東京日の出紀行はじまりはじまり

02-2015-01-11 -0623

勉強、というのは、もともとあるセオリーを習得したり覚えたりすることです。
研究、というのは、勉強した基礎知識を元にして、自分なりの仮設を立てたり、問題意識を持って何らかのテーマをを探求することです。

いわゆる「論文」的なものを書くときには、必ず言われたものです。
「まずは先行研究の資料を探しなさい」と。「自分が思いついたことが、世界で初めてのアイデアで他の誰も思いつかないようなオリジナルである、ことはたぶんない。すでに昔からいろんな人がいろんな形で同じ疑問を抱いて、さまざまな先行研究があるはずだから、それがどんなものでどうなっているかをまず調べなさい」と。先人たちが積み重ねて来た知恵に感動したり、さまざまな先人の意見や慣習に疑問を抱いたりしながら、そういう試行錯誤の中から自分なりの観点なり、オリジナリティというものは生まれてくるのだと、言われました。

というわけで、先人たちの先行研究(?)に敬意を表しつつ、東京日の出紀行、まったり始めてみました。あたりまえですが不定期更新。てきとーです。

ダイヤモンド富士やパール富士もそうですけど、確かにものすごく綺麗だしおもしろいけど、これがいったいなんの役に立つのか???いや、まったくなんの役にも立たないけどな!といったテーマほど魅惑的です。

○ 2015/01/09 東京日の出紀行〜其の壱(ザ・リッツカールトン東京) ⇒★

○ 2015/01/11 東京日の出紀行〜其の弐(小田急ホテルセンチュリーサザンタワー) ⇒★

特にリッツカールトン45F、早朝のタワーズグリルからの日の出は圧巻です。(朝いちばんからお値段も素晴らしかったよ!w)普通に暮らしていたら、なかなかお目にかかる機会はないであろうゴージャスな日の出、ぜひご覧下さいませ。

関連記事

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top