サターンリターンに思いを馳せる(其の参)

サターンリターンシリーズ第3回です。

● サターンリターンに思いを馳せる(其の壱) ⇒★
● サターンリターンに思いを馳せる(其の弐) ⇒★

占星術においては、出生時の土星の位置は、その人の劣等感の在処を表します。正直に誠実に、自分の弱点を見つめて、努力、克服出来ない人にとって、土星は、ひた隠しにしたい苦手意識や、わけのわからない嫌悪感です。

といっても、土星がもたらすのは、悪いことばかりでもありません。無駄を削ぎ落とし、シンプルに丈夫に形を整えるのは、土星の役目です。土星のチカラは、とにかくあきらめずにこつこつ、目の前の自分の課題を淡々とこなしていくことでしか身に付きません。気軽に理解できてすぐに使える!なーんって、インスタントな態度は、最も土星的な意識からは遠いものです。なぜなら、土星が最も嫌うのは軽薄さや、怠惰さです。「難しいのは嫌い〜。楽ちんなのがいちばん~♪」とか言ってると、さっそく土星爺さんの鉄槌!です。

ちなみに、いま土星は天秤サインのまん中あたりにいます。動きが遅いので、ひとつのサイン2年半くらい、どかっと居座ります。次の蠍サインに移動するのは、来年2012年の秋です。ということは、いまサターンリターン期真っ最中の方々は、天秤土星世代です。

サターンリターン期に、オトナとして大きな責任を背負うような出来事がある人は多いです。結婚したり、昇進したり、転職したり、出産したり、家を買ったり、家族に問題が起こったり、いろいろと。基本的にはちょっと重たい、大変な出来事が起こる訳ですが、そこで逃げると、負債は一生付いて回ります。結果的に高くつきますよ。踏ん張ってきちんと責任果たして、ちゃんとしたオトナになることをお勧めします。

サターンリターン後、まだまだだよという方々でも、ご自分の土星チェック!はぜひともお勧めできます。自分の苦手や、見たくない暗部を知るのは、最初はとてもイタい!!!でも、そこを補強すると、人生は結構きっちり回って行きます。

いまはネット上にもリソースが溢れているので、基本的な事項さえおさえれば、ご自分が生まれたときの土星のサイン(生まれ時間がわかる人は、土星が居るハウスもわかるので、より細かく読める!)は、簡単に調べられます。もし、もっと詳しく知りたければ、プロを訪ねて「土星について知りたいんです!」と聞けば教えてもらえますし、もちろんオーダー頂ければ私も読みます。

土星は「定期メンテナンス」のように、ゆっくりと回ってきます。なにせ、360度を一周するのに、28-9年かかるのです。サターンリターン以外にも、90度や180度のときや、自分の太陽をはじめとする個人天体にアスペクトするとき、結構がっつり影響がきます。

「おまえ、サボってないか?しっかり形を整えてるか?社会に出しても恥ずかしくない出来映えか?」って、土星爺さんは何かの課題を投げかけながら、問うてきます。そこで胸を張って「はい!」って言えて、成果を出せたら、必ずなにか良いご褒美をくれるでしょう♪(そういうところは、トランスサタニアンと大きく違うよな~~~…w)


※ このあたりが参考になると思います。

千駄ヶ谷占星術研究所
http://webmagazine.gentosha.co.jp/horoscope/vol69_horoscope/horoscope.html


関連記事
2011/02/23(水)
西洋占星術

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top