人気UP☆売上UP☆の秘密〜火生土の関係

2014-03-25-1140.jpg

禄存・司禄レポへのご感想くださったみなさま、ありがとうございました。禄存・司禄型の方々は良くも悪くも「待ち受け」が基本姿勢です。(修正!重大な間違いを発見。正しくは「誘い受け」って書きたかったのだ)そんな中で気前よくサービス精神旺盛に、まるごと食堂maruさんがUPしてくださったレポもご覧いただけたでしょうか?

○ 私にとって無人島暮らしは無理ゲーです(まるごと食堂maruさん) →★

ここには、まるさんのお仕事の企業秘密?!とでも言えるような大事なことがたーーーーーくさん公開されています。(んもう!なんて気前がいいんだ!)すこーしだけ覗かせていただきます。本気で稼ぎたい、本気で頑張りたい人だけご覧ください(ははは。情報商材の売り文句みたいですねw)甘ちゃんな気持ち&単なる興味本位では見ないほうがいいです。きっぱり。

ではでは。しっかり覚悟のできた皆さまとだけいっしょに、秘密のベールをくぐってみましょう。

> 私はたぶん物心ついた頃から、他人の反応を計って生きるのがデフォルトだったので、
> 純粋に楽しむってことがどんなことか、ぶっちゃけよくわかりません。
> 基本「これをああすると次にどんな展開になるか」みたいな算段が常に脳内で蠢いています。

> 色んなことを面白がってやってそうに見えますが、全部ネタとか肥やしと思うからやるんで
> 狙いや下心のない行動はまるで出来ませんぬ。

なるほどーーー!さすが禄存プロ!
と、つくづく感心しながら拝読していました。

ワタクシ的な、maruさんへの第一印象。maruさんのブログは明るくて楽しいし、講座などでご一緒したときにも周りを盛り上げるムードメーカーの雰囲気だったので、陽気なラテン系の人かと思っていました。ところが意外や意外。一緒にお仕事するようになってから気がつきました。なんとー。実際にはとても冷静で観察力の鋭い真面目な人なんだなぁ…というギャップがとても印象的でありました。

maruさんの命式を拝見して、へえーーーーー!そうなんだ!と感心したのもその頃です。maruさんの命式には洩気(いわゆる、鳳閣・調舒)に相当するものがぜんぜんありません。(時柱や、蔵干ぜんぶを探してもまったくない!)つまり「鳳閣・調舒」のように、のびのびと自分の言いたいことを言ったり、やりたいからやるんだ!と何かを表現するという傾向は、maruさんの生まれつきの命式の要素にはぜんぜんない、ってことです。(さすがに大運では巡って来てたとおもいます☆)

一般的に洩気がない人たちは、なーんか暗い。あそびがない。おもしろみにかける。(ように洩気型の目から見ると感じられます)財=禄存司禄が強ければ、わるくいえば、ちゃっかりしてて、他人は御構い無しに、自分の取り分だけはしっかりがっちり確保するのに忙しそうな人もいる。それなのに、maruさんはなぜあんなに楽しげにパワフルに振舞っていて、みんなを元気にするエネルギーを振りまいているのか?!

その謎を解くカギがここにあります。

eiki-zaiki-tegaki.jpg

こういう図を見たことある人も多いでしょう。五行では火生土。つまり、財を生むのは、洩気です。五行の発想では、財を増やすには、楽しさ明るさおもしろさ目立つこと(それが何の役に立つのかなんかお構い無し!)を増やすといい、と考えるのです。maruさんは、長年の積み重ねと切磋琢磨の中で、その流れを自然につかんで体現してるんだろうなーと想像しています。

ごくごく具体的に、私たちのようなお仕事形態なら、無料でおもしろがってもらえるものをたくさん発信すればするほど(鳳閣・調舒的)、結果的にお客様がたくさんおいでくださいます。(そりゃー口コミだけで毎日満員御礼ならありがたいことですが、私のいまのレベルではとてもじゃないけど無理です)

なんたって、書くのはタダですから。(有料ブログの維持費なんて、全体から見れば微々たるものでしょ〜)その程度で人に喜んでもらえて、たくさんの人がおいでくださって、自分の売り上げも上がるなら、えぶりしんぐはっぴーじゃありませんか。ええじゃないか

ちなみに私自身は、書くこと自体はまったく苦ではないですが、むしろ人の要望に合わせて、人の欲しがりそうなものを想定する=禄存司禄的やり方、はとても苦しいのであります。人にはみな得手不得手があるんですよね。が、仕事のため!ですので、なるべくみなさまの役にたつようなものを書くようには心がけてます。(え?これで?!とツッコミOK!)

実際には、書くのは辛い、続けられない、無理です。というお声も多いです。だいたいみんなそういう人たちは洩気がない。自分の中に表現衝動がもともとないんです。でもね、そういう方々には、ぜひともmaruさんのことを思い出して欲しいのです。おもしろいもの、おいしいもの(あ!カレー作りはまるっきり鳳閣星領域だ!)いっぱい作り出して、たくさんのお客様を引き寄せまくっています。なんなら、実際にmaruさんにお目にかかって、その秘訣を伺ってみてはいかがでしょう?


*** *** ***

あとはおまけ。

いろいろリサーチしてみましたが、誰でも名前を知ってるレベルの有名人(芸能人)は、ほぼ確実に禄存星、または司禄星中心の方々で、そこに貫索石門が絡んでることがものすごく多いです。「私を見てーーー!」の究極形態、なのかもしれません。

表現、伝達本能は鳳閣星・調舒星っていうけど、「売れる」「大衆の心をつかむ」ってことは「自分らしさの表現」とはぜんぜん別物です。「売れる」「メジャーになる」ためには、なまじ自分独自の伝達本能なんかないほうがいい。みんなが求める偶像イメージを演じきるには、自分の表現なんてかえって邪魔になるのでしょう。「ウケる」「喜ばれる」「楽しませる」ことを徹底的に追求するほうが、ずっと多くの人の心をつかみ、たくさんの人に自分の存在を知ってもらえます。

火生土の連携には、まだまだたーーーーくさんの謎がありそうです。


関連記事
2015/03/27(金)
陰陽五行

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top