キノミヤの大木

2014-11-24-0914.jpg


2014年11月25日(火)
中野ブロードウェイ4F 占いのお店 中野トナカイ在席です。 ⇒★

鑑定空き時間は、15:30〜17:00 +17時以降も応相談です。
別の日程ご希望もお気軽にお問い合わせ下さい。⇒★

※ 当日お問合せ 03-3387-4355
※ 午前中(10時〜13時)は、まつい店長のタロット練習会(満席)

*** *** ***

ちょっとばかり、リサーチに行ってきました。お天気期待してなかったのに、立派な富士山を拝めてラッキーでした。静岡側から見る富士山は、ふだん東京側から見る富士山や、山梨側から眺める富士山とは、表情が全然違いますね。しゅっと笠雲かぶってます。明日はお天気崩れるサインのようです。

2014-11-24 1233

このあと、熱海の来宮神社に初めて行って、「キノミヤ信仰」なるものを初めて知りました。こちらの巨木は、来宮神社の大楠。とにかく大きい。木霊がおわしますね。あとしばらくは「甲午」の年だもの。やはり「甲」といえば大木。もっと早く気がつけば良かったな。

=== wiki転載 ===
神奈川県西部から静岡県伊豆半島にかけての相模灘沿岸部に広く分布する信仰で、主に「キノミヤ」を冠する神社をその対象としている。「キノミヤ」は、木宮、貴宮、黄宮、木野宮、紀伊宮などと書かれ、その祭神も一定でないが、樹木神か漂着神を祀る場合が多い。
=== === ===

なるほどー。以前から、真鶴に行ってみたいと思っているのですが「なぜ真鶴に貴船神社?」と不思議だったんです。真鶴の貴船神社は、京都の貴船神社つながりではなく、もともと「貴宮(きのみや)大明神」⇒「貴船神社」なのだとか。それで納得。

「キノミヤ信仰」の由来は定かでなく、謎が多いようです。「木の宮」説、「忌の宮」説、 「紀の宮」説などがあるらしい。おもしろい。紀伊の国から、伊豆半島、伊豆諸島、房総半島へ続く黒潮文化説がにわかに思い出されます。以前途中まで読んで挫折していたあれこれをまた掘り出してみたくなりました。


『黒潮の道』 網野善彦


『海上の道』 柳田国男

ダイヤモンド富士も良いけど、これはちょっと「キノミヤ」探索してみたいなーーー。と算段中。こうやって日常生活や人間関係の構築にはまったく役に立たないことしたり考えてるときが、私はいちばん幸せなのでした。
関連記事
2014/11/24(月)
日々のつれづれ

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top