的には、街の中心部を川が流れている地方都市の風景っていいなぁ〜と思います。去年から何度も通ってる新潟しかり、こないだお邪魔した徳島市内も川辺の風景や雰囲気がとてもよかったのが印象的です。

都内ではそういう川の活かし方ってあまりみかけないですね。中目黒あたりの目黒川はちょっとイイカンジかと思うけど、単純にお洒落な土地柄だから、とも言えそうだし、神田川ではぜんぜんそういうの見たことないなー。川沿いはびっしり護岸工事されてるか、家が密集しまくってるかんじ。(東側のことは知りません。スマン。生まれてこのかたずーっと西側住民なので、東京東側に行くとアウェイ感すごい…)

しかーし、渋谷が再開発されたあとは、渋谷川に面した素敵なカフェみたいな場所ができるという噂も!(今は暗渠になってる渋谷川。渋谷南口の元・東急の駅あたりから地上に出てきます)実現したらそれはすごい。たのしみです。

2014-09-27-hamasakibashi.jpg

道路情報でだいたいいつも混雑って名前を呼ばれてる浜崎橋(ジャンクション、のそば)。
日の出時刻は過ぎていますが、まだ太陽は姿を見せていない。

金曜の夜だったし、渋谷にも恵比寿にも深夜まで楽しく飲んだくれる人がたくさん。車もたくさん行き交って、とてもこれが日付変わった深夜とは思えないにぎわいでした。都会ってすごいね〜。そこから一転して住宅街に入り、天現寺橋で渋谷川は古川に名前を変えます。(渋谷区から港区に入る、という意味でもある)さらに白金、麻布方面の住宅街を抜けて、東京タワーと芝公園を通過して、東京湾に至る、約10kmの道のりでした。

この渋谷川ウォーキングツアーの様子は、町歩き紹介のサイト記事になるそうです。たのしみだ^^
※ 後日こんな記事になってUPされました。

【 シブヤ大学 授業レポ】みんなで夜歩く。日の出を目指す。 ~渋谷川上流から河口まで~ ⇒★


関連記事
2014/09/28(日)
日々のつれづれ

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top