朔旦冬至

※ お店日記更新しました。(10:00) ⇒★
本文には書かなかったけど、スポンサーがつく電波上だろうとも、臆せず自分が正しいと思う主張、反原発をはっきり主張するというあたりも、単なる外人だから、ではない「調舒星」スピリットじゃないかとおもう。

※ 完全に忘れてた。「調舒星」について以前書いたものはこれ ⇒★

2014-10-14-iceberg.jpg

2014年10月21日(火)12:00〜17:00
中野ブロードウェイ4F 占いのお店 中野トナカイ在席です。 ⇒★

鑑定空き時間 13時〜17時(遅い時間ご希望の場合はご連絡下さい☆)
※ 当日お問合せ 03-3387-4355

※ 明日は相棒のmaruさんお休みです。16時〜20時はまつい店長が登板なさいますYO!

*** *** *** ***

ここのところご相談は「調舒星(ちょうじょせい)」ラッシュ!でございます。「調舒星」がわからない〜!というお声は、「調舒星」をお持ちでないみなさまから以前から頂いておりまして、これはきっと、ぜったい、なんかがしっと書いたほうがいいんだろうな〜…とおもいつつはや幾星霜。。。

調舒星」お持ちのみなさまにとってはあまりにもあたりまえで、いまさらお外で大きな声で言いたくもないことばかりだしな〜… 正確に書こうとすればするほど野暮ったくなるしな〜…などと考え始めると(このあたりがすでに調舒星気質、とも言えますねw)なかなか気も進まず。たいへん書きにくいです。

うむむ。。。いいかげんこのまま避けては通れない問題ですな。
一晩考えてみます。はい。。。

つづきはここ最近の懸案事項など…

2014-10-12-rose.jpg

ここのところ治療院の仕事がぎちぎちに詰まってまして、しばらく死亡フラグ状態でした。。。1コマ90分×6人とか7人とかできてた時代が信じられません。今は5人引き受けたらもうあとがしんどいので、4人以上はお引き受けできないな…という感じになってきた今日この頃。こんなこといつまで続けられるんだろうな…と常にうすぼんやりと思いつつ、もうはや何年。淡々と日々過ぎていきます。

このブログの正式引っ越し日をいつにするか決めないとなー…という問題もありまして。とりあえず〆切を先に決めないと、いつまでもだらだらと作業していっこうに終わらないですから。「時間が出来たらやる」ってない。「完成したら引っ越す」ってのもない。人生常に見切り発車です。きっぱり。

今年は「朔旦冬至(さくたんとうじ)」なんですね。19年に一度、冬至の日と新月が重なります。
手元のメモだと、冬至=2014年12月22日 8:03、新月=10:35 おおー。超!山羊座強調!の図になってそうです。(チラ見した!そうなってた!山羊5天体パワフル)

もともと暦の計算の起点は「冬至」でしたし、冬至は太陽が陰の極から復活して、力を取り戻すめでたい日で、さらにそこに新月が重なる「朔旦冬至」は、昔からおめでたい日とされてきたそうです。
さらに朔旦立春(立春と新月が重なる)となると、これは30年に1回で、次は2038年だそうでございますので、まだまだ先の話ですね。

んーーー。となると、引っ越し日は、覚えやすくこの朔旦冬至の日しようかな。それとも、もうちょっと早くして12/6の双子満月にするか、たぶんどちらかにします。この時期、どっちにしてもワタクシにとっては6ハウス強調でございますが、私のネイタルチャートはもともと12ハウス&6ハウスが大部分で構成されておりますので、いろいろtoo muchになること間違いないさそうです。

来年からが本当の意味での「仕事=義務と責任=6ハウス」シーズンなんだろうなーとぼんやり考えています。え〜?こんなに働き詰めなのに、、、とおもうんですが、ここまではほんの、お・あ・そ・びで、来年からが本当の本番だよ〜♪とチャートが語りかけてくるようです。すでにp月も6ハウスに入ったし、年末からは土星さんも6ハウスにおでましになるし、えええーーー…これ以上って、どうなるんだ…orz

で、ふと考えました。んなこと誰も興味ないでしょ?と思ってたんですが、「どうやって個人事業主の仕事をしてるのか」ってことは意外と知られてなかったり、ご興味ある人いらっしゃるんですね。このブログの最終章を兼ねて、しばらく「私はこうやって個人事業主になりました」シリーズでも書いてみようかとは考えてます。

ずっしり重たい蠍土星シーズンもそろそろ終わりが見えてきました。(来年も逆行はあるけどさ)本当に必要な人間関係やつながりだけを残す取捨選択イベントは完了してますか?
年末からはいよいよ射手土星シーズンの前哨戦が開幕します。「教養」「理念」「チャレンジ」あたりがテーマかと。もうそろそろそのあたりも視野に入れて動いていく時期かとおもわれます。

関連記事
2014/10/20(月)
日々のつれづれ

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top