牽牛星人が語る「鳳閣星らしさ」とは?(鳳閣・調舒の巻ご感想7)

2015-03-02-1208.jpg

同じ星でも、命式のどの位置にあるかによって意味合いは変わります。

鳳閣星中心の方だったら、ご自身を「鳳閣星らしい」と感じるのが自然でしょう。たとえば、中心星が他の星で鳳閣星を他の位置にお持ちの方だったら、「鳳閣星らしさ」がご自分の中にあることを自覚できるはずですし、「鳳閣星らしく」振舞うことが人生にとってプラスに働く場面が多々あるでしょう。(といっても、そのまんま鳳閣星の人になれるわけじゃないので、中心星との兼ね合いとてもだいじ!)

中心星と他の星の関係をよーーーく考えよう!と私はしょっちゅう申し上げます。特に、中心星と周りの星が相剋関係を取っていれば、そこにはなにかしらのギャップや葛藤があるはずで、そこにさまざまな鍵が潜んでいるからです。

先日の「鳳閣・調舒の巻」にご参加くださった「牽牛星中心+鳳閣星×2」をお持ちのスーパーレディKさんが、「牽牛星中心として語る鳳閣星の特徴」についての文章をお寄せくださいました。ありがとうございます。(Kさんは鳳閣星を南と東にお持ちです。鳳閣星らしさを活かしたご活動で社会とのつながりやご自身の楽しみが充実なさる命式ですね)

これまでの、鳳閣・調舒の方々からいただいたご感想シリーズとはだいぶ雰囲気が違います。いかにも牽牛星の方らしいきりりと端正な考察をぜひぜひご堪能くださいませ。


*** *** ***

たまき先生、先日はありがとうございました。
ブログでお菓子をご紹介下さり、嬉しく存じました。
みなさまのご感想楽しく拝読しております。
もしかしてお呼びかと思いましたので、感想をお送りいたします。

鳳閣調舒のみなさまの声を拝聴でき、楽しみながら刺激をいただきました。
みなさまそれぞれの星を葛藤しつつも受け入れつつ生きていらっしゃいますね。
調舒星のみなさまの優しさと繊細さのかたちにあらためて思いを馳せる時間でもありました。


そうですね、鳳閣星は明るいです。
良くも悪しくも向日性、みずからの快楽原則に忠実で、状況を見渡す力もある。
自分だけでなくてまわりも楽しい、これが大事。
君が笑ってくれたら僕は嬉しい。君がたのしいことが僕にもたのしいことならとても嬉しい。だからたのしいことをたくさん運ぶよ。
あたため力あるムードメーカーとは言い得て妙です。
もっとも、こんなご時世ですから、明るさを貫くのはそれはそれでたいへんなことです。
分析力や拡散力を、語るべき暗い現実を可能な限り冷静に語ることに使ってしまって落ち込むこともあります。
数手先が読めてしまうがゆえに、ある程度つきはなして自分のおかれた状況を把握して説明することはできる。
ほんとうはつらいのだ、と言い出せばまわりがたのしくなくなってしまうのを恐れるところもあって、
ほんとうに何で悩んでいるのか率直に言い出しにくい、というところはあるかもしれません。

自分に駄目出しをする完璧主義は私ももっています。
これは、知性と倫理性が快楽原則に忠実な気持ちに思いっきりだめ出しをする葛藤で、
明らかに調舒星の人の完璧主義と違うなあと改めて感じました。
確かにある程度状況を読んで期待に応えることもできるけれど、それだけでは息切れしてしまう。
人間に完璧はない。そして究極的には自分がたのしいことしかできません。
まじめ一方の場所では息が詰まりますし、世を憂える辛口芸も続きません。
まじめ芸や辛口芸はその能力にたけたひとたちにはやはりかなわないわけで、
センターに立つにはまずはムードメーカーのあたため力を生かそう、と示唆をいただいた感じでした。
風穴を開ける火の力をたいせつにしたいです。

ところで、カプセルの食事は私はいやです。
火星水瓶ですし、たしかに食べるのをわすれて仕事をすることはままありますが。
おいしいものをたべて、うまい酒とお茶とコーヒーをたしなんで、親しいひとたちにそれをひろめていたいです。
おいしいものだけでなく、きれいな色とカッティングの手触りのいい服とかっこよくてどこまでも歩ける靴、大好きです。
たべものと服飾、そしてうつくしいものは明日への活力。

自分にないものを求めずに、あるものを生かしてたのしくふかふかとしていることが世界への贈り物になるなら、そうしようと改めて思いました。
続編を期待しております。またお目にかかりましょう。

2015-03-02-1443.jpg

Kさん、ありがとうございました。

牽牛星にとっては、鳳閣星は陰陽は調和するといえども、火剋金の相剋関係です。クールにきっちり用意周到に王道を固めたい牽牛星にとって、「なんとかなるよ〜」と明るく自然体の鳳閣星の性質は、なんだか調子を狂わされるようなもののはず。

「センターに立つにはまずはムードメーカーのあたため力を生かそう」とのこと。おお〜!これはまさに東と南の鳳閣星に剋される中心の牽牛星が陽転してるの図!ですね。

火剋金の組み合わせをお持ちの方々は、「鳳閣星はのんびりって本当?」と思わされるハードワーカーが多いです。牽牛+鳳閣は、ますます冷静な客観視の力が強まって、デキる女!(男もね)になるんじゃないかなー。Kさん、これからますますのご発展とご活躍間違いないことでしょう!
次回はぜひ、車騎・牽牛の巻にもお越しくださいね。お待ちしております☆

関連記事
2015/03/05(木)
算命学

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top