FC2ブログ

蠍座の季節(2)

午後7時頃、東の空を見上げたら丸くなりつつある月と、ひときわ明るく輝く木星とがそばに並んで見えました。木星は古代ギリシアでは天空の神ゼウス(ユピテル⇒ジュピター)として、古代中国では「歳星」として、豊かさや高貴さの象徴として崇められました。木星の明るい輝きを見上げながら、古代の人たちのそんな想像力に思いを
馳せてみるのも楽しいと思います☆ (木星観測情報 ⇒★

***

きょうは正真正銘の蠍座LADYの紀平香奈子さん(ぴよてぃにも参加したピラティストレーナー&鍼灸師)と会ってきました~。ハワイと縁の深い彼女へのお誕生日プレゼントはこれだっ!ハワイにちなんだ絵柄で構成されていて、どれもとても美しいです。

ハワイアンスピリチュアルカード・プエオハナ
ハワイアンスピリチュアルカード プエオハナ


彼女と私は、なんといいますか…風呂友。東京近郊のあらゆる温泉にいっしょに行きまくり、3時間くらいはへっちゃらでずーっと湯船に入ってお喋りしています。間違いなく、お互いがお風呂で過ごす最も長い時間を共有する仲になることでしょう(笑)

私は風エレメントに6天体を持っています。(風は理性を象徴)彼女は水エレメントに5天体(太陽も月も水サイン)を持っています。(水は感情を象徴)これだけを普通に考えたら、なかなか簡単には相容れない相性にみえるかもしれません。風の私は「それはなぜ?どうして?筋が通らないよ」とかいうし、水の彼女は「だってそうだから。なんかそう感じるの」とかいう。そのまんまそれぞれの言い分だけを押し通すと、とても難しい。

相性としてもう少し詳しく見てみると、私の木星は彼女の蠍太陽と合。彼女の木星は私の蟹アセンダントと合。つまり、私は彼女の生き方とかプライドとかをなーんかおおらかに受け入れ、彼女は私が無自覚に放射してる印象とかイメージの部分を「なんかいいね。素敵だね」って言ってくれる。なんか知らないけど、確かに実際にそういう関係になってます。(他にもあちこちアスペクトが結びついていますしね~)

私は彼女と長い時間を共有して、いろーーーんな話をたくさんすることで、蠍さんや水優位の方々の考えてることや気持ち、本質的な姿勢をたくさんたくさん学んでます。ホントに感謝しています。逆に、彼女は私から「言葉にして相手に伝える」ってテーマについてなんか感じてるらしいですなー。双子座人だからね。私は。

「ひとつのターゲット(人や物事)に深く深く没入して、変容を遂げる」これが蠍サインの究極のテーマです。蠍座の支配星は古くは火星。新しくは冥王星です。冥王星が象徴するのは「死と再生」と呼ばれる深くて重いテーマです。蠍座や8ハウスがセクシャリティと結びつけて語られるのはここに起因します。「自他の融合と消失」=小さな死と再生ですなー。豊かなセックスってのは本来そういうものですね。

こうしたテーマは、時に「重い」とか「理不尽」だとかも言われます。そう批判したくなる気持ちは、風優位の私にはよく理解できます。でもさ、誰かや何かと理屈じゃない深い深いところでつながりあうこと
の魔力のような魅力も、この世には間違いなくあるとも思うのですよね。

蠍さんたちは、「物事を徹底的に追求する」とか「心を許した相手にだけは深く深く関わる」とか、そういう形でその磁力を存分に活かして頂ければと思います。


関連記事
2011/11/08(火)
西洋占星術

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top