貫索星・石門星の出現条件☆

10girls.jpg

10/11(日)開催した「はじめての算命学」にご参加くださったミズマチ先生が、当日のご感想をUPしてくださいました。ありがとうございます! →★

貫索・石門の説明のところで、「自分の日干と同じ要素(五行)のパーツがある」と言ったら、ミズマチ先生の頭の上にでっかいハテナがばーーーん☆と現れたのがたいへん印象的でした。

そうかーーー。そうだよね… もうすでに自分ではあまりにも当たり前で考えるまでもなくなってることを、はじめてのひとに簡潔に説明するのは本当に難しいです。。。深く反省しました。「え?だって、日干と同じ五行が命式の中にあるってことは、自分自身を意識しやすい、ってことですよ」なんてかんじの、おめーそれまともな日本語じゃないだろ〜と我ながら突っ込みたくなるような説明しかできなかった自分が不甲斐ない…ゴメンなさい m(_ _)m

ということで、ミズマチ先生が講座レポしてくださったお礼に、当日の解説の補足をします。(みなさま、ミズマチ先生に感謝です〜^^☆)えーい。大出血サービスだ。もってけ〜www (画像は、高尾学館の命式算出ページから拝借しています。深謝! →★



○ 貫索星はどのような条件下で出現するのでしょうか?

前提: 日干=表の左上(この場合は辛)
貫索星はどうやって出てくるか:「貫索星というのは、日干と同じ五行で、陰陽も同じ要素が命式中にあると出てきます」

「辛」が左上にあります。「辛い」「辛い」と同じ文字です。ぴりりとシャープな金性の陰の性質をもつ「辛(かのと)」ちゃん。漢字の並びをよくみると、日干以外にも「辛」ちゃんが二つあります。

辛(陰の金性)×辛(陰の金性) → 貫索星

自分と同じ字がいっぱいあったら、貫索星がいっぱい。つまり自分がいっぱい。鏡に映るように、自分、自我を意識することが多い、と解釈するのでありますね。

kansaku-kaisetsu.jpg

ではちょびっと応用編。

○ 石門星はどのような条件下で出現するのでしょうか?

前提: 日干=表の左上(この場合は庚)
石門星はどうやって出てくるか:「石門星というのは、日干と同じ五行で、陰陽が違う要素が命式中にあると出てきます」

「庚(かのえ)」が左上にあります。「庚」は「辛」と同じ金性ですが、陽の性質をもっています。この命式に「庚」はひとつしかありませんが、同じ五行で、陰陽が違う「辛(かのと)」はあります。

庚(陽の金性)×辛(陰の金性) → 石門星

sekimon-kaisetsu.jpg

例えば、石門星の「社交」と言われる性質は、くっつきあったり融合するような性質ではなく、自分と共通項はあっても、陰陽のように性質が違ったもの同士が共存する、というこの仕組みから出てきています。→ だから、「自分は自分」として保ったまま、性別、年齢層、職業などの枠を超えて、幅広くいろんな人とそつなく関わる能力がある、と読みます。

十大主星を算出するにあたっては、貫索星石門星が最も基本的なシンプルな手順で出てくるので、まずはここをしっかりおさえておくことがとっても大切です。これ以降ベンキョーを進めてみたい方は、ぜひともこのポイント、よーーーく覚えておいてくださいね。

宣伝っ! → 11/14(土)には、「龍高星・玉堂星」の講座を開催します→★  いまの話と同じ要領で、まずは星の仕組みと意味を丁寧に解説します。ご都合合う方はぜひともお越しください〜。お待ちしております!

他にも11月の講座ご案内、10月後半の鑑定日程なども合わせてUPしました。
ぜひご高覧下さいませ。よろしくお願いいたします。→★



いつここから完全に新しいサイトに引っ越すかは、まだ決めかねています。が、とりあえずぼちぼちバラバラと書いています。<白>は基本的に(ワタクシにしては)まじめなテイストで、<黒>は完全に趣味!とやりたい放題テイスト、の予定です。

今日はこれを書きました。<白>に載せたので、真剣なる書籍レビューです。内容的には、四柱推命と算命学の知識をある程度以上お持ちの方向けです。わたしがずーーーっと疑問に思っていた「十二運=十二大従星」の仕組みと算命学での命式の力量計算(身強とか身弱とか)について、かなり詳しく解説されていて、非常に勉強になりました。

『四柱推命の謎と真実』 波木星龍 →★

今度は<黒>にて、別のテーマを書きます。こちらはやっぱりもっと「ブラック」なテイストにしないとね。なんたって<黒>ですから。ついに本性を現した<黒たまき>が現れるのです。まじか?うはははははwww

関連記事
2015/10/15(木)
算命学

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top