2/24『十大主星徹底研究〜鳳閣・調舒の巻』

※ 1/26 19:30 満席ありがとうございます

20150118094824.jpg

『十大主星徹底研究~鳳閣・調舒の巻~』

開催日時: 2014年2月24日(火) 10:00〜12:00
講師: 天海 玉紀

● 開催場所: 中野ブロードウェイ4F 中野トナカイ
● 受講費用: 3.000円

● 定員: 8名(1/26 満席)

※ ギャラリー参加もちろん歓迎。(サンプルご希望は「鳳閣星調舒星中心の方」のみ承ります。お早めにご連絡下さい!
※ 増席予定はありません。


命式に鳳閣星調舒星が表れる方々には「伝達本能=洩気」の傾向がもともと備わっています。(自分自身=日干からアウトプットされるエネルギーの質=木生火、火生土、土生金、金生水、水生木、の組み合せがある)伝達本能=東洋では「火」のような性質、と考えられます。東洋の陰陽五行説での「火」は文明と精神性の象徴です。

伝達本能が良い形で働けば、よく喋って、よく書いて、歌ったり、踊ったり、素直に感情表現したり、周囲を暖めて明るくし、はっきりモノを言ったり、物事の本質を理屈抜きに鋭く見抜きます。しかし、その性質が裏目に出れば、自分勝手で何でも言いっ放し。実際の行動や成果には興味がなくて、口だけ出して無責任、といった困ったちゃんになります。

当日は、鳳閣星調舒星の活かし方について、実際の事例を拝見しながら検討します。鳳閣・調舒をもともとお持ちでない方々にもご参考になる点があることでしょう。なにせ「伝達本能」の星が集まりますので、全5回のうち、ひときわ明るくにぎやかな日になるはずです。どうぞふるってご参加下さいませ。


● お申込メールフォーム 
http://form1.fc2.com/form/?id=651386

※ 上記サイトにつながらない場合はこちらからどうぞ
http://tonakai.her.jp/?page_id=6443


※ こんな研究もあります。「物語」は焚き火の周りで生まれるそうです。 〜夜のたき火の明かりには人々の想像力をかきたてる効果があり、また、たき火があることで夜の活動時間が延び、自給自足の生活を営むための時間以外の社会的な営む時間が確保されるため、物語を話しやすくなる〜 (参考記事 ⇒★

※ 当日は、ふだんはワタクシ天海玉紀が封印しております本音の「調舒星」テイストを特別にちょっとだけ開放した毒舌モードを織り交ぜてお話しする予定です。

関連記事

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top