7/21『十大主星徹底研究〜貫索石門の巻〜」

2014-04-27-1256.jpg

『十大主星徹底研究〜貫索石門の巻~』

開催日時: 2015年7月21日(火) 10:00〜12:00
ナビゲーター: 天海 玉紀

● 開催場所: 中野ブロードウェイ4F 中野トナカイ
● 参加費用: 3.000円
● 定員: 定員8名 (7/20 満席)→ 補助席2席あります!

しばらくぶりの十大主星シリーズ開催です。改めて、貫索星と石門星について、実際のゲストの命式を拝見しつつ、お話をお伺いします。もちろんこれまでどおり、参加者さんの命式も拝見していきます。

※ 命式拝見は、中心星として「貫索星」または「石門星」をお持ちの方が優先です。もしご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

一般的に「社交的」と言われる石門星ですが、多くの方にはさまざまな誤解や思い違いがあるようにお見受けします。そのあたりについて明らかにするのが、今回のひとつの大きな目標です。また、そもそも貫索・石門を考えるにあたっては、それぞれの日干の特性までをしっかり考えていきたいとも思います。また、貫索・石門と相剋関係になる禄存・司禄や、車騎・牽牛型のみなさまからの疑問質問やツッコミなども大歓迎です。

*** 7/14 追記 ***

これまではサンプルさんの命式を拝見することがメインとなる読み会形式でしたが、今回はもう少し解説部分を増やします。

当日のゲストは正真正銘の「石門星+天将星」をお持ちです。石門星についてはもちろん、おそらくふつうだったらなかなか正面から伺うことのできない「天将星」について、隠れ「石門+天将」でもある私たまきがあれこれ伺ってみるつもりです。(私にとっては、昔からの友人は8割以上が天将星持ちなので、むしろそういう感覚があたりまえだったなぁ…)ギャラリーからのご質問ツッコミも大歓迎でございます。

また、貫索星・石門星を理解するには、もともとの五行(木・火・土・金・水)の性質をきちんと把握しているとより深く解釈が深まります。友人で命式(陰占のほう)がすべて同じ五行で構成されている命式生まれの人がいますが、これまでのお話をいろいろ聞いてみると、たいへん興味深いことばかりでした。今回はそのような非常に個性的な命式についても検討していく予定です。

「算命、どうやって読んでるんだろうなー」というご興味のある方はどうぞお気軽にご参加下さい。貫索・石門をお持ちでない方々にとっても、すべての基本となるロジックにつながる話なので、お勉強としてもお楽しみいただけるかと思います。


● お申込メールフォーム 
http://form1.fc2.com/form/?id=651386

※ 上記サイトにつながらない場合はこちらからどうぞ
http://tonakai.her.jp/?page_id=6443


2014-05-08 0835

このシリーズは、毎回毎回、参加者のみなさま方のご発言と積極的なご協力によって成り立つ一期一会のライブです。今回はどうなることやら。どうぞお気軽にお立ち寄りください。みなさまのご参加をお待ちしております。

※ これまでの「十大主星シリーズ」開催レポ →★

※ 初心者のみなさまは、できれば「五行」ってなに?とか「五行の相生相剋」ってのがあるのか!くらいの予習をしておいていただけると、よりお得にお楽しみ頂けます。

関連記事

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top