2015/06/24 ただの日記

艶艶のさくらんぼ、私がこの世でもっとも愛する果物でございます。

2015-06-23-0643.jpg

高校生くらいのとき、わたしは真剣にこう言っていました。「ああ。お腹いっぱい!になるまでさくらんぼを食べまくってみたい!」と。

その後、わたしはちょうどこの時期、6月の後半から難病にかかってずっと入院していました。お見舞いに来てくださった方々は、わたしのさくらんぼ好きを知って、それぞれにたくさんのさくらんぼを持ってきてくださいました。

ええ。そうなのです。確かに、願いは、叶った… 確かに、自分ひとりではとても食べきれない、たくさんたくさんのさくらんぼに囲まれました。

強い願い事は、あまり深く考えもせずに、軽はずみに口にするものじゃないね… しみじみと、そうおもったものです。この時期に、さくらんぼに出会うと、いつもそのことを思い出します。

2015-06-24-1907.jpg

この箱をみて、「そうだ!そういえば、今年はカワセミ観察に行かなかったな…」と、いまさらながらに後悔しています。
※ 昨年のカワセミさんたち →★

2015-06-24-1906.jpg

まぁいいか。また来年。
心でそうつぶやきながら、キングフィッシャービールをいただくのです。

2014-06-24-0909.jpg

前夜の豪雨に打たれて、しなしなになってしまった可哀想な花菖蒲。
そうなのです。今年は花菖蒲も、紫陽花も撮りにいく暇がなかった。
まぁ、これもめぐりあわせだよね。また来年。

やっぱり、花菖蒲は雨降りの日がいいよね。と思うのです。
※ 一昨年、土砂降りの中で明治神宮で撮った花菖蒲 →★

2014-06-24-0937.jpg

火曜の夜遅くからは、ずいぶん激しく雨が降っていて、翌朝には澄んだ空が広がっていた。
こんなときには… ほんの30分でも隙間時間さえあれば、どこかに行きたい。

ええ。もちろん、行きましたとも。ひとりじめ気分。 →★

関連記事
2015/06/25(木)
日々のつれづれ

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top