燃えよ!(鳳閣・調舒の巻ご感想2)

ずいぶん暖かくなってきたとおもったら、きょうは真冬に逆戻り。とても寒いですね。こんな日は心に火を焚こう。

2015-01-11-1841.jpg

丁火の日生まれで、鳳閣星中心+調舒星3つお持ちのともこさんからホットなメールをいただきました。ありがとうございます。

*** *** ***

たまき先生

昨日はディープな鳳閣調ジョワールドへのご招待、ありがとうございました。とても楽しかったです。もっと炸裂できたかも。もっと皆さんとお話していたかったです。また是非参加させてくださいね。

課題レポート、以下の通りといたします。文章量をごらん頂いてわかるとおり、私は鳳閣中心ですが、調ジョなのですね。わはは。

鳳閣星(中心)なわたしは、太陽がイメージ。大勢を前にしたらわかりやすく説明し、皆さんに気持ちよく参加していただき、かつ自身も楽んじゃう。(団体の中心になって活動する時期があったので)カプセルの食事は嫌です。(註:鳳閣星は食禄の星、グルメの星と呼ばれます。話の中に食事はめんどくさい。栄養カプセルで十分!とおっしゃる方々の話題が出たのですが、ともこさんには、そういうのは嫌!派だそうです^^)ごはん作るのはうまくはないけど嫌いじゃない。おいしいものたくさん食べて、いっぱい飲んで、大声でガハガハ笑って、気持ちよく歌って踊って?あなたと一緒に過ごすのがとっても楽しいのよ、人生楽しんでなんぼ、の世界。

調ジョなワタシはそんな鳳閣星に疲れたモード、一人のときに出る。独り言が多くなり、誰にも会わない。自分でコントロールできないイライラ感が募るのもこのとき。学生のときはそれをどう飼いならしたらいいのかわからなくて、友達に冷たく当たってしまったこともあります。ごめんね。今はオットに当たっている。仕方ない、調ジョ×3だもん。

一人も大好き、でも誰かとさしでディープに話もしたい。そんな友達には結構恵まれている。こそこそ話をするイメージでイライラモヤモヤは解消。(鳳閣とはこのあたりが対照的?)今はバレエのレッスンでいかにこの老体を美しく魅せるか、というところに集中しているかも。完璧には程遠い。ブログを書いていたけど、踊り始めたら以前のように書く必要がなくなった、多分自分の表現方法が変わったのかもしれない。

神経質なので人間関係も細かいことが気になりがちだけど、それを自覚しているので気にしないこともできるようになった。(訓練ありき)自己評価は低いといわれる。これも完璧主義の裏返し?「ともこさんは涼しい顔して何でもやっちゃうから」といわれます。そうかも。苦労してます、がんばってます、汗水たらして流してやってます、を他に見せるのが嫌い。見えちゃったらそれまでだけど・・・・・(何でもはできないけどね、笑)

〜後略〜

たまき先生も身体に気をつけて、ご活躍楽しみにブログで拝見します!また近いうちに遊びに行きますねー!ありがとうございました。

Natural Born Fire TOMOKO

*** *** ***

ありゃ?!「もっと炸裂できたかも」ですか… そうでしたか… ものたりなくってゴメンなさい(笑
そのうち鳳閣調舒喋り倒しの会、とか企画しましょうかしらね www

ふふふ。お気づきでしょうか? 鳳閣星の説明はとても簡潔にはっきりまとまっているのに、調舒星の説明はあれこれぐるぐる考えながら続いていくあたり、すでにそれぞれの特徴がはっきり出てるんじゃないかな☆

西洋占星術の「火」は生命力やインスピレーションなどを象徴しますね。東洋思想での「火」は文明の象徴ですが、西洋でも東洋でも、どちらも「人間ならではの高度な精神性」という意味では似ているかもしれません。

火は野放しにすれば、どこまでも何もかも焼き尽くす強大な恐ろしい力です。でも、制御して上手に使えば、暗闇を照らして明るくし、料理、ものづくりといった人間の生活にかけがえのない貴重な技術となります。(脱線。ギリシア神話のプロメテウスは、神々から火を盗んで人間に与えた、と言われます。高度な文明は火から生まれた、という隠喩ですね)

寒く暗く凍った世界を溶かし、明るく照らして、喜び、楽しみ、今この瞬間を存分に生きる! 火性の持ち味はそういうところにありますとも。火性の楽しみ味わい尽くしたいものです。

燃えるオンナ、ともこさん本当にありがとうございました!これからもますます周りを明るく暖かく照らす炎のような存在でいてください☆
関連記事
2015/02/26(木)
算命学

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top