インナーチャイルドカード講習3日目

2015-10-20-0924.jpg

インナーチャイルドカードは、美しい色彩に溢れる自然の風景や、イマジネーション溢れる絵本のような絵柄がとても美しいデッキです。

興味深いことに、ワンド(火)、ソード(風)、コイン(地)のカードにも、水辺の風景がたくさん出てきます。四大元素の水は、感情のメタファーなのですが、同時に水は無意識を表すとも言えるので、無意識界を強く意識したデッキなんだなーという気がします。

2015-10-19-1745.jpg

実はですね、三上牧先生に英語版のインナーチャイルドカードをお譲りいただきました。ありがとうございます!!!めっちゃうれしい〜♪ さっそくきょうの授業に持参して、活躍してもらいました。

日本語版カードより、判型が大きくて、印刷の発色が美しいと評判の英語版、確かに日本語版より明るくて光溢れる雰囲気にみえます。

きょうはですね、アドバンスコースの1日目ということで、大アルカナとおとぎ話の関連性についての講義でした。が、途中でちょっと毛色の変わった時間がありましたのです。

全員が自分のデッキで、大アルカナの一枚引きをしました。そこまでは特に珍しいことではないですよね。しかーし、おたのしみはこれからだ☆ 全員がそれぞれ自分の引いたカードを公開して、その感想を述べつつ、自己紹介をする、という時間が設けられました。

そうですか。そうですか。そうですとも。私の引いたカードはこれですよ。うはははは。

2015-10-20-2145.jpg

どどーーーん。「ラプンツェル(Rapunzel)」でございます。伝統的なタロットカードでしたら「塔」に相当いたします。

しかし、インナーチャイルドカードでは、塔は崩れません。塔が壊れる代わりに、ラプンツェルは塔から荒野へと追い出されるのです。それが「塔」に相当する突然の変化、ということなのでしょう。

えー?これを持って自己紹介するの?そうですか。そうですか。そうですとも。

「おはようございます。わたしは "ラプンツェル” を引きました。わたしの人生のテーマは "破壊と創造” です。塔のカードはよく引きます。よろしくおねがいします」

とかなんとか申し上げたような気がします。あたりまえすぎて、ちっともおもしろくないですね。そうですか。そうですか。そうですとも。

2015-10-20-2146.jpg

そういえば、昨年の朔旦冬至祭り(だっけ?または立春スペシャルかな?)のときに、全員で引いた大アルカナおみくじ、わたしは「塔」でありました。

これはいちおうタロットなんですけど、このデッキの「塔」は崩れてないですね。バンジージャンプ型だ。
うん。。。まぁ… 確かに今年のわたしの運勢、いまのところ「塔」で当たってる気がしますね。こーんな占いごときに当てられて、悔しいったらありゃしませんけれど!!!(笑

明日は最終日です。どうなるかなー。たのしみです。ではまた!


※ 各種の講座お知らせ、メールの返信など、もろもろが滞っておりまして、大変申し訳ありません。あしたWSが終わって意識がこちらに戻り次第、急いであちこちキャッチアップする予定です。もう少々お待ちいただけますとありがたい限りです。よろしくお願いいたします。


関連記事
2015/10/20(火)
日々のつれづれ

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top