射手土星 coming soon!

2014年11月18日(火)12:00〜17:00
中野ブロードウェイ4F 占いのお店 中野トナカイ在席です。
⇒★

まるっとあいてます。来週は鑑定の空き時間が短いので、気になってる方は早めにどうぞお気軽にお立ち寄り&お問い合わせ下さいませ。お待ちしております。
※ 当日お問合せ 03-3387-4355

今週末23日は、maruさんのカレーイベントでも占います! こちらもどうぞお楽しみに。⇒★

2014-10-26-1612.jpg

いまは、ちょうど蠍で太陽土星がぴったりと合しています。土星は約2年半をかけてひとつのサインを通過し、その間にそのサインの特徴を実現する課題を投げかけてくるので、世相を動かすような大きなテーマを表しているといえます。最近では2012年10月に土星が蠍に入りましたので、自分にとって本当に大切なこと、大切な人をシビアな目で選別し、ホンモノを見極め、上っ面の関係は切り捨てたり、心の奥をえぐるような課題が課せられていいした。いま、そのプロセスの総仕上げの成果を正面から問われているようです。

軽々しい気持ちを排して、ホンモノをしっかりと見極めて、じっくりと時間をかけて、困難を承知でも、どうしても手に入れたい目的の心づもりはできましたか?固定宮一族(牡牛、獅子、蠍、水瓶)のみなさま、この2年くらいの流れはいかがでしたでしょうか?「山が動いた!」というような大きな環境の変化があった方をたくさんお見受けします。(牡牛月の私は、長らく愛着をもって大事にしていた案件をすっぱり断捨離しました)

その一方で、ひとあしさきに、金星は射手に入りました。週末には太陽も射手に入ったとたんに、射手座の入り口で新月が起こります。蠍から射手のプロセスは、水から火への飛躍。蠍でじっくり煮詰めて、熟成されたエネルギーが、思い切り広い世界へ飛び出していくときには、爽快感といきなりの衝撃との両方があるでしょう。(蠍→射手の流れは、この時期に強まる寒さと相まって、暖かいお布団から飛び出して寒い外へ走りに行くような気分に感じられます)

そういえば、乙女座プロの甘夏弦さんが射手火星に振り回されたお話を書いていらっしゃいました。⇒★ 射手火星、熱かったですね。そして、この年末からはお試し的に土星が射手に入り、柔軟宮一族(双子、乙女、射手、魚)のみなさまにとっては「おまえ、いつまでふらふらしてるんじゃい。成果見せてみろ、おい」という土星爺さんからのカツが入ります。射手土星ってことは、「そうか。で、いったいそれらにはどういう目的と意義があるのかね?おい?」とか問われるのでしょうね。(うむ。浮世離れした理屈っぽい哲学爺みたいだな…)

出たとこ勝負、来たものは打ち返す、なんでもとりあえず受け容れてみるのが得意な柔軟宮一族としても、来たる射手土星対策はそろそろまじめに考えておきたいところです。(あっ!自分モナー…)特に、柔軟宮のアタマのほうに天体があると、来年の魚海王星×射手土星のスクエアの影響下に入るので、なんか混乱したり、当初の予定からすると台無しになるような(なったような気がする)ことがあるのかもしれない。これは要チェックでございます。(いつごろ何度くらいかな…チェック必須ですね。あとで調べておきます)

※ 最近ハマっている「ルノルマンカード」についての長大なレポもUPしてあります。⇒★

関連記事
2014/11/17(月)
日々のつれづれ

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top