『彼と私が考えていること、げっそりするほど違っている』~極私的相性考

ここのところ「相性」について考えています。自分と同質性を持ってる人とは、理解し合いやすいけど、近親憎悪的に嫌いあったり。自分の苦手が得意な人に憧れたり、反発したり。なんだか面倒を見てあげたくなっちゃったり、頼りたくなったり。そういう化学反応、みたいなものってあるんじゃないかしら?

占いを勉強してつくづくよかったとおもうこと。

「自分にとっての当たり前は、他人の当たり前とは全然違うんだ!」
「人はそれぞれに、個性的な世界を持ってる存在だ!」
「どんなに身近な人でも、自分とは違った世界を持ってる別人だ!」

しみじみと心底から、そんな認識を持てたことかもしれません。自分にとっての当たり前も、ホロスコープの無機的な図として表すと、いかに偏ってるかがわかる。人と比べると、なおさら違いがわかります。自分や人を客観的に眺めるにはとても便利なツールであります。

でもなー、知ってどうなる??? というのが恋愛だったりもしますね(笑

西洋占星術の勉強をこっそり始めた頃、手当り次第に何でも読みました。なかでも、衝撃的に後頭部をばっこーーーん!と殴られた気分だったのが、まついなつき先生のこのシリーズ。特に第7回の巻でした。とても長いし、専門用語が多発するので、玄人さん向きかもしれませんが、お好きな方はぜひぜひ。


『占いでは恋愛の悩みが一番簡単。彼と私が考えていること、ホロスコープ一目見ればげっそりするほど違っている』
Webマガジン幻冬舎:ツキが半分(第7回) まついなつき
http://webmagazine.gentosha.co.jp/matsuinatsuki/vol62_matsuinatsuki.html

特に後半が凄いんですよ~! 離婚したご主人とご自分とのチャートを、さながら外科医のように、冷静な観察で、手際よく分析なさっています。とても濃いんです。ホントに濃いんだけど、とてもクールな分析。さっき読みかえしてみたけど、やっぱり凄いです。当時、本当に泣くほど鳥肌がたったものです。

そして、なんとかしてまつい先生にお目にかかってみたい!!!と、まつい先生主催の読み練習会のサンプルに申込みました。さっそくお返事を頂いて、その次の練習会でサンプルにして頂いた。これが私の第一歩。2007年夏の終わり頃のことです。

まついなつき先生は、現在は中野トナカイの店長としてご活躍中!
中野トナカイ http://tonakai.her.jp/


おかげさまで、私もいろんな講座やイベントにお邪魔させて頂いて、たくさんのステキな方々との出会いを楽しませてもらっています。心より感謝です!

関連記事
2011/01/23(日)
西洋占星術

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top