水の性質は「潤下」

12月2日。中野トナカイ出勤日「きょうの一枚」
どん。

2014-12-02.jpg

カップのエース(逆)でした。

きのうは「龍高・玉堂の巻」を開催したんですが、「龍高・玉堂」は東洋的な「水」的な性質を表します。東洋的な「水」の性質は潤下。下へ下へと下がって溜まっていく、陰の性質です。暗さ冷たさでありながら、万物を潤し育む力でもあり、複雑な陰影に富んでいます。

現在開催中の十大主星シリーズは、「国際交流の集い」のようなものだと思っています。自分を確認するには、人と比べてみるのがいちばんわかりやすい。いろんな文化と同じで、さまざまな個性や特徴はあるけど、そこに優劣はないです。きのうもお集まり下さったみなさま、本当にありがとうございました。

そのあとの鑑定でも、龍高玉堂を大量にお持ちの方や、玉堂星中心の方などが続きました。(ふだんの傾向からするとかなり珍しい…)龍高玉堂がうまく働くと、とても思慮深く穏やかになるけれど、よくないほうに働くとぐるぐるぐるぐると脳内シュミレーションするばかりで、なにもできない、となりやすい。持ってうまれた思慮深さ、うまく活かして下さいね。

「水」の話は、時間ができたら、また続けて書きます。

*** *** ***

先日ご案内した 12/23(祝)の冬至スペシャル ⇒★ 「初めて占いの勉強をします!」という方がご参加表明くださったので、開催します。

本当にゼロの状態からお話ししますので、初めてデビューの方、ふだんの講座にはちょっと気後れして…という方、ぜひお越し下さい。お待ちしています。(マンツーマン or セミプライベートレッスン 2時間2.000円は爆安でいいよね♪)

関連記事
2014/12/03(水)
日々のつれづれ

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top