好きなことしかできない 〜鳳閣・調舒の巻

2015-08-18-0935.jpg

8/18(火)「鳳閣・調舒の巻」お集まりくださったみなさま、ありがとうございました。まだまだ暑い夏の盛りというのに、みなさまの積極的なご発言と意見交換が飛び交い、熱いトークが丁々発止と繰り広げられて、おかげさまでたいへん充実した回となりました。

楚々とした知性派の調舒星美女ゲストが「そんなの知らないよ〜わははは!わたしは好きなことしかできないから!そうですね、生活と妄想は切り離して別にしないとね。うふふふふ♪」と、ざっくりばっさり、くっきりはっきり調舒星テイストを忌憚なく発揮してくださったので(ま、まだまだぜんぜん控えめでいらっしゃったとおもうけど〜w)、ギャラリーのみなさんにはなんとも驚きの新発見!がたくさんあったそうです。

さっそく長文ご感想メールを何通も頂戴しております。ありがとうございます。「これは全世界に公開!ってわけにはいかないね」ってところがたくさんあるので、算命学のベンキョーやケンキューに役立つ内容を部分的に抜粋してご紹介させていただきます。

2015-08-18-0939.jpg

○ 鳳閣星と調舒星の相違点 ○

Aさん
調舒星の人は自分がどう感じるのかをすごく大切にするのだなぁというのが、見ていてよく分かりました。対象と一体感があるというか。
鳳閣は好きなものは好きなもの。あくまでもモノはモノなんですよね。離れて見ている感じです。だから逆に嫌いなものも放っておけるのではと思うのですが、調舒だとそこにも感情が生まれちゃうのかな?と思いました。

Bさん
ホウカクのシュールな天真爛漫さ、改めて面白いな~と思いました。(註・鳳閣星冲殺を3つ持つ夏瀬杏子さんのことと思われる)


ゲストさま
フタをあけてみると、ゲストどころか、他メンバー様が味の濃いし、知らない間に満席!!皆さんおしゃべりーので、ゲストでよかったのかしらん。(中略)
調舒星のキモは好きだからそこにつっこむ。勿論お金はあるとうれしいし、必要には違いないと理解しているので仕事はしますが、人生の決定権といいますか、動機が好きだからとか面白いといったあくまで子供目線であり、それ以上でもそれ以下でもありません。
なので私の趣味ネタはお金を使うことがあっても、何の稼ぎにもならない現実。人生の無駄とか、人と違っている趣味?反体制的なことを喜ぶというか生きがいなのが調舒星です。

(註:うはははは。ウケる〜〜〜!そうですよね。ビバ!無駄!調舒星にかかったら、世の中でもてはやされてるものの大部分は、へーそうなんだー。ふーん。へー。どーせなんぼのもんじゃい、程度ですもの w)


○ 身弱の星は妄想好き?
この日は天胡星持ち多数!みなさま妄想?空想?の世界に遊ぶのが大好物♪だそうです

Bさん
妄想が出来ない私なので、ほぇ~とかちょっと羨ましいとか思ったり。
楽しそうで。
ないものねだりなんですけどね。
私達(註:身強組は「妄想?しないね」とクールな人多数)との違いが本当に興味深かったです!

(註:身弱型の方々が、脳内妄想や空想力が豊かで、そこで満足できる才能があるのに対して、身強型の面々は、自分の理想をなんとしてでも現実化しようとするのでは?!という違いが、図らずも浮き彫りになりました。〜天将星については、長くなったので別記事にします)


○ 元祖!ファイヤーレディ、ともこさん(正真正銘の身強さん)からのメッセージ

(天将星の)彼女は確かに今辛いかもしれないけど、あの場にいたこと、算命学を知ったこと、家の外にある全く違った価値観に触れられたことが今後きっと彼女を助けてくれると感じましたし、是非生かしてほしいです。

私の知ってる二天将の友人も小柄で儚くて守ってあげたくなるような人。今日の方もそうでした。勉強になります。男前で一刀両断!カッコええ!

司禄星の美しいよのこさんと再開できて嬉しかったです。Blog 楽しみにしてます!
遠慮がちに見えるあんこさん、デビューされるのですね!同じ鳳閣星人なので楽しみです!
中国で頑張る天印星さん、気をつけてあちらに帰って下さいませ!

同じ釜の飯を食べた三人のプロの方々(註・この日のゲスト=葉月綾乃さん、宝積藤華さん、+たまき)楽しそうだったなぁ〜、いいなぁ〜、それぞれがそれぞれのカラーを発していてカッコよかったなぁ

ナチュラルボーンファイヤー 楽しいことで生きてます ともこ


熱いハートのみなさま、率直なご発言とほとばしる熱いスピリット、本当にありがとうございました!
司禄星セレブマダムのお二人も、濃厚スパイスとお心配りをここぞ!というポイントにさりげなく、しっかりと効かせてくださって心より感謝です☆


※ スピンアウト記事「難儀な人生です。天将星について」→★

関連記事
2015/08/19(水)
算命学

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top