2015/07/02 半夏生(はんげしょう)

2014-07-01-2043.jpg

本日 7/2、半夏生(はんげしょう)。および正午前に満月。

<半夏生>
雑節のひとつ。夏至から数えて11日目(太陽黄経100度)。天地に毒気が満ち、半夏(ハンゲ)という毒草が生ずると考えられたため。「ハンゲ」はサトイモ科カラスビシャクであると言われる。

この頃に降る雨を半夏雨(はんげあめ)と言い、大雨になることが多いことから、田植えはこの日までに必ず終わらせる、と決められていたそうです。なるほど。昨日は大雨、きょうは朝は曇りだったのに、いままた外は雨が降っています。

天地に毒気が満ちる?! よく考えれば多湿なこの季節、冷蔵庫もエアコンもない時代には食中毒や病が多かったのかもしれません。この時期にとれる野菜や地面から生える作物を食べない風習や、天から降った毒が入らないようにと、井戸にも蓋をする風習があったとのこと。

半夏生に、西のほうではタコを食べるらしいのですが、そうなんですか?そうなんだー。タコ好きなので、買ってこようかな。夜にはタコ食べよう♪


昨夜は満月直前の月を撮ろうと出かけて行ったのですが…
さてさて、その成果はいかに?!→★

関連記事
2015/07/02(木)
日々のつれづれ

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top